ブログBlog

2023年

当社でのダイハツ車在庫の販売について

2023.12.23  スタッフブログ 

2023年12月20日にダイハツ工業株式会社(以下、メーカー)から、生産における不正の報道・記者会見及び発表がございました。

今回、判明した不正に対しては、メーカーにて実車を用いた試験などの技術検証を行い、社内検証ではあるものの、第三者認証機関「TRJ」に安全性や環境性に関する法規で定められた性能要件を満たしていることを確認していると現状伺っております。

また現時点で本件に関係する事故情報は把握しておりませんが、一部、キャストのサイドエアバッグ装着車(メーカーオプション)のみ、側面衝突での法規基準「乗員退避性に関する安全基準(ロック解除)」に適合していない可能性があるとのことですので、慎重にご判断いただくように店頭ではお声がけさせて頂きます。

そのため、ホームページ、チラシなど各媒体への在庫掲載は継続させて頂きますが、もしダイハツ車に関してご不安をお持ちのお客様へは、他メーカーの在庫も含めてご説明・ご提案をさせて頂きますので、「お問合せ」またはご来店時にスタッフまでご質問頂けますと幸いです。

引き続き、情報収集の上で適宜お客様には丁寧に説明をさせて頂きたいと思います。

何卒よろしくお願い申し上げます。

株式会社フォーラムムラタ

雪道の運転で知っておきたい安全対策|新潟柏崎市最大級の軽未使用車専門店「フォーラムムラタ」

2023.12.10  スタッフブログ 

北陸7年目、慣れてきた雪道で29歳の私が少し泣いたワケ。 | 坂本、脱藩中。

皆様こんにちは。PR担当の増井です。

今年の冬は暖冬ですが、大雪が降る日もあるという予報が発表されているそうです。

そのため、今年も雪景色やイルミネーションなど、美しい光景を楽しむことができそうです。

 

しかし、雪道の運転は、滑りやすさや視界の悪さなど通常の道路とは違った危険が伴います。

安全に運転するために事前の準備や注意点を抑えることが必要です。

 

そこで今回は、雪道の運転に役立つ安全対策を紹介します。

雪道の運転に自信がない方や、初めて雪道を運転する方は、ぜひ参考にしてください。

 

 

1. 雪道での運転の基本的なコツ

 

 

スタッドレスタイヤやタイヤチェーンを装着する

雪道では、ノーマルタイヤでは路面との摩擦力が低くなり、滑りやすくなります。

そのため、雪道での運転には、スタッドレスタイヤやタイヤチェーンを装着する必要があります。

 

スタッドレスタイヤやタイヤチェーンは、雪や氷に対して高いグリップ力を発揮し、スリップやスピンを防ぐことができます。

しかし、使用するにあたってメリットとデメリットがあります。以下に比較表を示します。

 

項目スタッドレスタイヤタイヤチェーン
メリット・雪や氷の上でも安定した走行ができる
・装着や交換が簡単
・路面状態に応じて自動的にグリップ力が変化する
・雪が深い場所や急な坂道でも強力なグリップ力が得られる
・必要なときだけ装着できる
・ノーマルタイヤよりも安価
デメリット・ノーマルタイヤよりも高価
・雪のない道路ではグリップ力が低下し、ブレーキングやコーナリングに影響する
・摩耗が早くなる
・装着や外すのに手間がかかる
・速度制限がある
・路面を傷つける可能性がある

 

スタッドレスタイヤやタイヤチェーンの選択は、自分の走行する地域や頻度に合わせることが大切です。

また、スタッドレスタイヤやタイヤチェーンのサイズや種類も、自分の車に合ったものを選ぶことが重要です。

スタッドレスタイヤやタイヤチェーンの装着には、取扱説明書や専門店の指示に従って行ってください。

 

急な動作を避ける

急ブレーキのイラスト

雪道では、急ブレーキや急発進、ハンドル操作は、スリップやスピンの原因になります。

スリップやスピンは、車の制御を失ったり、事故につながったりする危険な状態です。

 

そのため、急な動作を避けることが安全運転につながります。

急な動作を避けるためには、以下のようなことに注意しましょう。

 

●ゆっくりとしたスピードで走行する。

雪道では、速度が速いほどスリップやスピンのリスクが高まります。

ゆっくりとしたスピードで走行することで、あらゆる路面の状況に対応しやすくなります。

 

●先行車との車間距離を多めにとる。

雪道では、制動距離が長くなります。

車間距離を多めにとることにより、急ブレーキをかける必要がなくなり余裕をもって停止をすることができます。

 

●発進時や登坂時はアクセルを優しく踏み込む。

雪道では、アクセルを強く踏み込むと、タイヤが空回りしてスリップしやすくなります。

アクセルを優しく踏み込むことで、タイヤに適度な力をかけることができます。

 

●停止時や下り坂時はエンジンブレーキを上手く利用する。

雪道では、ブレーキを強く踏むと、タイヤがロックしてスリップしやすくなります。

エンジンブレーキを利用することで、ブレーキの使用を減らすことができます。

 

視界を確保する

雪道では、雪が舞ったり、霧が発生したり、日差しが眩しかったりと、視界が悪くなりやすいです。

視界が悪いと、前方の状況や周囲の車の動きが把握しにくくなり、事故のリスクが高まります。

雪道で視界を確保するためには、以下のようなことに注意しましょう。

 

●車に積もった雪はスクレーパーやブラシで除雪する。

車に積もった雪は、フロントガラスやリアガラス、ヘッドライトやテールライト、ナンバープレートなどに影響を与えます。

車に積もった雪は、スクレーパーやブラシなどの専用の道具を使って、しっかりと除雪しましょう。

 

●フロントガラスやヘッドライトに付着した霜や氷は解氷スプレーで除去する。

冬の朝や夜は、フロントガラスやヘッドライトに霜や氷が付着することがあります。

霜や氷が付着すると、視界が悪くなったり、照明が弱くなったりします。

霜や氷を除去するには、解氷スプレーを使うのが効果的です。

解氷スプレーは、霜や氷を溶かして落とすことができます。

解氷スプレーを使うときは、取扱説明書に従って行ってください。

 

●ワイパーやウォッシャー液の点検や補充をする。

ワイパーやウォッシャー液は、フロントガラスに付着した雪や汚れを除去することで、視界を確保することができます。

ワイパーやウォッシャー液の点検や補充は、定期的に行うことが必要です。

ワイパーは、ゴムの劣化や傷みがないかを確認し、必要に応じて交換しましょう。

ウォッシャー液は、冬用のものに切り替えて、凍結しないようにしましょう。

 

 

2. 雪道での運転の応用的なコツ

 

 

積雪の種類に応じて対処する

雪道での運転では、積雪の種類によってタイヤのグリップ力や車の操作性が変わります。積雪の種類は大きく分けて、以下の3つに分類できます。

 

