ブログBlog

車の美観と耐久性を守るカーコーティングの重要性|新潟柏崎市最大級の軽未使用車専門店「フォーラムムラタ」

2024.2.17  スタッフブログ 

皆様こんにちは。PR担当の増井です。

自動車の外観は、所有者にとって誇りとなるものです。しかし、日常の使用や気象条件により、車の塗装は傷つきやすくなります。

今の季節だと花粉が多く飛来するようになり、それを手早く洗車しないと塗装がはがれてしまいます

ここで、カーコーティングが登場します。カーコーティングは、車の外観を美しく保ちつつ、耐久性を向上させるための処理です。

そこで今回は、以下の5つのコーティングについて持続時間や価格、その他の特徴など細かく解説していきます。

 

①油脂系コーティング(ワックス)

油脂系コーティングとは、いわゆるワックスのことです。

表面に油膜を形成し、撥水効果や艶出し効果を得ることができます。

比較的、安価かつ手軽に自宅でも施工できるため、多くの方が愛用しています。
ただし、油膜であるため熱に弱く、劣化した油膜とともに汚れが付着するなど、日頃のメンテナンスに手間がかかるといったデメリットもあります。

油脂系コーティング(ワックス)
持続期間約2週間~1か月
(スプレータイプは2週間ほど、固形や半練りタイプは1か月ほど)
価格約1,000円~約4,000円
主なメリット・撥水性があり、車体につやが出る
・安価で扱いやすい
主なデメリット・熱による劣化が起こる
・雨で流れ落ちることで視界が悪くなる恐れがある
・月に一回以上施工をする必要がある。

 

 

②ガラスコーティング

車 ガラスコーティング に対する画像結果

ガラスコーティングとは、二酸化ケイ素が主成分のガラス状被膜で車体を覆うコーティングです。

(ポリシラザンなどのガラス成分内のケイ素と空気中の水分と反応して二酸化ケイ素を形成する。)

カーコーティングの中でもかなりの強度を持ち、紫外線や水による汚れ、小石や壁からの傷などといったあらゆるものからの影響を抑え車体を守ってくれます。

このガラス状被膜は皮膜を重ねる(2層構造や3層構造にする)ことによってさらに強度を増すことができます。

しかし、施工が複雑すぎる点やコーティング剤塗布時に有害な有機溶剤を用いる点などから、かなり高額になるだけでなくプロにお任せしてコーティングしてもらう必要があります。

ガラスコーティング
持続期間1年~5年
(ただし。年に1回メンテナンスする必要がある)
価格約30,000円~約50,000円 (1層の場合)
約50,000円~約90,000円 (2層の場合)
(皮膜を重ねる枚数によって値段が変化する)
主なメリット・持続性が高い
・水垢や汚れの付着防止、塗装面の光沢向上、酸化・色褪せの防止などの効果がある
・撥水性があり車体につやが出る(つや出しはワックスやポリマーより劣る)
主なデメリット・施工価格が高い
・施工手順が複雑(塗装に1日以上の時間が必要)
・塗装ムラがができやすい
・酸性溶剤を使うとコーティングが剥がれる

 

 

③ポリマーコーティング

車 ポリマーコーティング に対する画像結果

ポリマーコーティングは、フッ素・シリコンを含んだポリマー(重合体)を、ボディに塗装するコーティングです。

ワックスに代わるコーティング剤として誕生し、ワックスと同じくらいの値段と扱いやすさでより高い持続力を獲得しました。

しかし、ガラスコーティングほどの持続力や強度はなく、熱や排気ガスに弱いというデメリットも存在します。

ポリマーコーティング
持続期間3か月~半年
(1年程度持続するものも存在する)
価格約4,000円~約6,000円
主なメリット・安価で施工が簡単
・ワックスよりも持続期間が長い
・撥水性があり車体につやが出る
主なデメリット・衝撃や傷を防ぐことができない
・ガラスコーティングよりは持続期間が短い
・熱や排気ガスでコーティングが剥がれる
・劣化が早くこまめなメンテナンスが必要

 

 

④ガラス系コーティング

ガラス系コーティングはガラスコーティング内の二酸化ケイ素に、フッ素やシリコンを混合させたコーティングです。原料の一部にガラス成分が含まれているコーティングであり、分子構造がガラスコーティングのガラスと類似しており、硬い被膜を形成する特徴を持ちます。

ガラスコーティングとポリマーコーティングの中間に位置するコーティングと考えることもできます。

ガラスコーティングと比べて持続力は低く熱、紫外線に弱いですが、その分コストを抑えることができます。

ガラス系コーティング
持続期間約半年~2年
(こまめなメンテナンスが必要)
価格約15,000円~約50,000円
主なメリット・ワックスやポリマーよりも持続期間が長い
・簡易的な汚れはすぐに落ちる
・撥水性があり車体につやが出る
主なデメリット・ガラスコーティングよりは持続期間が短い
・傷はある程度つく
・熱や紫外線で持続力が低下する
・劣化が早くこまめなメンテナンスが必要

 

⑤セラミックコーティング

セラミックコーティングはガラスコーティングの中にセラミック成分(様々な成分を組み合わせて特性を加えたもの)が入り、そのセラミックによって皮膜を形成するコーティングです。

これは酸性、塩基性溶剤などの薬品や傷、紫外線など車を傷つける様々なものに対して効果を発揮するだけでなく、一度コーティングで硬化させたら薬品ではがすことが不可能なほどの硬さを持っています。

そのコーティングの厚さは1層のガラスコーティングの約20倍でその分硬く、持続性があります。

しかし、ガラスコーティングと比べてかなり高価であるため、自分のニーズに合わせて選ぶようにしましょう。

セラミックコーティング
持続期間約5年~7年
価格約15,0000円~約300,000円
主なメリット・持続期間がかなり長い
・傷や汚れ溶剤や紫外線などあらゆるものから車体を守ることができる
・皮膜が厚くツヤや光沢が出る
主なデメリット・かなり高価

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

以上のようにカーコーティングは、車の美観と耐久性を守るために欠かせない処理です。しかし、コーティング方法によってその効果や価格は様々です。

もし、どのコーティングにするか迷ったら、プロの方に相談するのも一つの手です。

フォーラムムラタではその相談からコーティングまでとり行っておりますので、ぜひ一度テントまで足を運んでいただけたらと思います。

それでは素敵なカーライフをお過ごしください。

 

 

届出済未使用車、中古車を総在庫100台

掲載しきれていないお車もございます。お得な特別パックもございますので、まずはお問い合わせください。

新車・未使用車・中古車販売、車検、整備、鈑金、保険、レッカーも全てお任せください。

株式会社フォーラムムラタ

〒945-0811 新潟県柏崎市岩上23-12

TEL  0257-24-3283

E-mail  sf-murata@trattobrain

ドライブレコーダー:あなたのドライブを安全に、そしてスマートに|新潟柏崎市最大級の軽未使用車専門店「フォーラムムラタ」

2024.1.20  スタッフブログ 

ドライブレコーダー  に対する画像結果

皆様こんにちは。PR担当の増井です。

ここ数年で事故やあおり運転の対策としてドライブレコーダーの普及率が格段に上がっています

ドライブレコーダーは、私たちが車を運転する際の安全性を高めるための重要なツールです。それは、道路上で起こるさまざまな事象を記録し、事故やトラブルが発生した際の証拠となります。

また、ドライブレコーダーは、運転の改善点を見つけ出すためのフィードバックツールとしても使用できます。

今回は、そのドライブレコーダーのあれこれについて詳しくお話ししていきます。

 

 

ドライブレコーダーとは何か

 

ドライブレコーダーの基本的な機能

交通事故 に対する画像結果

ドライブレコーダーは、車両が走行中の映像や音声を記録する装置です。その主な機能は以下の通りです。

  1. 事故証拠の提供:ドライブレコーダーは、事故が発生した際の映像を記録します。これにより、事故の原因究明や保険の申請などに役立ちます。例えば、交差点での右折車と直進車の衝突事故が起きた場合、ドライブレコーダーの映像から事故の詳細な状況や当事者の運転操作を確認することができます。
  2. 運転技術の向上:ドライブレコーダーは、運転者の運転技術の向上にも寄与します。運転中の映像を見直すことで、自分の運転習慣を客観的に把握し、改善点を見つけることができます。例えば、自分が無意識に車線をはみ出していたり、一時停止を完全に守れていなかったりすることに気づくことができます。

 

ドライブレコーダーの種類

市場にはさまざまな種類のドライブレコーダーが存在します。それらは主に記録する映像の視野角や解像度、付加機能の有無などによって区分されます。以下に、主なドライブレコーダーの種類をいくつか紹介します。

  1. フロントカメラ型:これは最も一般的なタイプで、車両の前方の映像を記録します。事故の証拠として最も重要な映像を提供します。
  2. 2カメラ型:前方だけでなく、後方の映像も同時に記録します。駐車時の事故や追突事故の証拠として有用です。
  3. 360度カメラ型:車両の全周囲の映像を記録します。これにより、左右方向からの接触事故なども記録することができます。
  4. ネットワーク連携型:映像をクラウドに自動的にアップロードする機能を持つものです。万が一の事故時に映像データを確実に保管できます。

これらの種類を理解することで、自分のニーズに最適なドライブレコーダーを選ぶことができます。

 

ドライブレコーダーの歴史と進化

ドライブレコーダーの歴史は、車両の安全性と技術の進歩とともに歩んできました。初期のドライブレコーダーは、単純な映像記録装置でした。しかし、技術の進歩により、現在のドライブレコーダーは高解像度の映像記録、広角レンズ、自動録画開始、Gセンサー、GPS機能など、多くの高度な機能を備えるようになりました。

また、近年では、AI技術の進歩により、ドライブレコーダーはさらに進化を遂げています。一部の高性能なモデルでは、運転支援機能(ADAS)を搭載し、車線逸脱警告や前方衝突警告など、運転者をサポートする機能を提供しています。

これらの進化により、ドライブレコーダーは単なる記録装置から、運転の安全性を高めるための重要なツールへと変貌を遂げてきました。

 

 

ドライブレコーダーの選び方

 

価格と品質のバランス

ドライブレコーダーを選ぶ際の最初のステップは、価格と品質のバランスを考えることです。市場には様々な価格帯のドライブレコーダーが存在しますが、必ずしも高価なものが最高の品質を持つわけではありません。重要なのは、あなたの予算と必要な機能を考慮に入れ、その中で最適な製品を選ぶことです。

