ブログBlog

衝突軽減ブレーキ ~各メーカー何がちがうの?~

2022.6.18  スタッフブログ 

新人カーライフアドバイザー山田です。

今日のブログテーマは”衝突軽減装置””自動ブレーキ””安全装置”など色々な呼称が、更にメーカーごとにも違う名前が付いている自動ブレーキについてです。

各メーカーとも仕組みが違ったり、スペックが違うので少し掘り下げてみようと思います!

 

 

・TOYOTA → Toyota Safety Sense

前方は単眼カメラミリ波レーダーで前方の障害物を検知、後方はレーダーで検知する仕組みです。

特徴は、高い機能性とコストのバランスの良さ。絶妙なバランス感覚で、幅広い車種に搭載しつつ、多機能を実現しています。

トヨタ全体としては、基本的にドライバーの操作を促すという位置づけの先進安全装備です。

あまり自動で運転を支援する、といった印象はないと思います。

ちなみにトヨタの高級車ブランドであるレクサスには、Lexus Safety System +やLexus Safety System +Aというワンランク上の先進安全装備が採用されています。書き出すとキリがないほど機能が多彩です・・・。

最上級車種であるLSには、Lexus Teammateと名付けられた高度運転支援技術を採用。もはやこれは自動運転では・・・?と思える内容の機能です。

 

はい、すみません、自動ブレーキから自動運転へ逸脱しそうでしたが戻ります。

自動運転については次回ブログで書いていきますのでその時に詳しく。

 

 

・HONDA → SENSING

基本的には前方に単眼カメラとセンサー、後方はセンサーで構成されています。

メーカーオプション等でパッケージとしてお選びいただけます。

特徴は、自動運転と呼ぶほどではないものの、積極的に運転操作アシストを行ってくれる点。

車道側へのハンドル操作をアシストして回避操作を支援。 その他、衝突軽減ブレーキ、車線はみ出し抑制、誤発進抑制など、先進安全装備として基本的な多くの機能を搭載。さらに高速道路渋滞時の車間、車線コントロール支援など、さまざまな場面に対応する操作支援も用意されています。

トヨタと比較すると、「結構操作されてる」という印象があるかもしれません。

 

 

・SUBARU → EyeSight

スバルの安全装備はアイサイト(EyeSight)と呼ばれています。レーダーを搭載せず、前方ステレオカメラ、後方センサーで構成されるアイサイトの特徴は、その名の通り人間の目(Eye)と同じ仕組みのステレオカメラによる高い認識機能と制御システムです。

人間の目と同じように立体視ができるため、先行車との距離、道路の形状や車線、不意に飛び出す歩行者などを的確に認識。

 

 

・NISSAN → 360°セーフティアシスト

日産の先進安全装備は、360°セーフティアシストの名のもとに、全方位、さまざまなシチュエーションを想定した全部乗せともいえる装備です。
前方は単眼カメラとレーダー、センサー、後方はセンサーとあらゆる方向に対して高い検知能力を持ち、他社と同等の基本的な機能はもちろん、車線変更時の側方や後方の車両を検知することができます。

そして、日産といえばプロパイロットという運転支援機能。先進安全装備の高い認識機能を活かし、自動運転に近い制御を可能。搭載車両は限られるものの、高速道路でのハンズフリー運転はもちろん、車外からのリモートコントロールでの駐車機能まで用意されています。

これもまたほぼ自動運転では・・・?と思わせる機能です。

 

 

・MAZDA → i-ACTIVSENSE

マツダの先進安全装備は、i-ACTIVSENSE(アイアクティブセンス)です。前方は単眼カメラとレーダー、後方はセンサーというシンプルな構成となっています。
最大の特徴は、全車ほぼ同等の機能が装備されている点

全車同等仕様のため、コスト面で止むを得ない面もありますが、そもそも人間が運転を楽しむというメーカーの基本方針を体現した装備となっているのです。

 

 

・SUZUKI → Safety Support

前方は単眼カメラとレーダー、ステレオカメラのみ、レーダーのみ、後方はセンサーと、いくつかの方式が採用されています。 用意されている機能は、衝突被害軽減ブレーキ、車線逸脱防止ハンドル操作支援、車間距離維持など充実の装備です。

ただし、多くの機能は特定のグレードやオプション扱いとなっていて、全車標準装備ではありません。
全車標準装備の方が分かりやすい面もありますが、価格が安いのも軽自動車やコンパクトカーの魅力。予算と必要性に応じて選択できるのは、軽自動車を作り続けるスズキならではの仕様ともいえます。

 

 

・DAIHATSU → Smart Assist

ダイハツの安全装備は、スマートアシスト、通称スマアシとよばれる装備で、前方はステレオカメラ、後方はソナーという構成です。
衝突回避支援ブレーキ、前後方誤発進抑制、車線逸脱抑制など積極的な運転支援機能も盛り込まれていて、スズキセーフティサポート同様、充実した機能が用意されています。

ただし、車種やグレードによって搭載される機能が異なり、オプション設定となっている場合もあるなど、先進安全装備という視点だと車種選びがやや複雑なのが難点です。 スズキと同じく、軽自動車やコンパクトカーが中心のダイハツらしく、予算と相談しながら選ぶ必要があります。

 

 

メーカーによって色々あります・・・

基本として障害物、人、等ぶつからない仕組みは共通しています。各メーカー良いものを作って安全に走行してもらいたい思いは同じです!

仕組みが違ったり考え方の違いで各メーカー開発設計しているのでこのようになっています。

フォーラムムラタの取り扱い車種ではほとんど装備されているので初心者、ご高齢者も安心です!

取り扱い方法など各スタッフ熟知しておりますのでいつでもご相談ください!お待ちしております。

 

 

届出済未使用車、中古車を総在庫100台

掲載しきれていないお車もございます。お得な特別パックもございますので、まずはお問い合わせください。

新車・未使用車・中古車販売、車検、整備、鈑金、保険、レッカーも全てお任せください。

株式会社フォーラムムラタ

〒945-0811 新潟県柏崎市岩上23-12

TEL  0257-24-3283

E-mail  sf-murata@sf-murata.com