・パウダースノー

・ウェットスノー

・アイスバーン

 

それぞれの特徴や対処法は以下の通りになります。

 

パウダースノーウェットスノーアイスバーン
種類新雪や乾いた雪雨や融雪によって湿った雪雪が凍ってできた氷の層
特徴・摩擦力は強い
(スリップしにくい)
・軽くてふわふわしている
・タイヤが雪に埋まりやすい
・摩擦力は弱い
・重くてドロドロしている
・摩擦力がかなり弱い
(スリップしやすい)
・厚さによっては見えにくい
(次の見出しで説明)
対処法・アクセルやブレーキを踏むとき、ゆっくり均等に力をかける
・タイヤの接地面積を広げる
・アクセルやブレーキを踏むとき、ゆっくり均等に力をかける
・タイヤの溝を深くする
・アクセルやブレーキを踏むとき、ゆっくり均等に力をかける
・タイヤチェーンを装備する

 

積雪の種類に関係なくアクセルとブレーキをゆっくり行うことがまず大切になりますが、

積雪の種類に応じて対処することが、雪道での運転の応用的なコツの一つです。

積雪の状態を観察して、タイヤの空気圧や装着物を調整し、アクセルやブレーキの操作に注意しましょう。

 

凍結した路面に注意する

雪道での運転では、凍結した路面にも注意しなければなりません。

凍結した路面とは、気温が氷点下になると、路面に付着した水分が凍ってできる氷の層のことです。

 

凍結した路面はアイスバーンと同様に滑りやすくて危険ですが、走行中見た目では判断しにくい場合があります。

特に、路面が濡れているように見えるだけで、実は凍っている場合があります。これを「ブラックアイス」と呼びます。

ブラックアイスは、夜間や早朝、日陰や橋の上などで発生しやすいので、注意が必要です。

 

凍結した路面に遭遇した場合は、以下の対処法をおすすめします。

 

・タイヤチェーンを装着する

・アクセルやブレーキを踏むときは、非常に慎重に行う

・ABS(アンチロックブレーキシステム)を利用する

・スリップサインが点灯したら、速度を落とす

 

上2つは前述したとおりです。

ABSは、ブレーキを踏んだときにタイヤがロックしないようにするシステムです。

ABSを利用すると、ブレーキを踏んでもタイヤが空回りしないので、スリップを防ぐことができます。

 

また、スリップサインは、車のダッシュボードにある、車がスリップしていることを知らせるランプです。

スリップサインが点灯したら、速度を落として安全な走行を心がけましょう。

以上のように、凍結した路面を見分ける方法や対処法を覚えておくと、雪道での運転が安全になります。

 

ホワイトアウトに対処する

雪道での運転では、ホワイトアウトにも対処する必要があります。

ホワイトアウトとは、強風で舞い上がった雪によって視界が真っ白になる現象のことです。

ホワイトアウトは、山岳地帯や平野部などで発生しやすく、運転中に遭遇すると非常に危険です。

 

ホワイトアウトに遭遇した場合は、以下の対処法をおすすめします。

 

・フォグランプやハザードランプを点灯する

・ゆっくり走行する

・安全な場所に停車できる場合は、停車して天候の回復を待つ

 

フォグランプやハザードランプを点灯することで、自分の車の位置を他の車に知らせることができます。

これは、追突事故や衝突事故を防ぐために重要です。

 

また、ゆっくり走行することで、視界が悪い中でも車のコントロールを失わないようにすることができます。

急なアクセルやブレーキは避けましょう。

 

安全な場所に停車できる場合は、停車して天候の回復を待つことが最善の対処法です。

ホワイトアウトは、数分から数時間で収まることが多いので、無理に走行する必要はありません。

ホワイトアウトは、予測できない現象なので、常に注意深く運転することが大切です。

 

 

3. 雪道でのトラブルに備える

 

 

スタックした場合の対処法

スタックとは、タイヤが雪に埋まったり、はまったりして車が動かなくなることです。

スタックは、雪道での運転で最も多く発生するトラブルの一つです。

 

スタックした場合は、以下の対処法をおすすめします。

 

●アクセルを踏まずに、ブレーキをかけて車を停止させる

アクセルを踏まずに、ブレーキをかけて車を停止させることで、タイヤが空回りして雪に深く埋まるのを防ぐことができます。

 

●タイヤの周りの雪を除去する

タイヤの周りの雪を除去することで、タイヤが雪に切り込むのを防ぐことができます。

 

●タイヤの下に板やマットなどを敷く

タイヤの下に板やマットなどを敷くことで、タイヤのグリップ力を高めることができます。

 

●アクセルをゆっくり踏んで、前後に揺らす

アクセルをゆっくり踏んで、前後に揺らすことで、タイヤが雪から抜け出すのを助けることができます。

 

●他の車や人に助けを求める

他の車や人に助けを求めることで、自力で抜け出せない場合にも対処することができます。

 

スタックが起こったとしても慌てずに冷静に対処することが大切です。

 

立ち往生した場合の対処法

立ち往生とは、渋滞や事故などで長時間車内にとどまらざるを得なくなることです。

立ち往生は、雪道での運転で稀に発生するトラブルですが、非常に危険で不快な状況になります。

 

立ち往生した場合は、以下の対処法をおすすめします。

 

●エンジンをかけたままにせず、定期的に換気する

エンジンをかけたままにせず、定期的に換気することで、車内の酸素や温度を保つことができます。

エンジンをかけたままにすると、燃料の無駄遣いや一酸化炭素中毒の危険性があります。

定期的に換気することで、車内の空気を入れ替えることができます。

 

●マフラーの排気口が雪でふさがらないように注意する

マフラーの排気口が雪でふさがると、一酸化炭素が車内に逆流する可能性があります。

必ず排気口は確保するようにしましょう。

 

●救援を呼ぶために携帯電話や非常用ブザーなどを使う

救援を呼ぶために携帯電話や非常用ブザーなどを使うことで、早期に脱出することができます。

携帯電話や非常用ブザーなどは、雪道での運転に必携のアイテムです。

 

以上のように立ち往生は、車内での生活を工夫して、救援が来るのを待つことが大切です。

 

 

4. まとめ

いかがでしたでしょうか。

雪道の運転で知っておきたい安全対策について紹介しました。

 

雪道の運転は、普段の運転とは異なる特徴を持っており、走行が非常に難しいです。

そのため、事前の準備と注意が必要です。

 

しかし、雪道での運転は、自分の能力や状況に応じて無理をしないことが最も重要です。

雪道での運転を楽しむためにも、今回紹介した「ゆっくり走行すること」や「車間距離を十分とること」など安全第一で運転するようにしましょう。

 

本記事で、雪道の運転で知っておきたい安全対策ついて、少しでも参考になれば幸いです。

それでは、雪の日の運転には注意して安全なカーライフを楽しみましょう。

 

 