例えば、基本的な映像記録機能だけを求めるなら、低価格帯の製品でも十分な性能を発揮します。しかし、高解像度の映像や広角レンズ、自動録画開始、Gセンサー、GPS機能などの高度な機能を求めるなら、中〜高価格帯の製品を検討する価値があります。

また、製品のレビューや評価をチェックすることも重要です。これにより、製品の実際の性能や信頼性を確認することができます。

 

必要な機能の選択

ドライブレコーダーを選ぶ際には、自分が必要とする機能を明確にすることが重要です。以下に、主要な機能をいくつか紹介します。

  1. 昼夜問わず鮮明な映像:一部のドライブレコーダーは、暗視機能を持っています。これにより、夜間でも鮮明な映像を記録することができます。夜間の運転が多い方や、事故の証拠として鮮明な映像が必要な方には、この機能が重要となります。
  2. 駐車中の事故防止:駐車監視機能があるドライブレコーダーは、車が駐車中に周囲の状況を記録します。これにより、駐車中の事故や車上荒らしを防ぐことができます。
  3. 運転支援機能(ADAS):一部の高性能なドライブレコーダーは、AI技術を活用した運転支援機能を搭載しています。これらの機能は、車線逸脱警告や前方衝突警告など、運転者をサポートします。これにより、運転の安全性が一層向上します。

これらの機能を理解し、自分の運転スタイルやニーズに合った製品を選ぶことが、ドライブレコーダー選びのポイントとなります。

 

信頼できるブランドと製品の選択

ドライブレコーダーを選ぶ際には、信頼できるブランドと製品を選ぶことも重要です。以下に、信頼できるブランドを見つけるための具体的なポイントをいくつか紹介します。

  1. 評判とレビュー:インターネット上のレビューサイトやSNSでユーザーの評価やレビューをチェックしましょう。多くのポジティブなレビューと高い評価を持つ製品は、一般的に信頼できると言えます。
  2. ブランドの歴史と経験:長い歴史と豊富な経験を持つブランドは、品質の高い製品を提供する能力があります。これらのブランドは、技術の進歩とともに製品を進化させ、ユーザーのニーズを満たすことができます。
  3. アフターサービス:製品に問題が発生した場合のサポート体制も、ブランド選びの重要な要素です。保証期間や修理サービス、カスタマーサポートの質などを確認しましょう。例えば、製品の故障時に迅速に対応してくれるブランドや、長期間にわたる保証を提供するブランドは、信頼性が高いと言えます。

これらの点を考慮し、自分のニーズに最適なブランドと製品を選ぶことが、ドライブレコーダー選びのポイントとなります。

 

 

ドライブレコーダーの設置方法

 

適切な位置の選択

ドライブレコーダーを設置する際の最初のステップは、適切な位置の選択です。ドライブレコーダーは、運転中の映像を鮮明に記録するため、前方の視界を広くカバーできる位置に設置することが重要です。一般的には、フロントガラスの中央あたり、またはリアビューミラーの近くが適しています。

しかし、設置位置は車種やドライブレコーダーの種類、個々の運転スタイルによって異なるため、以下の点を考慮すると良いでしょう:

  1. 視界の妨げにならない:ドライブレコーダーは運転者の視界を妨げない位置に設置する必要があります。これは、運転の安全性を確保するための重要なポイントです。
  2. 広範囲をカバー:ドライブレコーダーは前方の広範囲をカバーできる位置に設置することが理想的です。これにより、事故やトラブルが発生した際に詳細な情報を記録することができます。
  3. 配線の取り回し:ドライブレコーダーの電源ケーブルやその他の配線は、運転を妨げないように適切に取り回す必要があります。

 

設置手順の詳細

ドライブレコーダーの設置は、以下の基本的な手順で行います:

  1. 位置の決定:最初に、ドライブレコーダーを設置する位置を決定します。前方の視界を広くカバーでき、かつ運転の視界を妨げない位置が理想的です。
  2. 取り付けブラケットの設置:次に、取り付けブラケットをフロントガラスに固定します。多くの製品では、吸盤や両面テープが用いられます。
  3. ドライブレコーダーの取り付け:ブラケットが固定されたら、ドライブレコーダー本体を取り付けます。本体がしっかりと固定され、振動で動かないことを確認しましょう。
  4. 配線の取り回し:最後に、電源ケーブルやその他の配線を取り回します。配線は、運転を妨げないように、ダッシュボードや天井の隙間を通すと良いでしょう。

以上が基本的な設置手順ですが、製品によっては手順が異なる場合があります。そのため、必ず製品同梱の取扱説明書を確認し、正しい手順で設置を行ってください。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
ドライブレコーダーは、私たちの運転をより安全で、そしてスマートにするための重要なツールです。事故の証拠提供から運転技術の向上、さらにはドライブの記録まで、その活用法は多岐にわたります。

適切な製品を選び、正しく設置し、その機能を最大限に活用することで、ドライブレコーダーは私たちの運転生活を大きくサポートします。これらの情報が、あなたのドライブレコーダー選びに役立つことを願っています。

 

 

届出済未使用車、中古車を総在庫100台

掲載しきれていないお車もございます。お得な特別パックもございますので、まずはお問い合わせください。

新車・未使用車・中古車販売、車検、整備、鈑金、保険、レッカーも全てお任せください。

株式会社フォーラムムラタ

〒945-0811 新潟県柏崎市岩上23-12

TEL  0257-24-3283

E-mail  sf-murata@trattobrain

急発進と急ブレーキ:その影響と安全運転への対策|新潟柏崎市最大級の軽未使用車専門店「フォーラムムラタ」

2024.1.20  スタッフブログ 

皆様こんにちは。PR担当の増井です。

冬場は路面状況が悪くなりがちで、いつも通る道でも路面に足をとられてしまうことが多いと思います。

そのような路面では「急発進」と「急ブレーキ」の危険性が格段に上がってしまいます

冬場でなくても急発進や急ブレーキは避けるべき行為です。これらの行為は、車両や運転者、さらには周囲の人々に対して様々な影響を及ぼす可能性があります。

そこで今回は、急発進と急ブレーキが何であるか、それらがどのような影響を及ぼすのか、そしてそれらを防ぐための安全運転の対策について詳しく解説します。

 

 

急発進とは何か?

 

急発進の定義

急発進防止装置 に対する画像結果

急発進とは、車が一瞬で大きな速度に達することを指します。

エンジンの出力を最大限に利用して短時間で高速に達することで、車は大きな力を発揮します。しかし、この力はコントロールが難しく、予期しない事態を引き起こす可能性があります。

 

急発進が起こる状況

信号機 その1 - 日本のテクスチャ素材画像集 #テクスチャ #フリー素材

急発進は、一般的には信号の変わる瞬間や、前方の車が急に動き出したときなどに起こります。また、運転者が焦っている場合や、運転に自信がありすぎる場合にも急発進は起こりやすいです。

例えば、遅刻しそうな時や、トラフィックの流れについていきたいときなど、運転者が焦りやプレッシャーを感じているときには、無意識のうちにアクセルを強く踏み込んでしまうことがあります。

また、運転技術に自信がある人は、自分の運転技術を過信して急発進を行うことがあります。

 

急発進の危険性

故障した車のイラスト

急発進は、その強い力と突然の動きにより、様々な危険を引き起こす可能性があります。

まず、急発進により車は予期しない方向に進む可能性があり、これにより交通事故を引き起こす可能性があります。

また、急発進は車両の機械的な負荷を増加させ、エンジンやブレーキなどの重要な部品にダメージを与える可能性があります。

さらに、急発進は運転者や乗客に対しても危険です。急激な加速により、乗客は座席から突然前方に投げ出される可能性があります。これは特にシートベルトを着用していない場合に危険です。

 

 

急ブレーキとは何か?

 

急ブレーキの定義

急ブレーキとは、運転者が突然強くブレーキを踏むことを指します。

急ブレーキは、車両を急速に減速させ、場合によっては完全に停止させます。しかし、急ブレーキは車両の制御を難しくし、交通事故を引き起こす可能性があります。

 

急ブレーキが起こる状況

急ブレーキは、通常、予期せぬ障害物が道路上に現れたときや、前方の車が突然停止したときなど、緊急の状況で行われます。

例えば、歩行者が突然道路に飛び出してきた場合や、前方の車が急にスピードを落とした場合などです。また、運転者が疲労している場合や、注意力が散漫になっている場合にも、急ブレーキをかける可能性があります。

これらの状況は、運転者が予期しない事態に対応するために、反射的にブレーキを強く踏むことを引き起こします。

 

急ブレーキの危険性

急ブレーキのイラスト

急ブレーキは、その突然の停止により、様々な危険を引き起こす可能性があります。

まず、急ブレーキにより車は予期しない停止をする可能性があり、これにより交通事故を引き起こす可能性があります。例えば、後続車が予期せぬ停止に対応できずに追突事故を起こすことがあります。

また、急ブレーキは車両の機械的な負荷を増加させ、ブレーキシステムやタイヤなどの重要な部品にダメージを与える可能性があります。

急激な減速により急発進と同様、乗客は座席から突然前方に投げ出される可能性があります。

 

 

急発進と急ブレーキの影響

 

車両への影響

軽自動車(ピンク)のフリーイラスト素材(商用利用可) - CAR VALUE

前述したとおり、急発進と急ブレーキは車両に大きな負荷をかける行為です。

急発進はエンジンとトランスミッションに大きなストレスを与え、その結果、エンジンの故障やトランスミッションの故障を引き起こす可能性があります。

また、急ブレーキはブレーキシステムに大きな負荷をかけ、ブレーキパッドの過度な摩耗やブレーキディスクの損傷を引き起こす可能性があります。

これらの影響は、車両の寿命を短くするだけでなく、修理費用を増加させる可能性があります。

 

運転者への影響

急発進と急ブレーキは、運転者にも大きな影響を及ぼします。

急発進は、運転者が予期しない力を感じることになり、これにより運転者は驚きや恐怖を感じる可能性があります。また、急発進により車両が不安定になると、運転者は車両の制御を失う恐怖を感じる可能性があります。

一方、急ブレーキは、運転者が強い減速力を感じることになります。急ブレーキにより車両が突然停止すると、運転者は衝撃や恐怖を感じる可能性があります。

 

周囲への影響

急発進と急ブレーキは、運転者だけでなく、周囲の人々にも影響を及ぼす可能性があります。

急発進は、周囲の車両や歩行者に対する危険を増加させます。特に歩行者や自転車にとっては、急発進した車両によって転倒や追突の可能性を増大させます。

また、急ブレーキは、後続車に対する危険を増加させます。後続車が急ブレーキに対応できず、追突事故を起こす可能性があります。これらの行為は、交通事故のリスクを増加させ、道路上の全ての人々の安全を脅かす可能性があります。