届出済未使用車、中古車を総在庫100台

掲載しきれていないお車もございます。お得な特別パックもございますので、まずはお問い合わせください。

新車・未使用車・中古車販売、車検、整備、鈑金、保険、レッカーも全てお任せください。

株式会社フォーラムムラタ

〒945-0811 新潟県柏崎市岩上23-12

TEL  0257-24-3283

E-mail  sf-murata@sf-murata.com

年末年始の営業とお得情報|新潟柏崎市最大級の軽未使用車専門店「フォーラムムラタ」

2023.12.10  スタッフブログ 

皆様こんにちは。PR担当の増井です。

12月になり一段と寒くなりましたが皆さんいかがお過ごしでしょうか。

未だ雪がちらつくなんてことはありませんが車の運転には十分気を付けてお過ごしください。

 

今回は年末年始の営業日についてのお知らせです。

 

◆年末年始休み期間◆

 

2023年12月27日~2024年1月3日

 

皆さまにはご迷惑をお掛け致しますが、ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。

また、年末年始は売りつくしセールをやっております。

12月中は多くの目玉車がそろい踏みの歳末売り尽くしセール(12月2日~24日)を実施しております。

ここに載っているものの中でおすすめの車をいくつか紹介していきたいと思います。

 

①スズキ スペーシア

スズキ スペーシア

まずご紹介するのがスズキスペーシアです。

その最大の魅力は広々とした室内空間でしょう。

足元から天井までの全高が高く、長さもあるだけでなく、座席アレンジの柔軟性や多彩な収納スペースも備えています。

日常の買い物だけでなく、大きな荷物を運搬するときも快適に移動することが可能です。

また、長距離の運転でも快適に移動できるパワーやシートも搭載しています。

 

②日産 デイズ

日産 デイズ

続いて日産デイズです。

こちらもスペーシア同様室内空間が広い車で、すべての座席において窮屈さを感じないつくりになっています。

また、自動ブレーキや踏み間違い防止機能などの安全装備やプロパイロット機能など軽自動車としてはかなり珍しいほど充実した装備があるのも魅力の一つです。

 

また、期間中は対象の車を即決でご購入いただくと新品のスタッドレスタイヤとホイールを取り付け費のみでついてくるキャンペーンもございますので、ご検討いただけたらと思います。

 

また、新年(1月4日)からもセールを実施します!

初売りもお得情報が満載ですのでぜひ店頭まで足を運んでいただけたらと思います。

それでは素敵なカーライフをお過ごしください。

 

 

届出済未使用車、中古車を総在庫100台

掲載しきれていないお車もございます。お得な特別パックもございますので、まずはお問い合わせください。

新車・未使用車・中古車販売、車検、整備、鈑金、保険、レッカーも全てお任せください。

株式会社フォーラムムラタ

〒945-0811 新潟県柏崎市岩上23-12

TEL  0257-24-3283

E-mail  sf-murata@sf-murata.com

駐車時の機能|新潟柏崎市最大級の軽未使用車専門店「フォーラムムラタ」

2023.12.9  スタッフブログ 

皆様こんにちは。PR担当の増井です。

前回、前々回と事故を回避するための機能を紹介していきました。

今回はその第3弾として、駐車時の事故を防ぐ機能を紹介していきます。

 

駐車場では低速で運転するため、そこまで事故の心配はないと思いがちですが車両事故の3割ほどが駐車場で起きています。

その多くが後退時の運転や死角からの飛び出しが原因であり、それを少しでも防止する機能が多く存在します。

車選びの一つとして参考にしてみてください。

 

※あくまで自社での調査です

衝突軽減装置に頼る運転などは決して行わないようにお願いいたします。

下記性能等は自社での調査になりますので各メーカーでの正式な回答ではありません。

事故、故障等一切の責任を負いかねますのでご了承の上お読み下さい。

 

 

駐車機能の比較

 

今回比較するのは

 

①踏み間違い抑制機能

前方や後方の障害物を検知し、アクセルとブレーキの踏み間違いなどといった操作ミスによる事故を防ぐ

②駐車を助ける機能

カメラなどで駐車位置を投影、認識しスムーズな駐車をサポートする

③障害物を回避する機能

ソナーやセンサーなどで人やその他障害物の接近を知らせ、衝突を防ぐ

 

この駐車場でよく使う、もしくはあれば便利な機能3つを紹介します。

そして今回はメーカーでまとめて紹介していきます。

 

 

1. トヨタ

まずは、トヨタの駐車機能を紹介していきます。

 

①パーキングサポートブレーキ

ソナーならでは!

前方、後方のセンサーと自車速度の検知機能で急発進を防ぐ機能です。

前後約3m以内の障害物を検知し、前後発進時に力強くアクセルを踏んでしまったときに加速を抑制する機能

後退時、5km/h以上が出たときに速度が出すぎないように加速を抑制する機能

駐車場内(約30㎞/h以下)での急加速を抑制する機能

この主に3つの機能を装備しております。

 

特にポイントなのが超音波センサーで前方、後方の障害物を検知するところ

カメラではなく超音波センサーなのでガラスなどの透明な物質も検知することができます。

この装備で踏み間違いによる事故の60パーセント以上を回避することができる優れものです。

 

②トヨタチームメイト アドバンスドパーク

Remote Parkアプリアイコン

ステアリングや加減速を制御しながら、駐車操作をアシストしてくれる機能です。

駐車したいスペースの近くに停車してアドバンスパークスイッチを押すと、駐車場所を検知し、音声ガイドに従って操作することで駐車を半自動的に行ってくれます。

区画線を検知して駐車をするため、幅が狭い並列駐車や縦列駐車といった難易度が高い駐車も簡単です。

 

さらに、路面模様をカメラに記憶させておくことで区画線がない家での駐車もしてくれるため普段使いでも利用できます。

専用のアプリを使うとスマートフォンから遠隔で駐車を行うことができ、乗り降りが難しいところでも駐車できる近未来的な機能になっています。

 

パーキングサポートブレーキ

前向き駐車をしようとしてアクセルを踏みすぎた時も、前のソナーが検知!後ろ向き駐車しようとしてブレーキを踏み間違えた時も、後ろのソナーが検知!

先ほど①で出てきた超音波センサーですが前方、後方のセンサーだけでなく側方のコーナーセンサーが前と後ろに装備されています。

これにより進行方向だけでなく車両周辺全体の障害物を検知し人や柱などの障害物の接近を知らせるだけでなく、ぶつかる危険があるときに衝突軽減ブレーキを掛けます。

 

 

2. ホンダ

続いて、ホンダの駐車機能を紹介していきます。

 

①踏み間違い衝突軽減システム

システムのはたらき

フロントバンパーに備えられているセンサーで前方の障害物を検知し加速を抑制する機能です。

前方の障害物を検知するとランプとブザーで警告し、その状態からアクセルペダルが強く踏み込まれると加速を抑制します。

 

また、後退時にはアクセルペダルが強く踏み込まれたり、時速5㎞を超えると同様にして加速を抑制します。

 

②マルチビューカメラシステム

カメラが周りの景色をナビゲーション画面に映し出し、ドライバーの死角を補うことで運転の疲れを和らげる機能です。

車速20km/h以下での走行時にカメラスイッチを押すと、フロントカメラ、サイドカメラ、リアカメラの映像が(切り替えることで)確認できます。

 

また、このカメラ映像を合成させたグラウンドビューでは自車を上空から見下ろしたような映像を表示させることができます。

区画が著しく狭い駐車スペースもグラウンドビューを確認することで比較的簡単に駐車することができます。

 

③パーキングセンサーシステム

[サムネイル]機能説明動画

車両前方と後方に搭載したソナーセンサーが、周辺の障害物を検知し警告する機能です。

3か所ずつフロントセンサーとリヤセンサーが搭載されており、前後方の死角にある障害物を見逃さずにお知らせします。

 

障害物に近づけば近づくほど警告音が速くなるようになっており、衝突軽減システムと合わせると、障害物による事故を大幅に減らすことができます。

 

 

3. スバル

続いて、スバルの駐車機能を紹介していきます。

 

①AT誤発進抑制制御

停車中や徐行中に障害物やアクセルペダルの必要以上の踏み込みをシステムが認識し、車の発進や後退を緩やかにする機能です。

前方のセンサーと前述したアクセルペダルにより制御が働き、この機能が作動するとブザーやディスプレイなどでお知らせします。

 

また、後退時では後退速度リミッターが備え付けられており、設定した速度(時速20㎞以下)より速くならないようアクセルを制御します。

 

②デジタルマルチビューモニター

フロント、サイド、リアに設置されたカメラの映像を表示し、運転席から見えない部分をカメラで補うことで駐車をサポートする機能です。

上空から見た映像や後方の映像だけでなく、ドアミラーでは確認できない横からの映像や上空の映像と合わせて確認可能である斜め上からの映像も合わせてより安全性が高まっています。

幅寄せ駐車や狭い駐車幅において正確で安全な駐車をサポートしてくれます。

 

③SRVD(後側方警戒支援システム)

前方の障害物はAT誤発進抑制制御によって認識しますが、

後方の障害物は車体後部に内蔵されたセンサーによって検知し、衝突の危険があるとシステムが判断した場合ドライバーに注意を喚起します。

特に道路に面している駐車場からバックで道路に合流するような場面において、左右から接近している車両に対してお知らせしてくれるため非常に便利です。

 

 

4. 日産

続いて、日産の駐車機能を紹介していきます。

 

①、(③)踏み間違い衝突防止アシスト

低速走行時に、進行方向に障害物、車両や歩行者を検知し、被害を軽減する機能です。

万一ブレーキ操作が遅れ障害物と衝突する危険を察知したり、アクセルをブレーキと間違えて踏みこんでしまったときにドライバーにメーター内の表示と警告音で警告します。

 

また、ドライバーによる回避措置が間に合わないとシステムが判断した場合にはアクセルの制御およびブレーキがかかり衝突を回避します。

ソナーによる超音波によって検知を行うため、ガラスなどの透明な物質も検知することができます。

 

②、(③)インテリジェント アラウンドビューモニター

車両に取り付けられている前後左右のカメラの映像を合成し、自車を上空から見下ろしたような映像をディスプレイに表示する機能です。

ホンダのマルチビューカメラシステムと同様に区画が著しく狭い駐車スペース比較的簡単に駐車することができます。

 

また、停止時および発進時にカメラが車両周囲の人や車両を検知すると、ディスプレイへの表示と音でドライバーにお知らせします。

この機能により、駐車中にもし人が飛び出してきたとしても、お知らせしてくれるので安心して駐車ができます。

 

③踏み間違い衝突防止アシスト

機能は前述したとおりです

 

 

5. スズキ

続いて、スズキの駐車機能を紹介していきます。

 

①誤発進抑制機能/後方後発進抑制機能

停車中や徐行中に前後方の障害物を検知し、エンジン出力を抑制する機能です。

前方はステレオカメラ、レーザーレーダー、超音波センサーで、後方は超音波センサーで3メートル以内の障害物を検知します。

検知後にアクセルペダルを踏んだとしても、ブザーやメーターの点滅でお知らせするとともに、エンジン出力を自動的に最長5秒間抑制してくれるため踏み間違いによるほとんどの事故を防いでくれる機能です。

 

②,③全方位モニター

全方位モニター用カメラ

車に取り付けられているカメラで車両の位置と周りの映像で駐車をサポートする機能です。

クルマを真上から見たような映像助手席側のサイド映像など、視点を切り替えて表示。さまざまなアングルで視界をサポートします。

 

真上から見たような映像+前方や後方、サイドの映像を同時にディスプレイ上に表示することで、死角上の障害物をより視認することが可能になりました。

駐車時だけでなく見通しの悪い交差点でも死角から飛び出してくる歩行者を視認することができます。

 

 

6. ダイハツ

最後にダイハツの駐車機能を紹介していきます。

 

①ペダル踏み間違い時加速抑制装置「つくつく防止」

車の前方と後方のソナーで障害物を検知し、急発進を抑制する機能です。

駐車場などの低速走行時において約3メートル先の壁を認識し、アクセルペダルが強く踏み込まれたときに作動します。

 

約8秒間エンジンの出力が抑制されてスピードが出ない状態になります。

警告音やインジケーターでお知らせするため、コンビニの駐車場やスーパー店舗前の駐車場に停める際、間違ってアクセルペダルを踏んでしまってもぶつかる前にブレーキを作動させることができます。

 

②スマートパノラマパーキングアシスト

smartAssist

車体の前後左右に搭載されているカメラで駐車スペースを認識し注射をアシストする機能です。

車を駐車したい白線のある枠の横に停車させ、スイッチを押すことによって音声ガイダンスが流れます。その指示に従ってアクセルとブレーキを操作することによって簡単に駐車が完了するシステムです。

狭い駐車場だけでなく縦列駐車にも対応しているため、駐車が苦手な方でも簡単に駐車が可能です。

 

③パノラマモニター、RCTA(リヤクロストラフィックアラート)

前後左右に搭載されたカメラとブザー音で死角からの車両や人への衝突を回避する機能です。

 

パノラマモニターでは、周囲の映像をナビ上に表示することで運転席からは見えない死角を確認することができるようになります。

前方や左右の物陰から接近してくるときでもカメラでとらえることができるので安心です。

駐車場内のすれ違いや幅寄せでも左右のカメラで周りが見えるようになります。

 

RCTAでは、後方を横切る車両を検知してインジケーターやブザーで接近をお知らせします。

駐車場をバックで出るときに、左右の車両で物陰になっているところからの車の接近にも対応し、後退時の恐怖心を払拭します。

 