 

 

安全運転への対策

 

急発進を防ぐための対策

急発進を防ぐための最も効果的な対策は、運転者自身の意識改革です。

運転者は、自分の運転習慣を見直し、アクセルを踏む力をコントロールすることが重要です。

また、運転中は常に冷静さを保つことが求められます。焦りや怒りは急発進を引き起こす大きな要因であるため、これらの感情をコントロールすることが重要です。

さらに、運転技術の向上も急発進を防ぐための重要な対策です。適切な運転技術を身につけることで、運転者は車両の動きをより正確にコントロールでき、急発進を防ぐことができます。

 

急ブレーキを防ぐための対策

急ブレーキを防ぐための対策も、急発進を防ぐための対策と同様に、運転者自身の意識改革が最も効果的です。

運転者は、自分の運転習慣を見直し、ブレーキを踏む力をコントロールすることが重要です。

また、運転中は常に冷静さを保つことが求められます。焦りや怒りは急ブレーキを引き起こす大きな要因であるため、これらの感情をコントロールすることが重要です。

さらに、運転技術の向上も急ブレーキを防ぐための重要な対策です。適切な運転技術を身につけることで、運転者は車両の動きをより正確にコントロールでき、急ブレーキを防ぐことができます。

 

安全運転のための一般的なアドバイス

安全運転を実践するためには、これらを心がけることも重要です。

まず、運転中は常に注意深く、周囲の状況を把握することが必要です。これにより、予期せぬ状況に迅速に対応することができます。

また、適切な距離を保つことも重要です。前方の車との距離を適切に保つことで、急ブレーキをかける必要が減ります。

さらに、定期的な車両のメンテナンスも安全運転には欠かせません。車両の状態を良好に保つことで、急発進や急ブレーキが引き起こす潜在的な問題を未然に防ぐことができます。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

急発進と急ブレーキは、運転者、車両、そして周囲の人々に対して様々な影響を及ぼす可能性があります。

これらの行為は交通事故のリスクを増加させ、車両の機械的な負荷を増加させ、運転者や乗客の安全を脅かす可能性があります。

しかし、これらの問題は適切な運転習慣と意識改革により防ぐことができます。運転者は自分の運転習慣を見直し、焦りや怒りをコントロールし、適切な運転技術を身につけることが重要です。

交通事故を起こさないためにも急発進と急ブレーキを防ぎ、安全な運転を心がけていきましょう。

 

 

届出済未使用車、中古車を総在庫100台

掲載しきれていないお車もございます。お得な特別パックもございますので、まずはお問い合わせください。

新車・未使用車・中古車販売、車検、整備、鈑金、保険、レッカーも全てお任せください。

株式会社フォーラムムラタ

〒945-0811 新潟県柏崎市岩上23-12

TEL  0257-24-3283

E-mail  sf-murata@trattobrain

 

ウォッシャー液の知られざる秘密:選び方から使い方まで|新潟柏崎市最大級の軽未使用車専門店「フォーラムムラタ」

2024.1.20  スタッフブログ 

皆様こんにちは。PR担当の増井です。

冬場になると天候が悪くなる日が続きますが、その雨や雪、道路の汚れなどでフロントガラスが汚れてしまった経験はありませんか?

視界が悪くなると、運転の安全性が著しく低下します。そんな時に頼りになるのがウォッシャー液です。

ウォッシャー液は、フロントガラスを清潔に保ち、ドライバーの視界を確保するための重要なアイテムです。しかし、その重要性にも関わらず、ウォッシャー液の選び方や使い方、その役割について詳しく知らない人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、ウォッシャー液の選び方から使い方までを詳しく解説します。

 

 

ウォッシャー液とは何か

 

ウォッシャー液の基本的な機能

車のワイパーのイラスト

ウォッシャー液は、車のフロントガラスを清潔に保つための液体です。運転中にフロントガラスが汚れると、視界が悪くなり、事故のリスクが高まります。

ウォッシャー液は、そのような汚れを素早く、効果的に除去する役割を果たします。特に、雨や雪、道路の塵や虫などがフロントガラスに付着した場合、ウォッシャー液とワイパーの組み合わせにより、これらの汚れを取り除くことができます。

 

ウォッシャー液の主な成分

いろいろな色の液体が入った試験管のイラスト

ウォッシャー液は、主に以下の3つの成分から成り立っています。

  1. :ウォッシャー液の大部分を占める成分で、他の成分を溶かし込む媒体となります。
  2. 界面活性剤:ウォッシャー液に洗浄力を与える成分です。フロントガラスに付着した汚れを効果的に除去します。洗浄剤の種類や配合量により、ウォッシャー液の洗浄力は異なります。
  3. エタノール:ウォッシャー液が低温環境で凍結するのを防ぐ成分です。エタノールの濃度によってウォッシャー液の耐凍結性能は異なります。特に冬季において重要となり、寒冷地でもウォッシャー液を安心して使用することができます。

 

以上のように、ウォッシャー液の各成分はそれぞれ異なる役割を果たし、全体としてフロントガラスの清潔さと視界の確保に寄与しています。

 

ウォッシャー液の種類と特性

いろいろな季節の看板のイラスト(横型)

市場にはさまざまな種類のウォッシャー液が存在します。それぞれが異なる特性を持ち、使用環境や目的によって選ぶべきウォッシャー液が変わります。

  1. 夏用ウォッシャー液:夏用のウォッシャー液は、虫や花粉、道路の塵などを効果的に除去する能力に優れています。また、強い日差しによるウォッシャー液の蒸発を防ぐ特性もあります。
  2. 冬用ウォッシャー液:冬用のウォッシャー液は、低温環境でも凍結しない特性を持っています。また、雪や氷を溶かす能力もあります。
  3. オールシーズンウォッシャー液:オールシーズンタイプのウォッシャー液は、年間を通じて使用できるように設計されています。夏用と冬用のウォッシャー液の特性を兼ね備えていますが、それぞれの季節に特化したウォッシャー液ほどの性能は期待できません。

 

以上のように、ウォッシャー液の種類と特性を理解することで、自分の車と環境に最適なウォッシャー液を選ぶことができます。

 

 

ウォッシャー液の効果的な使い方

 

ウォッシャー液の適切な使用方法

ウォッシャー液は、フロントガラスの視界を確保するために重要な役割を果たしますが、その効果を最大限に引き出すためには、適切な使用方法が求められます。

  1. 適切なタイミング:ウォッシャー液は、フロントガラスが汚れて視界が悪くなったとき、または汚れが付着する前に使用します。特に、虫や塵、雨や雪などがフロントガラスに付着した場合には、すぐにウォッシャー液を使用して汚れを除去しましょう。
  2. 適量の使用:ウォッシャー液は適量を使用することが重要です。過度な使用はウォッシャー液の無駄遣いにつながり、また不足な使用は汚れを十分に除去できない可能性があります。
  3. 連続使用の注意:ウォッシャー液を連続して使用すると、一時的にフロントガラスが濡れて視界が悪くなる可能性があります。そのため、安全な状況で使用することが重要です。

 

以上のように、ウォッシャー液の適切な使用方法を理解することで、視界の確保と車の安全運転に大きく寄与します。

 

ウォッシャー液の補充方法

ウォッシャー液の効果を最大限に引き出すためには、適切な補充方法も重要です。以下に、ウォッシャー液の補充方法について説明します。

  1. ウォッシャー液タンクの確認:まず、ウォッシャー液タンクの位置と残量を確認します。タンクは通常、エンジンルーム内にあり、透明なプラスチック製で、キャップにはウォッシャー液のシンボルが表示されています。
  2. ウォッシャー液の準備:適切なウォッシャー液を選びます。使用環境に合わせたウォッシャー液を選びましょう。また、ウォッシャー液は濃縮タイプと希釈タイプがありますので、必要に応じて水で希釈することも忘れずに。
  3. ウォッシャー液の補充:キャップを開け、ウォッシャー液をタンク内に注ぎます。このとき、漏斗などを用いるとタンクからこぼれる心配がありません。タンクが満タンになったら、キャップをしっかりと閉めます。

 

以上のように、ウォッシャー液の補充は簡単に行うことができます。しかし、適切な補充方法を守ることで、ウォッシャー液の効果を最大限に引き出し、安全なドライビングをサポートします。

 

ウォッシャー液使用時の注意点

注意のマーク

ウォッシャー液を使用する際には、以下のような注意点を頭に入れておくと良いでしょう。

  1. 補充のタイミング:ウォッシャー液は、タンクが空になる前に補充することが推奨されます。特に長距離ドライブの前や、雨や雪の予報が出ている場合には、事前に補充しておくと良いでしょう。
  2. ウォッシャー液の保存:ウォッシャー液は直射日光を避け、冷暗所に保存することが推奨されます。また、開封後は早めに使用することが望ましいです。

 

以上のように、ウォッシャー液の使用時にはいくつかの注意点があります。これらを理解し、適切にウォッシャー液を使用することで、安全なドライビングをサポートします。

 

 

ウォッシャー液の正しい選び方

 

使用環境に合わせたウォッシャー液の選び方

ウォッシャー液を選ぶ際には、使用環境を考慮することが重要です。以下に、使用環境に応じたウォッシャー液の選び方について説明します。

  1. 気候と季節:前述したとおり、気候や季節によって、ウォッシャー液の選び方は変わります。
  2. 走行環境:市街地での走行と比べて、高速道路や山間部での走行では、より強力な洗浄力が求められます。そのため、走行環境に応じてウォッシャー液を選ぶことが重要です。
  3. 車の種類:車の種類によっても、適切なウォッシャー液は異なります。例えば、大型車やトラックでは、より強力な洗浄力を持つウォッシャー液が必要となる場合があります。

 

以上のように、使用環境に応じてウォッシャー液を選ぶことで、その効果を最大限に引き出すことができます。

 

ウォッシャー液の品質を判断するポイント

また、その品質を判断するためのいくつかのポイントを考慮することが重要です。

  1. 成分表示:ウォッシャー液のパッケージには通常、その成分が表示されています。洗浄成分やアルコールなど、ウォッシャー液の性能に影響を与える成分が含まれているか確認しましょう。
  2. 製造メーカー信頼できるメーカーから製造されたウォッシャー液を選ぶことで、品質を確保することができます。
  3. 使用感:実際にウォッシャー液を使用した感想やレビューも、品質を判断するための重要な情報源です。特に、洗浄力や使い心地、耐久性などは、実際の使用感から得られる情報が有効です。

 

以上のように、ウォッシャー液の品質を判断するためのポイントを理解することで、自分の車と環境に最適なウォッシャー液を選ぶことができます。

 

 

ウォッシャー液が車の安全運転に貢献する理由

 

視界確保の重要性とウォッシャー液の役割

車の運転において、ドライバーの視界を確保することは最も重要な要素の一つです。前述したとおり、視界が悪いと、前方の車や歩行者を見落とすリスクが高まり、事故につながる可能性があります。ここでウォッシャー液の役割が重要になります。

ウォッシャー液は、フロントガラスに付着した汚れを素早く除去し、ドライバーの視界を確保します。特に、雨や雪、道路の塵や虫などがフロントガラスに付着した場合、ウォッシャー液とワイパーの組み合わせにより、これらの汚れを効果的に取り除くことができます。

 

ウォッシャー液が防ぐ可能性のある危険事象

フロントガラス に対する画像結果

ウォッシャー液が車の安全運転に貢献する具体的な理由の一つとして、ウォッシャー液が防ぐ可能性のある危険事象について考えてみましょう。

  1. 視界の障害:フロントガラスに汚れや雨滴、雪などが付着すると、ドライバーの視界が妨げられ、事故につながる可能性があります。ウォッシャー液はこれらの汚れを迅速に除去し、視界を確保します。
  2. ワイパーの損傷:フロントガラスに硬い汚れが付着したままワイパーを動かすと、ワイパーブレードが損傷する可能性があります。ウォッシャー液は硬い汚れを柔らかくし、ワイパーの損傷を防ぎます
  3. 光の乱反射:フロントガラスが汚れていると、太陽光や対向車のヘッドライトが乱反射し、ドライバーが眩惑される可能性があります。ウォッシャー液はフロントガラスを清潔に保ち、光の乱反射を防ぎます

 

以上のように、ウォッシャー液は様々な危険事象を防ぐことで、車の安全運転に大きく貢献します。

 

ウォッシャー液の使用が推奨される具体的な状況

大雪 に対する画像結果

ウォッシャー液の使用が特に推奨される具体的な状況について考えてみましょう。

  1. 雨や雪の天候:雨や雪が降っているとき、フロントガラスに水滴や雪片が付着し、視界が悪くなります。このような状況では、ウォッシャー液とワイパーを使用して視界を確保することが重要です。
  2. 長距離ドライブ:長距離をドライブするとき、道路の塵や虫などがフロントガラスに付着する可能性が高まります。ウォッシャー液を定期的に使用してフロントガラスを清潔に保つことで、安全なドライビングを維持できます。
  3. 夜間の運転夜間は視界が悪くなりやすく、フロントガラスの汚れが視界をさらに妨げる可能性があります。そのため、夜間の運転前にはウォッシャー液を使用してフロントガラスを清潔にすることが推奨されます。

 

以上のように、ウォッシャー液の使用は、さまざまな状況で車の安全運転に貢献します。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ウォッシャー液は、ドライバーの視界を確保し、車の安全運転を支える重要な役割を果たします。

適切なウォッシャー液の選び方と使い方を理解し、それを日々の運転に活かすことで、安全なドライビングを実現することができます。

また、ウォッシャー液の適切な使用は、フロントガラスを清潔に保つことができ、車のメンテナンスにも寄与します。

今回で、ウォッシャー液の重要性とその正しい使い方について理解を深めていただければ幸いです。

 

 

届出済未使用車、中古車を総在庫100台

掲載しきれていないお車もございます。お得な特別パックもございますので、まずはお問い合わせください。

新車・未使用車・中古車販売、車検、整備、鈑金、保険、レッカーも全てお任せください。

株式会社フォーラムムラタ

〒945-0811 新潟県柏崎市岩上23-12

TEL  0257-24-3283

E-mail  sf-murata@trattobrain

 

当社でのダイハツ車在庫の販売について

2023.12.23  スタッフブログ 

2023年12月20日にダイハツ工業株式会社(以下、メーカー)から、生産における不正の報道・記者会見及び発表がございました。

今回、判明した不正に対しては、メーカーにて実車を用いた試験などの技術検証を行い、社内検証ではあるものの、第三者認証機関「TRJ」に安全性や環境性に関する法規で定められた性能要件を満たしていることを確認していると現状伺っております。

また現時点で本件に関係する事故情報は把握しておりませんが、一部、キャストのサイドエアバッグ装着車(メーカーオプション)のみ、側面衝突での法規基準「乗員退避性に関する安全基準(ロック解除)」に適合していない可能性があるとのことですので、慎重にご判断いただくように店頭ではお声がけさせて頂きます。

そのため、ホームページ、チラシなど各媒体への在庫掲載は継続させて頂きますが、もしダイハツ車に関してご不安をお持ちのお客様へは、他メーカーの在庫も含めてご説明・ご提案をさせて頂きますので、「お問合せ」またはご来店時にスタッフまでご質問頂けますと幸いです。

引き続き、情報収集の上で適宜お客様には丁寧に説明をさせて頂きたいと思います。

何卒よろしくお願い申し上げます。

株式会社フォーラムムラタ

雪道の運転で知っておきたい安全対策|新潟柏崎市最大級の軽未使用車専門店「フォーラムムラタ」

2023.12.10  スタッフブログ 

北陸7年目、慣れてきた雪道で29歳の私が少し泣いたワケ。 | 坂本、脱藩中。

皆様こんにちは。PR担当の増井です。

今年の冬は暖冬ですが、大雪が降る日もあるという予報が発表されているそうです。

そのため、今年も雪景色やイルミネーションなど、美しい光景を楽しむことができそうです。

しかし、雪道の運転は、滑りやすさや視界の悪さなど通常の道路とは違った危険が伴います。安全に運転するために事前の準備や注意点を抑えることが必要です。

そこで今回は、雪道の運転に役立つ安全対策を紹介します。雪道の運転に自信がない方や、初めて雪道を運転する方は、ぜひ参考にしてください。

 

 

雪道での運転の基本的なコツ

 

 

スタッドレスタイヤやタイヤチェーンを装着する

雪道では、ノーマルタイヤでは路面との摩擦力が低くなり、滑りやすくなります。そのため、雪道での運転には、スタッドレスタイヤやタイヤチェーンを装着する必要があります。

スタッドレスタイヤやタイヤチェーンは、雪や氷に対して高いグリップ力を発揮し、スリップやスピンを防ぐことができます。

しかし、使用するにあたってメリットとデメリットがあります。以下に比較表を示します。

 

項目スタッドレスタイヤタイヤチェーン
メリット・雪や氷の上でも安定した走行ができる
・装着や交換が簡単
・路面状態に応じて自動的にグリップ力が変化する
・雪が深い場所や急な坂道でも強力なグリップ力が得られる
・必要なときだけ装着できる
・ノーマルタイヤよりも安価
デメリット・ノーマルタイヤよりも高価
・雪のない道路ではグリップ力が低下し、ブレーキングやコーナリングに影響する
・摩耗が早くなる
・装着や外すのに手間がかかる
・速度制限がある
・路面を傷つける可能性がある

スタッドレスタイヤやタイヤチェーンの選択は、自分の走行する地域や頻度に合わせることが大切です。

また、スタッドレスタイヤやタイヤチェーンのサイズや種類も、自分の車に合ったものを選ぶことが重要です。

スタッドレスタイヤやタイヤチェーンの装着には、取扱説明書や専門店の指示に従って行ってください。

 

急な動作を避ける

急ブレーキのイラスト

雪道では、急ブレーキや急発進、ハンドル操作は、スリップやスピンの原因になります。スリップやスピンは、車の制御を失ったり、事故につながったりする危険な状態です。

そのため、急な動作を避けることが安全運転につながります。

急な動作を避けるためには、以下のようなことに注意しましょう。

 

●ゆっくりとしたスピードで走行する。

雪道では、速度が速いほどスリップやスピンのリスクが高まります。ゆっくりとしたスピードで走行することで、あらゆる路面の状況に対応しやすくなります。

●先行車との車間距離を多めにとる。

雪道では、ブレーキング距離が長くなります。車間距離を多めにとることにより、急ブレーキをかける必要がなくなり余裕をもって停止をすることができます。

●発進時や登坂時はアクセルを優しく踏み込む。

雪道では、アクセルを強く踏み込むと、タイヤが空回りしてスリップしやすくなります。アクセルを優しく踏み込むことで、タイヤに適度な力をかけることができます。

●停止時や下り坂時はエンジンブレーキを上手く利用する。

雪道では、ブレーキを強く踏むと、タイヤがロックしてスリップしやすくなります。エンジンブレーキを利用することで、ブレーキの使用を減らすことができます。

 

視界を確保する

雪道では、雪が舞ったり、霧が発生したり、日差しが眩しかったりと、視界が悪くなりやすいです。

視界が悪いと、前方の状況や周囲の車の動きが把握しにくくなり、事故のリスクが高まります。

雪道で視界を確保するためには、以下のようなことに注意しましょう。

 

●車に積もった雪はスクレーパーやブラシで除雪する。

車に積もった雪は、フロントガラスやリアガラス、ヘッドライトやテールライト、ナンバープレートなどに影響を与えます。

車に積もった雪は、スクレーパーやブラシなどの専用の道具を使って、しっかりと除雪しましょう。

●フロントガラスやヘッドライトに付着した霜や氷は解氷スプレーで除去する。

冬の朝や夜は、フロントガラスやヘッドライトに霜や氷が付着することがあります。

霜や氷が付着すると、視界が悪くなったり、照明が弱くなったりします。霜や氷を除去するには、解氷スプレーを使うのが効果的です。

解氷スプレーは、霜や氷を溶かして落とすことができます。解氷スプレーを使うときは、取扱説明書に従って行ってください。

●ワイパーやウォッシャー液の点検や補充をする。

ワイパーやウォッシャー液は、フロントガラスに付着した雪や汚れを除去することで、視界を確保することができます。

ワイパーやウォッシャー液の点検や補充は、定期的に行うことが必要です。

ワイパーは、ゴムの劣化や傷みがないかを確認し、必要に応じて交換しましょう。

ウォッシャー液は、冬用のものに切り替えて、凍結しないようにしましょう。

 

 

雪道での運転の応用的なコツ

 

 