 

7. まとめ

いかがでしたでしょうか。

駐車場は狭い場所を運転することになるため、特に死角に対して意識が向かなくなります

 

運転に自信のない方はどうしても焦ってしまいがちなのでこういった駐車時の機能を利用して操作を正確に行うことで事故防止だけでなくストレスフリーの運転ができるでしょう。

しかし、前回も前々回も述べましたが完全に事故を防止してくれるわけではありません。

必ず自分の目で安全確認を行い、ペダルやハンドル操作を行うようにしましょう。

 

今回出てきた安全機能の搭載車種や取扱方法などフォーラムムラタでご説明、ご相談承っております。いつでもご相談ください!お待ちしております。

 

 

届出済未使用車、中古車を総在庫100台

掲載しきれていないお車もございます。お得な特別パックもございますので、まずはお問い合わせください。

新車・未使用車・中古車販売、車検、整備、鈑金、保険、レッカーも全てお任せください。

株式会社フォーラムムラタ

〒945-0811 新潟県柏崎市岩上23-12

TEL  0257-24-3283

E-mail  sf-murata@sf-murata.com

走行時に役に立つ安全機能|新潟柏崎市最大級の軽未使用車専門店「フォーラムムラタ」

2023.12.9  スタッフブログ 

皆様こんにちは。PR担当の増井です。

前回、衝突軽減ブレーキについて紹介していきました。

とっさに事故を回避するのに必要な装備として今もなお開発、研究が進められております

 

しかし、衝突軽減ブレーキ以外にも走行中の事故を防ぐ機能が携わっています。

そこで今回は走行中に役立つ安全機能を前回と同じくメーカー別で紹介していきます。

 

※あくまで自社での調査です

衝突軽減装置に頼る運転などは決して行わないようにお願いいたします。

下記性能等は自社での調査になりますので各メーカーでの正式な回答ではありません。

事故、故障等一切の責任を負いかねますのでご了承の上お読み下さい。

 

 

安全機能の比較

 

今回紹介するものは

車間距離機能

前方のカメラやレーダーなどで先行車を視認し、車間距離を一定に保つ機能

法定速度が速い高速道路や自動車専用道路で使用することが前提

 

車線逸脱防止機能

カメラやレーダーなどで左右の白線や黄線を視認し、意図的な車線変更以外で車線をまたいだ時に

警告やステアリング操作などで元の車線の中央を走行させるよう働きかける機能

 

リアビークルモニタリングシステム

後方のレーダーなどで左右の車線と後続車を視認し、

車線変更により衝突の危険性があるときに警告してドライバーへ注意を促す機能

 

自動切り替え型前照灯

夜間やトンネル、山間部等走行時に前方の車両状況に応じて、

ハイビームとロービーム、ライトオフを自動的に切り替える機能

 

先行者発進お知らせ機能

前方のカメラなどで、信号待ちや渋滞待ち中に先行車が発進したことをお知らせする機能

 

標識認識機能

前方のカメラで道路標識を視認し、車のディスプレイに表示することでドライバーへ注意を促す機能

 

 

です。

今回も紹介する衝突軽減ブレーキはカタログが乗っているものを対象にしましたのでご了承ください。

 

 

1. TOYOTA → Toyota Safety Sense

最初に紹介するのはトヨタのToyota Safety Senseです。

 

Toyota safety sense C(プリクラッシュセーフティ(レーザーレーダー+単眼カメラ方式)

 

車間距離機能

なし

 

車線逸脱防止機能

車速が50km/h以上で作動

メーターまたはマルチインフォメーションディスプレイの表示および、警報ブザーにより注意を促す

 

リアビークルモニタリングシステム

なし

 

自動切り替え型前照灯

車速が30km/h以上で作動

対向車のライトを検知すると自動でロービームに切り替わり、対向車とのすれ違いが完了すると自動でハイビームに切り替わる

 

先行車発進お知らせ機能

先行車が発進した時にディスプレイで表示

先行車との車間が4m以上離れても自車が止まったままであると判断した場合にブザーで警告をする

 

標識認識機能

なし

 

Toyota safety sense P(プリクラッシュセーフティ(ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)

 

車間距離機能

アクセルペダルを踏まなくても先行車の車速変化に合わせた追従走行を行い、自動的に加速や低速を行う

停止は手動

レーダーにより前方100m以内の先行車を視認

車間距離を判定して、適切な車間距離を確保するよう制御する

設定により3段階に車間距離を設定することも可能(車速によって車間距離が変わる)

先行車がいない場合、設定した速度で走行する

 

車線逸脱防止機能

車速が50km/h以上で作動

メーターまたはマルチインフォメーションディスプレイの表示および、警報ブザーにより注意を促す

 

リアビークルモニタリングシステム

車速が16㎞/h以上で作動 

後方カメラで左右レーンのリヤバンパーから前方約1m後方約60mにいる車両を検知し、ドアミラーのインジケーターによって車両の存在を運転者に知らせる

 

自動切り替え型前照灯

車速が30km/h以上で作動

対向車のライトを検知すると自動でロービームに切り替わり、対向車とのすれ違いが完了すると自動でハイビームに切り替わる

 

先行車発進お知らせ機能

なし

 

標識認識機能

なし

 

Toyota safety sense2.0  

 

車間距離機能

アクセルペダルを踏まなくても先行車の車速変化に合わせた追従走行を行い自動的に加速や低速、停止を行う

レーダーにより前方100m以内の先行車を視認

車間距離を判定して、適切な車間距離を確保するよう制御する

設定により3段階に車間距離を設定することも可能(車速によって車間距離が変わる)

先行車がいない場合、設定した速度で走行する

 

車線逸脱防止機能

車線や走路からの逸脱を警告するとともにハンドル操作の一部を支援する

レーダークルーズコントロール作動中は車線維持に必要なハンドル操作を支援する

 

リアビークルモニタリングシステム

車速が16㎞/h以上で作動 

後方カメラで左右レーンのリヤバンパーから前方約1m後方約60mにいる車両を検知し、ドアミラーのインジケーターによって車両の存在を運転者に知らせる

 

自動切り替え型前照灯

ランプスイッチをAUTOにすると作動する

 ハイビームの作動条件 約30km/h以上

 ロービームの作動条件 約25㎞/h以下もしくは車両前方が明るく道路が明るい時

また車速に応じてハイビームの明るさと照らす範囲を調整するとともに

前方車両の周辺を遮光したハイビーム(遮光ハイビーム)を点灯する

 

先行車発進お知らせ機能

自車と先行車が停止したあと、先行車が発進しても自車が停止し続けた場合に作動

どのくらい離れたらお知らせするかは3段階で設定することができる

 

標識認識機能

最高速度はみ出し通行禁止一時停止車両進入禁止標識の終了の道路標識を認識しマルチインフォメーションディスプレイに表示

 

 