積雪の種類に応じて対処する

雪道での運転では、積雪の種類によってタイヤのグリップ力や車の操作性が変わります。積雪の種類は大きく分けて、以下の3つに分類できます。

  • パウダースノー
  • ウェットスノー
  • アイスバーン

それぞれの特徴や対処法は以下の通りになります

パウダースノーウェットスノーアイスバーン
種類新雪や乾いた雪雨や融雪によって湿った雪雪が凍ってできた氷の層
特徴・摩擦力は強い
(スリップしにくい)
・軽くてふわふわしている
・タイヤが雪に埋まりやすい
・摩擦力は弱い
・重くてドロドロしている
・摩擦力がかなり弱い
(スリップしやすい)
・厚さによっては見えにくい
(次の見出しで説明)
対処法・アクセルやブレーキを踏むとき、ゆっくり均等に力をかける
・タイヤの接地面積を広げる
・アクセルやブレーキを踏むとき、ゆっくり均等に力をかける
・タイヤの溝を深くする
・アクセルやブレーキを踏むとき、ゆっくり均等に力をかける
・タイヤチェーンを装備する

積雪の種類に関係なくアクセルとブレーキをゆっくり行うことがまず大切になりますが、

積雪の種類に応じて対処することが、雪道での運転の応用的なコツの一つです。積雪の状態を観察して、タイヤの空気圧や装着物を調整し、アクセルやブレーキの操作に注意しましょう。

 

凍結した路面に注意する

雪道での運転では、凍結した路面にも注意しなければなりません。凍結した路面とは、気温が氷点下になると、路面に付着した水分が凍ってできる氷の層のことです。

凍結した路面はアイスバーンと同様に滑りやすくて危険ですが、走行中見た目では判断しにくい場合があります。

特に、路面が濡れているように見えるだけで、実は凍っている場合があります。これを「ブラックアイス」と呼びます。

ブラックアイスは、夜間や早朝、日陰や橋の上などで発生しやすいので、注意が必要です。

 

凍結した路面に遭遇した場合は、以下の対処法をおすすめします。

  • タイヤチェーンを装着する
  • アクセルやブレーキを踏むときは、非常に慎重に行う
  • ABS(アンチロックブレーキシステム)を利用する
  • スリップサインが点灯したら、速度を落とす

 

上2つは前述したとおりです。

ABSは、ブレーキを踏んだときにタイヤがロックしないようにするシステムです。ABSを利用すると、ブレーキを踏んでもタイヤが空回りしないので、スリップを防ぐことができます。

また、スリップサインは、車のダッシュボードにある、車がスリップしていることを知らせるランプです。スリップサインが点灯したら、速度を落として安全な走行を心がけましょう。

以上のように、凍結した路面を見分ける方法や対処法を覚えておくと、雪道での運転が安全になります。

 

ホワイトアウトに対処する

雪道での運転では、ホワイトアウトにも対処する必要があります。

ホワイトアウトとは、強風で舞い上がった雪によって視界が真っ白になる現象のことです。

ホワイトアウトは、山岳地帯や平野部などで発生しやすく、運転中に遭遇すると非常に危険です。

 

ホワイトアウトに遭遇した場合は、以下の対処法をおすすめします。

  • フォグランプやハザードランプを点灯する
  • ゆっくり走行する
  • 安全な場所に停車できる場合は、停車して天候の回復を待つ

 

フォグランプやハザードランプを点灯することで、自分の車の位置を他の車に知らせることができます。これは、追突事故や衝突事故を防ぐために重要です。

また、ゆっくり走行することで、視界が悪い中でも車のコントロールを失わないようにすることができます。急なアクセルやブレーキは避けましょう。

安全な場所に停車できる場合は、停車して天候の回復を待つことが最善の対処法です。ホワイトアウトは、数分から数時間で収まることが多いので、無理に走行する必要はありません。

ホワイトアウトは、予測できない現象なので、常に注意深く運転することが大切です。

 

 

雪道でのトラブルに備える

 

 

スタックした場合の対処法

スタックとは、タイヤが雪に埋まったり、はまったりして車が動かなくなることです。

スタックは、雪道での運転で最も多く発生するトラブルの一つです。

 

スタックした場合は、以下の対処法をおすすめします。

●アクセルを踏まずに、ブレーキをかけて車を停止させる

アクセルを踏まずに、ブレーキをかけて車を停止させることで、タイヤが空回りして雪に深く埋まるのを防ぐことができます。

●タイヤの周りの雪を除去する

タイヤの周りの雪を除去することで、タイヤが雪に切り込むのを防ぐことができます。

●タイヤの下に板やマットなどを敷く

タイヤの下に板やマットなどを敷くことで、タイヤのグリップ力を高めることができます。

●アクセルをゆっくり踏んで、前後に揺らす

アクセルをゆっくり踏んで、前後に揺らすことで、タイヤが雪から抜け出すのを助けることができます。

●他の車や人に助けを求める

他の車や人に助けを求めることで、自力で抜け出せない場合にも対処することができます。

 

スタックが起こったとしても慌てずに冷静に対処することが大切です。

 

立ち往生した場合の対処法

立ち往生とは、渋滞や事故などで長時間車内にとどまらざるを得なくなることです。

立ち往生は、雪道での運転で稀に発生するトラブルですが、非常に危険で不快な状況になります。

 

立ち往生した場合は、以下の対処法をおすすめします。

●エンジンをかけたままにせず、定期的に換気する

エンジンをかけたままにせず、定期的に換気することで、車内の酸素や温度を保つことができます。

エンジンをかけたままにすると、燃料の無駄遣いや一酸化炭素中毒の危険性があります。

定期的に換気することで、車内の空気を入れ替えることができます。

●マフラーの排気口が雪でふさがらないように注意する

マフラーの排気口が雪でふさがると、一酸化炭素が車内に逆流する可能性があります。

必ず排気口は確保するようにしましょう。

●救援を呼ぶために携帯電話や非常用ブザーなどを使う

救援を呼ぶために携帯電話や非常用ブザーなどを使うことで、早期に脱出することができます。

携帯電話や非常用ブザーなどは、雪道での運転に必携のアイテムです。

 

以上のように立ち往生は、車内での生活を工夫して、救援が来るのを待つことが大切です。

 

 

結論

いかがでしたでしょうか。雪道の運転で知っておきたい安全対策について紹介しました。

雪道の運転は、普段の運転とは異なる特徴を持っており、走行が非常に難しいです。そのため、事前の準備と注意が必要です。

しかし、雪道での運転は、自分の能力や状況に応じて無理をしないことが最も重要です。

雪道での運転を楽しむためにも、今回紹介した「ゆっくり走行すること」や「車間距離を十分とること」など安全第一で運転するようにしましょう。

本記事で、雪道の運転で知っておきたい安全対策ついて、少しでも参考になれば幸いです。

それでは、雪の日の運転には注意して安全なカーライフを楽しみましょう。

 

 

届出済未使用車、中古車を総在庫100台

掲載しきれていないお車もございます。お得な特別パックもございますので、まずはお問い合わせください。

新車・未使用車・中古車販売、車検、整備、鈑金、保険、レッカーも全てお任せください。

株式会社フォーラムムラタ

〒945-0811 新潟県柏崎市岩上23-12

TEL  0257-24-3283

E-mail  sf-murata@sf-murata.com

年末年始の営業とお得情報|新潟柏崎市最大級の軽未使用車専門店「フォーラムムラタ」

2023.12.10  スタッフブログ 

皆様こんにちは。PR担当の増井です。

12月になり一段と寒くなりましたが皆さんいかがお過ごしでしょうか。

未だ雪がちらつくなんてことはありませんが車の運転には十分気を付けてお過ごしください。

 

今回は年末年始の営業日についてのお知らせです。

 

◆年末年始休み期間◆

 

2023年12月27日~2024年1月3日

 

皆さまにはご迷惑をお掛け致しますが、ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。

また、年末年始は売りつくしセールをやっております。

12月中は多くの目玉車がそろい踏みの歳末売り尽くしセール(12月2日~24日)を実施しております。

ここに載っているものの中でおすすめの車をいくつか紹介していきたいと思います。

 

①スズキ スペーシア

スズキ スペーシア

まずご紹介するのがスズキスペーシアです。

その最大の魅力は広々とした室内空間でしょう。

足元から天井までの全高が高く、長さもあるだけでなく、座席アレンジの柔軟性や多彩な収納スペースも備えています。

日常の買い物だけでなく、大きな荷物を運搬するときも快適に移動することが可能です。

また、長距離の運転でも快適に移動できるパワーやシートも搭載しています。

 

②日産 デイズ

日産 デイズ

続いて日産デイズです。

こちらもスペーシア同様室内空間が広い車で、すべての座席において窮屈さを感じないつくりになっています。

また、自動ブレーキや踏み間違い防止機能などの安全装備やプロパイロット機能など軽自動車としてはかなり珍しいほど充実した装備があるのも魅力の一つです。

 

また、期間中は対象の車を即決でご購入いただくと新品のスタッドレスタイヤとホイールを取り付け費のみでついてくるキャンペーンもございますので、ご検討いただけたらと思います。

 

また、新年(1月4日)からもセールを実施します!

初売りもお得情報が満載ですのでぜひ店頭まで足を運んでいただけたらと思います。

それでは素敵なカーライフをお過ごしください。

 

 

届出済未使用車、中古車を総在庫100台

掲載しきれていないお車もございます。お得な特別パックもございますので、まずはお問い合わせください。

新車・未使用車・中古車販売、車検、整備、鈑金、保険、レッカーも全てお任せください。

株式会社フォーラムムラタ

〒945-0811 新潟県柏崎市岩上23-12

TEL  0257-24-3283

E-mail  sf-murata@sf-murata.com

駐車時の機能|新潟柏崎市最大級の軽未使用車専門店「フォーラムムラタ」

2023.12.9  スタッフブログ 

皆様こんにちは。PR担当の増井です。

前回、前々回と事故を回避するための機能を紹介していきました。

今回はその第3弾として、駐車時の事故を防ぐ機能を紹介していきます。

駐車場では低速で運転するため、そこまで事故の心配はないと思いがちですが車両事故の3割ほどが駐車場で起きています。

その多くが後退時の運転や死角からの飛び出しが原因であり、それを少しでも防止する機能が多く存在します。

車選びの一つとして参考にしてみてください。

※あくまで自社での調査です

衝突軽減装置に頼る運転などは決して行わないようにお願いいたします。

下記性能等は自社での調査になりますので各メーカーでの正式な回答ではありません。

事故、故障等一切の責任を負いかねますのでご了承の上お読み下さい。

 

 

駐車機能の比較

 

今回比較するのは

①踏み間違い抑制機能

前方や後方の障害物を検知し、アクセルとブレーキの踏み間違いなどといった操作ミスによる事故を防ぐ

②駐車を助ける機能

カメラなどで駐車位置を投影、認識しスムーズな駐車をサポートする

③障害物を回避する機能

ソナーやセンサーなどで人やその他障害物の接近を知らせ、衝突を防ぐ

 

この駐車場でよく使う、もしくはあれば便利な機能3つを紹介します。

そして今回はメーカーでまとめて紹介していきます。

 

 

●トヨタ

まずは、トヨタの駐車機能を紹介していきます。

 

①パーキングサポートブレーキ

ソナーならでは!