2. HONDA → SENSING

 

続いて紹介するのはホンダのHONDA SENSINGです。

 

HONDA SENSING

車間距離機能

車速が30㎞/h以上で作動

先行車がフロントワイドビューカメラの検知範囲に入ると、先行車の車速変化に合わせ、設定車速の範囲内で車間距離を保ちながら追従走行

検知範囲は約120m

車間距離は4段階、設定車速は1km/hごとに設定可能

先行車がいない時は設定車速で走行

 

車線逸脱防止機能

約60 km/h~120 km/hの範囲で作動

車線逸脱の可能性を検知すると警告で知らせるとともに回避するように運転を支援する

 

リアビークルモニタリングシステム

なし

 

自動切り替え型前照灯

ライトスイッチをAUTOにすると作動

 ハイビームの作動条件 約30km/h以上で、車両前方が暗く道路が暗い時

 ロービームの作動条件 約24㎞/h以下もしくは車両前方が明るく道路が明るい時

 

先行車発進お知らせ機能

先行車に続いて停車(停止状態での車間距離が約10m以内、かつ自車・先行車がしばらく停止)すると先行車を認識し続け、先行車が約3 m以上進んでも自車が発進しないときに作動

 

標識認識機能

最高速度はみ出し通行禁止一時停止車両進入禁止の道路標識を認識し、メーターに表示

 

3. SUBARU → EyeSight

 

次に紹介するのはスバルのEyeSightです。

 

ver2 

 

車間距離機能

0 km/h~100 km/hの範囲で作動

前方約90 m以内の同一車線上の先行車を認識します

同一車線内に先行車がいる場合は、セット車速を上限とした追従走行を行う

先行車の停止に伴い自車も停止した場合は、停止後すぐにゆっくりと自動ブレーキが解除され、クリープ走行を開始する

 

車線逸脱防止機能

自車速が約40 km/h以上のときに車線を逸脱しそうになると注意を促す

車線逸脱警報が作動するとブザー(ピピピッ)が鳴り、マルチインフォメーションディスプレイに割り込み画面を表示する

(一部搭載していない車種あり)

 

リアビークルモニタリングシステム

なし

 

自動切り替え型前照灯

ライティング スイッチをAUTOの位置にすると、周囲の明るさに応じて各ランプが点灯または消灯する

車外が暗くなると、まず車幅灯、尾灯、番号 表示灯が自動的に点灯

さらに暗くなるとヘッドランプが点灯

車外が明るくなると、逆の順に消灯する

 

先行車発進お知らせ機能

先行車に続いて停車(車間距離が約10 m以内、かつ自車がしばらく停車)すると先行車を認識し続け、先行車が発進して約3 m以上進んでも自車が発進しないときに作動

 

標識認識機能

なし

 

ver3 

 

車間距離機能

0 km/h~120 km/hの範囲で作動

前方約110 m以内の同一車線上の先行車をステレオカメラによって認識

運転者が設定 した車速を上限に、先行車に対して追従走行を行う

 

車線逸脱防止機能

自車速が約40 km/h以上のときに車線を逸脱しそうになると注意を促す

車線逸脱警報が作動するとブザー(ピピピッ)が鳴り、マルチインフォメーションディスプレイに割り込み画面を表示する

 

リアビークルモニタリングシステム

なし

 

自動切り替え型前照灯

ライティング スイッチをAUTOの位置にすると、周囲の明るさに応じて各ランプが点灯または消灯する

車外が暗くなると、まず車幅灯、尾灯、番号 表示灯が自動的に点灯

さらに暗くなるとヘッドランプが点灯

車外が明るくなると、逆の順に消灯する

さらに車速約 30 km/h 以上暗い場所を走行しているとき、前方に車両がいない場合はハイビームが点灯

先行車または対向車がランプを点灯している場合は、その部分を自動的に遮光する。

車速が約15 km/h以下になったとき、または車両前方が明るいときは、ロービームに 切り替え

高速走行時(約 100 km/h 以上のとき)は自動的に光軸を上向きに調整し、より遠くを照らす

 

先行車発進お知らせ機能

先行車に続いて停車(車間距離が約10 m以内、かつ自車がしばらく停車)すると先行車を認識し続け、先行車が発進して約3 m以上進んでも自車が発進しないときに作動

 

標識認識機能

なし

  

ver4(新世代)

 

車間距離機能

0 km/h~120 km/hの範囲で作動

前方約130 m以内の同一車線上の先行車をステレオカメラによって認識

運転者が設定した車速を上限に、先行車に対して追従走行を行う

 

車線逸脱防止機能

自車速が約40 km/h以上のときに車線を逸脱しそうになると注意を促す

車線逸脱警報が作動するとブザー(ピピピッ)が鳴り、マルチインフォメーションディスプレイに割り込み画面を表示する

 

リアビークルモニタリングシステム

車速約60 km/h以上で走行時、隣接車線の後方車両が接近しているにもかかわらず車両が車線を逸 脱しそうになるとシステムが車線逸脱回避方向にハンドル操作をアシストし、車線からの逸脱を抑制

 

自動切り替え型前照灯

ライティング スイッチをAUTOの位置にすると、周囲の明るさに応じて各ランプが点灯または消灯する

車外が暗くなると、まず車幅灯、尾灯、番号 表示灯が自動的に点灯

さらに暗くなるとヘッドランプが点灯

車外が明るくなると、逆の順に消灯する

さらに車速約 30 km/h 以上暗い場所を走行しているとき、前方に車両がいない場合はハイビームが点灯

先行車または対向車がランプを点灯している場合は、その部分を自動的に遮光する。

車速が約15 km/h以下になったとき、または車両前方が明るいときは、ロービームに 切り替え

高速走行時(約 100 km/h 以上のとき)は自動的に光軸を上向きに調整し、より遠くを照らす

 

先行車発進お知らせ機能

先行車に続いて停車(車間距離が約12 m以内、かつ自車がしばらく停車)すると先行車を認識し続け、先行車が発進して約4m以上進んでも自車が発進しないときに作動

 

標識認識機能

信号を認識し、割り込み画面を表示するとともに加速を緩やかにする

 

4. NISSAN → 360°セーフティアシスト

 

NISSAN プロパイロット

 

車間距離機能

先行車を検出しているときは、運転者がセットした車速(約30km/h以上)を上限 に、車速に応じた車間距離を保つように車間制御を行う

 

車線逸脱防止機能

車速約60km/h以上で作動

運転者が意図せず走行車線から逸脱しそうなとき、警報によって注意を促すとともに

車線内に戻す操作を支援する

 

リアビークルモニタリングシステム

時速30㎞/h以上で作動

自車両のドアミラーから後方に約6m、車両の側面から横方向に約3mにいる車両をセンサーで検知し、

隣車線の車両を検知しているときに、検知している側に方向指示器を作動させると、警報音(ブザー)とともにアドバンスドドライブアシストディスプレイのBSW(後側方車両検知警報)表示と、ドアミラー鏡面にある表示灯が点滅する