前方、後方のセンサーと自車速度の検知機能で急発進を防ぐ機能です。

前後約3m以内の障害物を検知し、前後発進時に力強くアクセルを踏んでしまったときに加速を抑制する機能

後退時、5km/h以上が出たときに速度が出すぎないように加速を抑制する機能

駐車場内(約30㎞/h以下)での急加速を抑制する機能

この主に3つの機能を装備しております。

特にポイントなのが超音波センサーで前方、後方の障害物を検知するところ

カメラではなく超音波センサーなのでガラスなどの透明な物質も検知することができます。

この装備で踏み間違いによる事故の60パーセント以上を回避することができる優れものです。

 

②トヨタチームメイト アドバンスドパーク

Remote Parkアプリアイコン

ステアリングや加減速を制御しながら、駐車操作をアシストしてくれる機能です。

駐車したいスペースの近くに停車してアドバンスパークスイッチを押すと、駐車場所を検知し、音声ガイドに従って操作することで駐車を半自動的に行ってくれます。

区画線を検知して駐車をするため、幅が狭い並列駐車や縦列駐車といった難易度が高い駐車も簡単です。

さらに、路面模様をカメラに記憶させておくことで区画線がない家での駐車もしてくれるため普段使いでも利用できます。

専用のアプリを使うとスマートフォンから遠隔で駐車を行うことができ、乗り降りが難しいところでも駐車できる近未来的な機能になっています。

 

パーキングサポートブレーキ

前向き駐車をしようとしてアクセルを踏みすぎた時も、前のソナーが検知!後ろ向き駐車しようとしてブレーキを踏み間違えた時も、後ろのソナーが検知!

先ほど①で出てきた超音波センサーですが前方、後方のセンサーだけでなく側方のコーナーセンサーが前と後ろに装備されています。

これにより進行方向だけでなく車両周辺全体の障害物を検知し人や柱などの障害物の接近を知らせるだけでなく、ぶつかる危険があるときに衝突軽減ブレーキを掛けます。

 

 

●ホンダ

続いて、ホンダの駐車機能を紹介していきます。

 

①踏み間違い衝突軽減システム

システムのはたらき

フロントバンパーに備えられているセンサーで前方の障害物を検知し加速を抑制する機能です。

前方の障害物を検知するとランプとブザーで警告し、その状態からアクセルペダルが強く踏み込まれると加速を抑制します。

また、後退時にはアクセルペダルが強く踏み込まれたり、時速5㎞を超えると同様にして加速を抑制します。

 

②マルチビューカメラシステム

カメラが周りの景色をナビゲーション画面に映し出し、ドライバーの死角を補うことで運転の疲れを和らげる機能です。

車速20km/h以下での走行時にカメラスイッチを押すと、フロントカメラ、サイドカメラ、リアカメラの映像が(切り替えることで)確認できます。

また、このカメラ映像を合成させたグラウンドビューでは自車を上空から見下ろしたような映像を表示させることができ、区画が著しく狭い駐車スペースもグラウンドビューを確認することで比較的簡単に駐車することができます。

 

③パーキングセンサーシステム

[サムネイル]機能説明動画

車両前方と後方に搭載したソナーセンサーが、周辺の障害物を検知し警告する機能です。

3か所ずつフロントセンサーとリヤセンサーが搭載されており、前後方の死角にある障害物を見逃さずにお知らせします。

障害物に近づけば近づくほど警告音が速くなるようになっており、衝突軽減システムと合わせると、障害物による事故を大幅に減らすことができます。

 

 

●スバル

続いて、スバルの駐車機能を紹介していきます。

 

①AT誤発進抑制制御

停車中や徐行中に障害物やアクセルペダルの必要以上の踏み込みをシステムが認識し、車の発進や後退を緩やかにする機能です。

前方のセンサーと前述したアクセルペダルにより制御が働き、この機能が作動するとブザーやディスプレイなどでお知らせします。

また、後退時では後退速度リミッターが備え付けられており、設定した速度(時速20㎞以下)より速くならないようアクセルを制御します。

 

②デジタルマルチビューモニター

アイサイトのしくみ

フロント、サイド、リアに設置されたカメラの映像を表示し、運転席から見えない部分をカメラで補うことで駐車をサポートする機能です。

上空から見た映像や後方の映像だけでなく、ドアミラーでは確認できない横からの映像や上空の映像と合わせて確認可能である斜め上からの映像も合わせてより安全性が高まっています。

幅寄せ駐車や狭い駐車幅において正確で安全な駐車をサポートしてくれます。

 

③SRVD(後側方警戒支援システム)

自動(被害軽減)ブレーキ作動

前方の障害物はAT誤発進抑制制御によって認識しますが、

後方の障害物は車体後部に内蔵されたセンサーによって検知し、衝突の危険があるとシステムが判断した場合ドライバーに注意を喚起します。

特に道路に面している駐車場からバックで道路に合流するような場面において、左右から接近している車両に対してお知らせしてくれるため非常に便利です。

 

 

●日産

続いて、日産の駐車機能を紹介していきます。

 

①、(③)踏み間違い衝突防止アシスト

低速走行時に、進行方向に障害物、車両や歩行者を検知し、被害を軽減する機能です。

万一ブレーキ操作が遅れ障害物と衝突する危険を察知したり、アクセルをブレーキと間違えて踏みこんでしまったときにドライバーにメーター内の表示と警告音で警告します。

また、ドライバーによる回避措置が間に合わないとシステムが判断した場合にはアクセルの制御およびブレーキがかかり衝突を回避します。

ソナーによる超音波によって検知を行うため、ガラスなどの透明な物質も検知することができます。

 

②、(③)インテリジェント アラウンドビューモニター

車両に取り付けられている前後左右のカメラの映像を合成し、自車を上空から見下ろしたような映像をディスプレイに表示する機能です。

ホンダのマルチビューカメラシステムと同様に区画が著しく狭い駐車スペース比較的簡単に駐車することができます。

また、停止時および発進時にカメラが車両周囲の人や車両を検知すると、ディスプレイへの表示と音でドライバーにお知らせします。

この機能により、駐車中にもし人が飛び出してきたとしても、お知らせしてくれるので安心して駐車ができます。

 

③踏み間違い衝突防止アシスト

機能は前述したとおりです

 

 

●スズキ

続いて、スズキの駐車機能を紹介していきます。

 

①誤発進抑制機能/後方後発進抑制機能

停車中や徐行中に前後方の障害物を検知し、エンジン出力を抑制する機能です。

前方はステレオカメラ、レーザーレーダー、超音波センサーで、後方は超音波センサーで3メートル以内の障害物を検知します。

検知後にアクセルペダルを踏んだとしても、ブザーやメーターの点滅でお知らせするとともに、エンジン出力を自動的に最長5秒間抑制してくれるため踏み間違いによるほとんどの事故を防いでくれる機能です。

 

②,③全方位モニター

全方位モニター用カメラ

車に取り付けられているカメラで車両の位置と周りの映像で駐車をサポートする機能です。

クルマを真上から見たような映像助手席側のサイド映像など、視点を切り替えて表示。さまざまなアングルで視界をサポートします。

真上から見たような映像+前方や後方、サイドの映像を同時にディスプレイ上に表示することで、死角上の障害物をより視認することが可能になりました。

駐車時だけでなく見通しの悪い交差点でも死角から飛び出してくる歩行者を視認することができます。

 

 

●ダイハツ

最後にダイハツの駐車機能を紹介していきます。

 

①ペダル踏み間違い時加速抑制装置「つくつく防止」

ペダル踏み間違い時加速抑制装置「つくつく防止」

車の前方と後方のソナーで障害物を検知し、急発進を抑制する機能です。

駐車場などの低速走行時において約3メートル先の壁を認識し、アクセルペダルが強く踏み込まれたときに作動します。

約8秒間エンジンの出力が抑制されてスピードが出ない状態になります。

警告音やインジケーターでお知らせするため、コンビニの駐車場やスーパー店舗前の駐車場に停める際、間違ってアクセルペダルを踏んでしまってもぶつかる前にブレーキを作動させることができます。

 

②スマートパノラマパーキングアシスト

smartAssist

車体の前後左右に搭載されているカメラで駐車スペースを認識し注射をアシストする機能です。

車を駐車したい白線のある枠の横に停車させ、スイッチを押すことによって音声ガイダンスが流れます。その指示に従ってアクセルとブレーキを操作することによって簡単に駐車が完了するシステムです。

狭い駐車場だけでなく縦列駐車にも対応しているため、駐車が苦手な方でも簡単に駐車が可能です。

 

③パノラマモニター、RCTA(リヤクロストラフィックアラート)

前後左右に搭載されたカメラとブザー音で死角からの車両や人への衝突を回避する機能です。

パノラマモニターでは、周囲の映像をナビ上に表示することで運転席からは見えない死角を確認することができるようになります。前方や左右の物陰から接近してくるときでもカメラでとらえることができるので安心です。また駐車場内のすれ違いや幅寄せでも左右のカメラで周りが見えるようになります。

RCTAでは、後方を横切る車両を検知してインジケーターやブザーで接近をお知らせします。駐車場をバックで出るときに、左右の車両で物陰になっているところからの車の接近にも対応し、後退時の恐怖心を払拭します。

 

 

●まとめ

いかがでしたでしょうか。

駐車場は狭い場所を運転することになるため、特に死角に対して意識が向かなくなります。

運転に自信のない方はどうしても焦ってしまいがちなのでこういった駐車時の機能を利用して操作を正確に行うことで事故防止だけでなくストレスフリーの運転ができるでしょう。

しかし、前回も前々回も述べましたが完全に事故を防止してくれるわけではありません。

必ず、自分の目で安全確認を行い、ペダルやハンドル操作を行うようにしましょう。

 

今回出てきた安全機能の搭載車種や取扱方法などフォーラムムラタでご説明、ご相談承っております。いつでもご相談ください!お待ちしております。

 

 

届出済未使用車、中古車を総在庫100台

掲載しきれていないお車もございます。お得な特別パックもございますので、まずはお問い合わせください。

新車・未使用車・中古車販売、車検、整備、鈑金、保険、レッカーも全てお任せください。

株式会社フォーラムムラタ

〒945-0811 新潟県柏崎市岩上23-12

TEL  0257-24-3283

E-mail  sf-murata@sf-murata.com

走行時に役に立つ安全機能|新潟柏崎市最大級の軽未使用車専門店「フォーラムムラタ」

2023.12.9  スタッフブログ 

皆様こんにちは。PR担当の増井です。

前回、衝突軽減ブレーキについて紹介していきました。

とっさに事故を回避するのに必要な装備として今もなお開発、研究が進められております

しかし、衝突軽減ブレーキ以外にも走行中の事故を防ぐ機能が携わっています。

そこで今回は走行中に役立つ安全機能を前回と同じくメーカー別で紹介していきます。

※あくまで自社での調査です

衝突軽減装置に頼る運転などは決して行わないようにお願いいたします。

下記性能等は自社での調査になりますので各メーカーでの正式な回答ではありません。

事故、故障等一切の責任を負いかねますのでご了承の上お読み下さい。

 

 

安全機能の比較

 

今回紹介するものは

車間距離機能

前方のカメラやレーダーなどで先行車を視認し、車間距離を一定に保つ機能

法定速度が速い高速道路や自動車専用道路で使用することが前提

車線逸脱防止機能

カメラやレーダーなどで左右の白線や黄線を視認し、意図的な車線変更以外で車線をまたいだ時に

警告やステアリング操作などで元の車線の中央を走行させるよう働きかける機能

リアビークルモニタリングシステム

後方のレーダーなどで左右の車線と後続車を視認し、

車線変更により衝突の危険性があるときに警告してドライバーへ注意を促す機能

自動切り替え型前照灯

夜間やトンネル、山間部等走行時に前方の車両状況に応じて、

ハイビームとロービーム、ライトオフを自動的に切り替える機能

先行者発進お知らせ機能

前方のカメラなどで、信号待ちや渋滞待ち中に先行車が発進したことをお知らせする機能

標識認識機能

前方のカメラで道路標識を視認し、車のディスプレイに表示することでドライバーへ注意を促す機能

 

 

です。

今回も紹介する衝突軽減ブレーキはカタログが乗っているものを対象にしましたのでご了承ください。

 

 

TOYOTA → Toyota Safety Sense

最初に紹介するのはトヨタのToyota Safety Senseです。

 

Toyota safety sense C(プリクラッシュセーフティ(レーザーレーダー+単眼カメラ方式)

 

車間距離機能

なし

 

車線逸脱防止機能

車速が50km/h以上で作動

メーターまたはマルチインフォメーションディスプレイの表示および、警報ブザーにより注意を促す

 

リアビークルモニタリングシステム

なし

 

自動切り替え型前照灯

車速が30km/h以上で作動

対向車のライトを検知すると自動でロービームに切り替わり、対向車とのすれ違いが完了すると自動でハイビームに切り替わる

 

先行車発進お知らせ機能

先行車が発進した時にディスプレイで表示

先行車との車間が4m以上離れても自車が止まったままであると判断した場合にブザーで警告をする

 

標識認識機能

なし

 

Toyota safety sense P(プリクラッシュセーフティ(ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)

 

車間距離機能

アクセルペダルを踏まなくても先行車の車速変化に合わせた追従走行を行い、自動的に加速や低速を行う

停止は手動

レーダーにより前方100m以内の先行車を視認

車間距離を判定して、適切な車間距離を確保するよう制御する

設定により3段階に車間距離を設定することも可能(車速によって車間距離が変わる)

先行車がいない場合、設定した速度で走行する

 

車線逸脱防止機能

車速が50km/h以上で作動

メーターまたはマルチインフォメーションディスプレイの表示および、警報ブザーにより注意を促す

 

リアビークルモニタリングシステム

車速が16㎞/h以上で作動 

後方カメラで左右レーンのリヤバンパーから前方約1m後方約60mにいる車両を検知し、ドアミラーのインジケーターによって車両の存在を運転者に知らせる

 

自動切り替え型前照灯

車速が30km/h以上で作動

対向車のライトを検知すると自動でロービームに切り替わり、対向車とのすれ違いが完了すると自動でハイビームに切り替わる

 

先行車発進お知らせ機能

なし

 

標識認識機能

なし

 

Toyota safety sense2.0  

 

車間距離機能

アクセルペダルを踏まなくても先行車の車速変化に合わせた追従走行を行い自動的に加速や低速、停止を行う

レーダーにより前方100m以内の先行車を視認

車間距離を判定して、適切な車間距離を確保するよう制御する

設定により3段階に車間距離を設定することも可能(車速によって車間距離が変わる)

先行車がいない場合、設定した速度で走行する

 

車線逸脱防止機能

車線や走路からの逸脱を警告するとともにハンドル操作の一部を支援する

レーダークルーズコントロール作動中は車線維持に必要なハンドル操作を支援する

 

リアビークルモニタリングシステム

車速が16㎞/h以上で作動 

後方カメラで左右レーンのリヤバンパーから前方約1m後方約60mにいる車両を検知し、ドアミラーのインジケーターによって車両の存在を運転者に知らせる

 

自動切り替え型前照灯

ランプスイッチをAUTOにすると作動する

 ハイビームの作動条件 約30km/h以上

 ロービームの作動条件 約25㎞/h以下もしくは車両前方が明るく道路が明るい時

また車速に応じてハイビームの明るさと照らす範囲を調整するとともに

前方車両の周辺を遮光したハイビーム(遮光ハイビーム)を点灯する

 

先行車発進お知らせ機能

自車と先行車が停止したあと、先行車が発進しても自車が停止し続けた場合に作動

どのくらい離れたらお知らせするかは3段階で設定することができる

 

標識認識機能

最高速度はみ出し通行禁止一時停止車両進入禁止標識の終了の道路標識を認識しマルチインフォメーションディスプレイに表示

 

 

HONDA → SENSING

 

続いて紹介するのはホンダのHONDA SENSINGです。

 

●HONDA SENSING

車間距離機能

車速が30㎞/h以上で作動

先行車がフロントワイドビューカメラの検知範囲に入ると、先行車の車速変化に合わせ、設定車速の範囲内で車間距離を保ちながら追従走行

検知範囲は約120m

車間距離は4段階、設定車速は1km/hごとに設定可能

先行車がいない時は設定車速で走行

 

車線逸脱防止機能

約60 km/h~120 km/hの範囲で作動

車線逸脱の可能性を検知すると警告で知らせるとともに回避するように運転を支援する

 

リアビークルモニタリングシステム

なし

 

自動切り替え型前照灯

ライトスイッチをAUTOにすると作動

 ハイビームの作動条件 約30km/h以上で、車両前方が暗く道路が暗い時

 ロービームの作動条件 約24㎞/h以下もしくは車両前方が明るく道路が明るい時

 

先行車発進お知らせ機能

先行車に続いて停車(停止状態での車間距離が約10m以内、かつ自車・先行車がしばらく停止)すると先行車を認識し続け、先行車が約3 m以上進んでも自車が発進しないときに作動

 

標識認識機能

最高速度はみ出し通行禁止一時停止車両進入禁止の道路標識を認識し、メーターに表示

 

SUBARU → EyeSight

 

次に紹介するのはスバルのEyeSightです。

 

●ver2 

 

車間距離機能

0 km/h~100 km/hの範囲で作動

前方約90 m以内の同一車線上の先行車を認識します

同一車線内に先行車がいる場合は、セット車速を上限とした追従走行を行う

先行車の停止に伴い自車も停止した場合は、停止後すぐにゆっくりと自動ブレーキが解除され、クリープ走行を開始する

 

車線逸脱防止機能

自車速が約40 km/h以上のときに車線を逸脱しそうになると注意を促す

車線逸脱警報が作動するとブザー(ピピピッ)が鳴り、マルチインフォメーションディスプレイに割り込み画面を表示する

(一部搭載していない車種あり)

 

リアビークルモニタリングシステム

なし

 

自動切り替え型前照灯

ライティング スイッチをAUTOの位置にすると、周囲の明るさに応じて各ランプが点灯または消灯する

車外が暗くなると、まず車幅灯、尾灯、番号 表示灯が自動的に点灯

さらに暗くなるとヘッドランプが点灯

車外が明るくなると、逆の順に消灯する

 

先行車発進お知らせ機能

先行車に続いて停車(車間距離が約10 m以内、かつ自車がしばらく停車)すると先行車を認識し続け、先行車が発進して約3 m以上進んでも自車が発進しないときに作動

 

標識認識機能

なし

 

●ver3 

 

車間距離機能

0 km/h~120 km/hの範囲で作動

前方約110 m以内の同一車線上の先行車をステレオカメラによって認識

運転者が設定 した車速を上限に、先行車に対して追従走行を行う

 

車線逸脱防止機能

自車速が約40 km/h以上のときに車線を逸脱しそうになると注意を促す

車線逸脱警報が作動するとブザー(ピピピッ)が鳴り、マルチインフォメーションディスプレイに割り込み画面を表示する

 

リアビークルモニタリングシステム

なし

 

自動切り替え型前照灯

ライティング スイッチをAUTOの位置にすると、周囲の明るさに応じて各ランプが点灯または消灯する

車外が暗くなると、まず車幅灯、尾灯、番号 表示灯が自動的に点灯

さらに暗くなるとヘッドランプが点灯

車外が明るくなると、逆の順に消灯する

さらに車速約 30 km/h 以上暗い場所を走行しているとき、前方に車両がいない場合はハイビームが点灯

先行車または対向車がランプを点灯している場合は、その部分を自動的に遮光する。

車速が約15 km/h以下になったとき、または車両前方が明るいときは、ロービームに 切り替え

高速走行時(約 100 km/h 以上のとき)は自動的に光軸を上向きに調整し、より遠くを照らす

 

先行車発進お知らせ機能

先行車に続いて停車(車間距離が約10 m以内、かつ自車がしばらく停車)すると先行車を認識し続け、先行車が発進して約3 m以上進んでも自車が発進しないときに作動

 

標識認識機能

なし

  

●ver4(新世代)

 

車間距離機能

0 km/h~120 km/hの範囲で作動

前方約130 m以内の同一車線上の先行車をステレオカメラによって認識

運転者が設定した車速を上限に、先行車に対して追従走行を行う

 

車線逸脱防止機能

自車速が約40 km/h以上のときに車線を逸脱しそうになると注意を促す

車線逸脱警報が作動するとブザー(ピピピッ)が鳴り、マルチインフォメーションディスプレイに割り込み画面を表示する

 

リアビークルモニタリングシステム

車速約60 km/h以上で走行時、隣接車線の後方車両が接近しているにもかかわらず車両が車線を逸 脱しそうになるとシステムが車線逸脱回避方向にハンドル操作をアシストし、車線からの逸脱を抑制