 

自動切り替え型前照灯

ライトスイッチをAUTOの位置にすると、周囲の明るさに応じて各ランプが点灯または消灯する

周囲が明るいとき停車中、走行中ともにアクセントランプが点灯

周囲が暗いとき停車中、走行中ともにヘッドランプ、車幅灯、尾灯、番号灯が自動点灯

約25km/h以上で走行中、ヘッドランプが点灯しているときにハイビーム切り替えを行い、
約15km/h以下になるとロービーム(下向き)に切り替わります。

  

先行車発進お知らせ機能

自車と先行車が停止したあと、先行車が発進しても自車が停止し続けた場合に、
ブザー音とアドバンスドドライブアシストディスプレイの表示でお知らせする

 

標識認識機能

最高速度一時停止車両進入禁止の道路標識を認識し、メーターに表示

 

5. SUZUKI → Safety Support

 

SUZUKI Safety Support

車間距離機能

前方約100 m以内の同一車線上の先行車をステレオカメラによって認識

設定した車間距離を保ちながら自動的に加速・減速、[全車速追従機能付]の場合は停止まで追従

また、先行車がいない場合は、設定した速度(40km/h~)をキープ

 

車線逸脱防止機能

約60km/h以上で走行中、前方の車線を認識

車線逸脱の可能性が高いとシステムが判断したら、ブザー音とメーター内の表示で警報

(ほとんどの車両に搭載)

さらに、車線内側方向へ車両を戻す力をステアリングに与えて、車両を車線の内側に戻すよう支援 

(搭載車量が少ない)

 

リアビークルモニタリングシステム

約15km/h以上で走行中、隣接車線の後方から接近する車両を検知すると、ドアミラーのインジケーターが点灯

点灯した側にウインカーを操作すると、インジケーターの点滅とブザー音で注意を促す

(搭載車量がかなり少ない)

 

自動切り替え型前照灯

エンジンスイッチがONのときに使用でき、車外の明るさに応じてヘッドライトや車幅灯が自動的に点灯・消灯する

 

先行車発進お知らせ機能

停車中、先行車が発進して約4m以上離れた場合作動

 

標識認識機能

なし

 

6. DAIHATSU → Smart Assist

 

スマートアシストⅠ

 

車間距離機能

自車速度約30km/h以上で作動

 

車線逸脱防止機能

約60km/h以上で走行中にステレオカメラが車線を検知している場合、道路上の車線から逸脱しそうになると、ドライバーへブザー音とメーター内表示でお知らせするとともに、車線内に戻すようハンドル操作をアシスト

 

リアビークルモニタリングシステム

なし

 

自動切り替え型前照灯

自車速度約30km/h以上で作動

対向車のヘッドランプなど前方の明るさを検知し、ハイビームとロービームを自動で切り替え

 

先行車発進お知らせ機能

前方約10m以内の先行車が約3m以上進んでも自車が止まったままだとシステムが判断した場合に作動

 

標識認識機能

進入禁止、最高速度、一時停止の標識を認識

スマートアシストⅢ

 

車間距離機能

なし

 

車線逸脱防止機能

約60km/h以上で走行中にステレオカメラが車線を検知している場合、道路上の車線から逸脱しそうになると、ドライバーへ警報し、逸脱回避操作を促す

 

リアビークルモニタリングシステム

なし

 

自動切り替え型前照灯

自車速度約25km/h以上で作動

対向車のヘッドランプなど前方の明るさを検知し、ハイビームとロービームを自動で切り替え

 

先行車発進お知らせ機能

前方約10m以内の先行車が約3m以上進んでも自車が止まったままだとシステムが判断した場合に作動

 

標識認識機能

なし

 

一斉比較

 

Toyota safety sense CToyota safety sense PToyota safety sense2.0
車間距離機能なし100m以内の先行車を視認100m以内の先行車を視認
車線逸脱防止機能50km/h以上で作動50km/h以上で作動速度に関係なく車線を
逸脱すると作動
リアビークル
モニタリング
システム
なし16㎞/h以上で作動 
前方約1m後方約60m
にいる車両を検知
16㎞/h以上で作動 
前方約1m後方約60m
にいる車両を検知
自動切り替え型
前照灯
30km/h以上で作動30km/h以上で作動ハイビームは30km/h以上
ロービームは25km/h以下
で作動
周囲の明るさによっても切り替わる
先行車発進
お知らせ機能
先行車との車間が
4m以上で作動
なし作動距離は設定可能
標識認識機能なしなしあり
HONDA SENSINGSUBARU Eyesight ver2SUBARU Eyesight ver3
車間距離機能120m以内の先行車を視認90m以内の先行車を視認110m以内の先行車を視認
車線逸脱防止機能約60 km/h~120 km/hの範囲で作動約40 km/h以上で作動約40 km/h以上で作動
リアビークル
モニタリング
システム
なしなしなし
自動切り替え型前照灯ハイビームは30km/h以上
ロービームは24km/h以下
かつ周囲の状況によって作動
周囲の明るさによって作動ハイビームは30km/h以上
ロービームは15km/h以下
かつ周囲の状況によって作動
先行車発進お知らせ機能先行車との車間が
3m以上で作動
先行車との車間が
3m以上で作動
先行車との車間が
3m以上で作動
標識認識機能ありなしなし
SUBARU Eyesight ver4(新世代)NISSAN プロパイロット
車間距離機能130 m以内の先行車を視認あり
車線逸脱防止機能約40 km/h以上で作動約60 km/h以上で作動
リアビークル
モニタリング
システム
約60 km/h以上で作動時速30㎞/h以上で作動
後方に約6m、車両の側面から
横方向に約3mにいる車両を検知
自動切り替え型前照灯ハイビームは30km/h以上
ロービームは15km/h以下
かつ周囲の状況によって作動
ハイビームは25km/h以上
ロービームは15km/h以下
かつ周囲の状況によって作動
先行車発進お知らせ機能先行車との車間が
4m以上で作動
あり
標識認識機能あり(信号認識)あり
SUZUKI Safety SupportスマートアシストⅠスマートアシストⅢ
車間距離機能100m以内の先行車を視認約30km/h以上で作動なし
車線逸脱防止機能約60km/h以上(高速道路走行時)に作動約60km/h以上(高速道路走行時)に作動約60km/h以上(高速道路走行時)に作動
リアビークル
モニタリング
システム
約15km/h以上で作動なしなし
自動切り替え型前照灯周囲の明るさによって作動約30km/h以上かつ周囲の明るさによって作動約25km/h以上かつ周囲の明るさによって作動
先行車発進お知らせ機能先行車との車間が
4m以上で作動
先行車との車間が
3m以上で作動
先行車との車間が
3m以上で作動
標識認識機能なしありなし

 

7. まとめ

いかがでしたでしょうか。

これらの機能は事故原因であるわき見運転漫然運転などを防止するのにかなり役立ちます。

しかし、衝突軽減ブレーキと同じように完全に事故を防いでくれるわけではありませんので注意が必要です。

 

購入したい車がどの安全機能を装備しているのか、取扱方法なども

フォーラムムラタでご説明、ご相談承っております。いつでもご相談ください!お待ちしております。

 

 

届出済未使用車、中古車を総在庫100台

掲載しきれていないお車もございます。お得な特別パックもございますので、まずはお問い合わせください。

新車・未使用車・中古車販売、車検、整備、鈑金、保険、レッカーも全てお任せください。

株式会社フォーラムムラタ

〒945-0811 新潟県柏崎市岩上23-12

TEL  0257-24-3283

E-mail  sf-murata@sf-murata.com

フォーラムムラタの売りつくしセールご案内!!【11/11~26日まで】即決でスタッドレスタイヤ+アルミホイールプレゼント!!