 

自動切り替え型前照灯

ライティング スイッチをAUTOの位置にすると、周囲の明るさに応じて各ランプが点灯または消灯する

車外が暗くなると、まず車幅灯、尾灯、番号 表示灯が自動的に点灯

さらに暗くなるとヘッドランプが点灯

車外が明るくなると、逆の順に消灯する

さらに車速約 30 km/h 以上暗い場所を走行しているとき、前方に車両がいない場合はハイビームが点灯

先行車または対向車がランプを点灯している場合は、その部分を自動的に遮光する。

車速が約15 km/h以下になったとき、または車両前方が明るいときは、ロービームに 切り替え

高速走行時(約 100 km/h 以上のとき)は自動的に光軸を上向きに調整し、より遠くを照らす

 

先行車発進お知らせ機能

先行車に続いて停車(車間距離が約12 m以内、かつ自車がしばらく停車)すると先行車を認識し続け、先行車が発進して約4m以上進んでも自車が発進しないときに作動

 

標識認識機能

信号を認識し、割り込み画面を表示するとともに加速を緩やかにする

 

NISSAN → 360°セーフティアシスト

 

●NISSAN プロパイロット

 

車間距離機能

先行車を検出しているときは、運転者がセットした車速(約30km/h以上)を上限 に、車速に応じた車間距離を保つように車間制御を行う

 

車線逸脱防止機能

車速約60km/h以上で作動

運転者が意図せず走行車線から逸脱しそうなとき、警報によって注意を促すとともに

車線内に戻す操作を支援する

 

リアビークルモニタリングシステム

時速30㎞/h以上で作動

自車両のドアミラーから後方に約6m、車両の側面から横方向に約3mにいる車両をセンサーで検知し、

隣車線の車両を検知しているときに、検知している側に方向指示器を作動させると、警報音(ブザー)とともにアドバンスドドライブアシストディスプレイのBSW(後側方車両検知警報)表示と、ドアミラー鏡面にある表示灯が点滅する

 

自動切り替え型前照灯

ライトスイッチをAUTOの位置にすると、周囲の明るさに応じて各ランプが点灯または消灯する

周囲が明るいとき停車中、走行中ともにアクセントランプが点灯

周囲が暗いとき停車中、走行中ともにヘッドランプ、車幅灯、尾灯、番号灯が自動点灯

約25km/h以上で走行中、ヘッドランプが点灯しているときにハイビーム切り替えを行い、
約15km/h以下になるとロービーム(下向き)に切り替わります。

  

先行車発進お知らせ機能

自車と先行車が停止したあと、先行車が発進しても自車が停止し続けた場合に、
ブザー音とアドバンスドドライブアシストディスプレイの表示でお知らせする

 

標識認識機能

最高速度一時停止車両進入禁止の道路標識を認識し、メーターに表示

 

SUZUKI → Safety Support

 

●SUZUKI Safety Support

車間距離機能

前方約100 m以内の同一車線上の先行車をステレオカメラによって認識

設定した車間距離を保ちながら自動的に加速・減速、[全車速追従機能付]の場合は停止まで追従

また、先行車がいない場合は、設定した速度(40km/h~)をキープ

 

車線逸脱防止機能

約60km/h以上で走行中、前方の車線を認識

車線逸脱の可能性が高いとシステムが判断したら、ブザー音とメーター内の表示で警報

(ほとんどの車両に搭載)

さらに、車線内側方向へ車両を戻す力をステアリングに与えて、車両を車線の内側に戻すよう支援 

(搭載車量が少ない)

 

リアビークルモニタリングシステム

約15km/h以上で走行中、隣接車線の後方から接近する車両を検知すると、ドアミラーのインジケーターが点灯

点灯した側にウインカーを操作すると、インジケーターの点滅とブザー音で注意を促す

(搭載車量がかなり少ない)

 

自動切り替え型前照灯

エンジンスイッチがONのときに使用でき、車外の明るさに応じてヘッドライトや車幅灯が自動的に点灯・消灯する

 

先行車発進お知らせ機能

停車中、先行車が発進して約4m以上離れた場合作動

 

標識認識機能

なし

 

DAIHATSU → Smart Assist

 

●スマートアシストⅠ

 

車間距離機能

自車速度約30km/h以上で作動

 

車線逸脱防止機能

約60km/h以上で走行中にステレオカメラが車線を検知している場合、道路上の車線から逸脱しそうになると、ドライバーへブザー音とメーター内表示でお知らせするとともに、車線内に戻すようハンドル操作をアシスト

 

リアビークルモニタリングシステム

なし

 

自動切り替え型前照灯

自車速度約30km/h以上で作動

対向車のヘッドランプなど前方の明るさを検知し、ハイビームとロービームを自動で切り替え

 

先行車発進お知らせ機能

前方約10m以内の先行車が約3m以上進んでも自車が止まったままだとシステムが判断した場合に作動

 

標識認識機能

進入禁止、最高速度、一時停止の標識を認識

●スマートアシストⅢ

 

車間距離機能

なし

 

車線逸脱防止機能

約60km/h以上で走行中にステレオカメラが車線を検知している場合、道路上の車線から逸脱しそうになると、ドライバーへ警報し、逸脱回避操作を促す

 

リアビークルモニタリングシステム

なし

 

自動切り替え型前照灯

自車速度約25km/h以上で作動

対向車のヘッドランプなど前方の明るさを検知し、ハイビームとロービームを自動で切り替え

 

先行車発進お知らせ機能

前方約10m以内の先行車が約3m以上進んでも自車が止まったままだとシステムが判断した場合に作動

 

標識認識機能

なし

 

一斉比較

 

Toyota safety sense CToyota safety sense PToyota safety sense2.0
車間距離機能なし100m以内の先行車を視認100m以内の先行車を視認
車線逸脱防止機能50km/h以上で作動50km/h以上で作動速度に関係なく車線を
逸脱すると作動
リアビークル
モニタリング
システム
なし16㎞/h以上で作動 
前方約1m後方約60m
にいる車両を検知
16㎞/h以上で作動 
前方約1m後方約60m
にいる車両を検知
自動切り替え型
前照灯
30km/h以上で作動30km/h以上で作動ハイビームは30km/h以上
ロービームは25km/h以下
で作動
周囲の明るさによっても切り替わる
先行車発進
お知らせ機能
先行車との車間が
4m以上で作動
なし作動距離は設定可能
標識認識機能なしなしあり
HONDA SENSINGSUBARU Eyesight ver2SUBARU Eyesight ver3
車間距離機能120m以内の先行車を視認90m以内の先行車を視認110m以内の先行車を視認
車線逸脱防止機能約60 km/h~120 km/hの範囲で作動約40 km/h以上で作動約40 km/h以上で作動
リアビークル
モニタリング
システム
なしなしなし
自動切り替え型前照灯ハイビームは30km/h以上
ロービームは24km/h以下
かつ周囲の状況によって作動
周囲の明るさによって作動ハイビームは30km/h以上
ロービームは15km/h以下
かつ周囲の状況によって作動
先行車発進お知らせ機能先行車との車間が
3m以上で作動
先行車との車間が
3m以上で作動
先行車との車間が
3m以上で作動
標識認識機能ありなしなし
SUBARU Eyesight ver4(新世代)NISSAN プロパイロット
車間距離機能130 m以内の先行車を視認あり
車線逸脱防止機能約40 km/h以上で作動約60 km/h以上で作動
リアビークル
モニタリング
システム
約60 km/h以上で作動時速30㎞/h以上で作動
後方に約6m、車両の側面から
横方向に約3mにいる車両を検知
自動切り替え型前照灯ハイビームは30km/h以上
ロービームは15km/h以下
かつ周囲の状況によって作動
ハイビームは25km/h以上
ロービームは15km/h以下
かつ周囲の状況によって作動
先行車発進お知らせ機能先行車との車間が
4m以上で作動
あり
標識認識機能あり(信号認識)あり
SUZUKI Safety SupportスマートアシストⅠスマートアシストⅢ
車間距離機能100m以内の先行車を視認約30km/h以上で作動なし
車線逸脱防止機能約60km/h以上(高速道路走行時)に作動約60km/h以上(高速道路走行時)に作動約60km/h以上(高速道路走行時)に作動
リアビークル
モニタリング
システム
約15km/h以上で作動なしなし
自動切り替え型前照灯周囲の明るさによって作動約30km/h以上かつ周囲の明るさによって作動約25km/h以上かつ周囲の明るさによって作動
先行車発進お知らせ機能先行車との車間が
4m以上で作動
先行車との車間が
3m以上で作動
先行車との車間が
3m以上で作動
標識認識機能なしありなし

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

これらの機能は事故原因であるわき見運転漫然運転などを防止するのにかなり役立ちます。

しかし、衝突軽減ブレーキと同じように完全に事故を防いでくれるわけではありませんので注意が必要です。

 

購入したい車がどの安全機能を装備しているのか、取扱方法なども

フォーラムムラタでご説明、ご相談承っております。いつでもご相談ください!お待ちしております。

 

 

届出済未使用車、中古車を総在庫100台

掲載しきれていないお車もございます。お得な特別パックもございますので、まずはお問い合わせください。

新車・未使用車・中古車販売、車検、整備、鈑金、保険、レッカーも全てお任せください。

株式会社フォーラムムラタ

〒945-0811 新潟県柏崎市岩上23-12

TEL  0257-24-3283

E-mail  sf-murata@sf-murata.com

フォーラムムラタの売りつくしセールご案内!!【11/11~26日まで】即決でスタッドレスタイヤ+アルミホイールプレゼント!!

2023.11.11  スタッフブログ 

カーライフアドバイザー山田です。

売り尽くしセール開催のご案内をさせていただきます。

チラシにて掲載させていただきましたがなんとスタッドレスタイヤ+アルミホイール新品をプレゼントです!

新潟の冬には必需品ですのでこれを機会にぜひご検討ください!

世界シェアNo.1のブリジストンのスタッドレスタイヤです!

※チラシとデザインが異なる場合がございます。

当店での取付が条件です。

組み立てバランス調整費¥9,000(税込)別途必要です。

届出済未使用車、中古車を総在庫100台

掲載しきれていないお車もございます。お得な特別パックもございますので、まずはお問い合わせください。

新車・未使用車・中古車販売、車検、整備、鈑金、保険、レッカーも全てお任せください。

株式会社フォーラムムラタ

〒945-0811 新潟県柏崎市岩上23-12

TEL  0257-24-3283

E-mail  sf-murata@sf-murata.com