2023.11.11  スタッフブログ 

カーライフアドバイザー山田です。

売り尽くしセール開催のご案内をさせていただきます。

チラシにて掲載させていただきましたがなんとスタッドレスタイヤ+アルミホイール新品をプレゼントです!

新潟の冬には必需品ですのでこれを機会にぜひご検討ください!

世界シェアNo.1のブリジストンのスタッドレスタイヤです!

※チラシとデザインが異なる場合がございます。

当店での取付が条件です。

組み立てバランス調整費¥9,000(税込)別途必要です。

届出済未使用車、中古車を総在庫100台

掲載しきれていないお車もございます。お得な特別パックもございますので、まずはお問い合わせください。

新車・未使用車・中古車販売、車検、整備、鈑金、保険、レッカーも全てお任せください。

株式会社フォーラムムラタ

〒945-0811 新潟県柏崎市岩上23-12

TEL  0257-24-3283

E-mail  sf-murata@sf-murata.com

【NEW!!】~~未使用車入荷情報~~

2023.11.8  スタッフブログ 

新入荷お車情報をタイムリーにこちらのページでご案内しております。

納期のかかるアノ新車やすぐに乗りたい方!チェックしてみてください!

※詳しい装備や気になる点がありましたら店頭スタッフまでお問合せ下さい。

・11/8 入荷 三菱:デリカミニ  

 ・11/8 ダイハツ タント

・11/8 ダイハツ タフト

・11/8 スズキ スペーシア

・11/8 ダイハツ タントカスタム

店頭にて展示済です!

車内の見学や気になるあれこれ!スタッフにご質問下さい!

届出済未使用車、中古車を総在庫100台

掲載しきれていないお車もございます。お得な特別パックもございますので、まずはお問い合わせください。

新車・未使用車・中古車販売、車検、整備、鈑金、保険、レッカーも全てお任せください。

株式会社フォーラムムラタ

〒945-0811 新潟県柏崎市岩上23-12

TEL  0257-24-3283

E-mail  sf-murata@sf-murata.com

衝突軽減ブレーキ|新潟柏崎市最大級の軽未使用車専門店「フォーラムムラタ」

2023.10.10  スタッフブログ 

皆様こんにちは。PR担当の増井です。

夏も終わり、日が暮れるのも早い季節となりました。

そういった中で気を付けていきたいのが帰宅ラッシュ時の事故です。

10月以降は交通事故の発生件数が右肩上がりになるため気を付けたいところです。

 

そこで頼みの綱の一つになるのが事故の原因の一つである歩行者の急な飛び出しや先行車の急ブレーキなどとっさの時に効果を発揮する衝突軽減ブレーキです。

 

2021年から国内の新型車に衝突軽減ブレーキの搭載義務化がなされましたが、どのくらい私たちを事故から守ってくれるのかを詳しくご存じな方は少ないのではないかと思います。

また、メーカー別で衝突ブレーキの名称や性能が異なっており、どのような違いがあるのかよくわからないという方が多数派であると思います。

 

そこで今回はメーカー別の衝突軽減ブレーキの性能を紹介していきます。

車選びの参考材料の一つになればと思います。

 

 ※あくまで自社での調査です

衝突軽減装置に頼る運転などは決して行わないようにお願いいたします。

下記性能等は自社での調査になりますので各メーカーでの正式な回答ではありません。

事故、故障等一切の責任を負いかねますのでご了承の上お読み下さい。

 

 

衝突軽減ブレーキの性能比較

 

今回比較するものは

作動速度 どの速度帯において衝突軽減ブレーキがはたらくのか

検知対象 先行車や歩行者などどの対象に対して衝突軽減ブレーキがはたらくのか

時間帯  時間帯によって衝突軽減ブレーキの機能に差があるのか

悪天候  豪雨など、天候によって衝突軽減ブレーキの機能に差があるのか

です。

 

また、今回紹介する衝突軽減ブレーキはカタログが乗っているものを対象にしましたのでご了承ください。

 

 

1. TOYOTA  Toyota Safety Sense

 

トヨタ Toyota Safety Sense に対する画像結果

最初に紹介するのはトヨタのToyota Safety Senseです。

単眼カメラミリ波レーダーで前方の障害物を検知し、後方はレーダーで検知する仕組みをとっています。

 

ここで紹介するのはToyota Safety Senseの第一世代であるToyota safety sense CとToyota safety sense PそしてToyota safety sense2.0です。

 

Toyota safety sense C(プリクラッシュセーフティ(レーザーレーダー+単眼カメラ方式)

2015年3月~

検知対象 車のみ

作動速度 10~80㎞/h

昼夜間  昼のみ作動

悪天候  悪天候で作動しない時がある

 

Toyota safety sense P(プリクラッシュセーフティ(ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)

2015年8月~

検知対象 車、歩行者

作動速度 それぞれ10~80㎞/h

昼夜間  昼のみ作動

悪天候  悪天候で作動しない時がある

 

Toyota safety sense2.0  

2018年~

検知対象 車、歩行者、自転車

作動速度 それぞれ10~80㎞/h

昼夜間  昼夜問わず作動

悪天候  悪天候で作動しない時がある

 

 

2. HONDA → SENSING

 

続いて紹介するのはホンダのHONDA SENSINGです。

前方に単眼カメラセンサー、後方はセンサー障害物を検知しています。

ここでは、HONDA SENSINGの衝突軽減ブレーキ CMBSを紹介します。

 

衝突軽減ブレーキCMBS

2013年~

検知対象 車、歩行者、自転車

作動速度 それぞれ~100㎞/h

昼夜間  夜間で発動しない時がある

悪天候  豪雨や日光に弱い

 

 

3. SUBARU → EyeSight

 

次に紹介するのはスバルのEyeSightです。

前方はステレオカメラレーダー、後方はセンサーで障害物を検知しています。

ここで紹介するのはEyeSight ver2とver3、そして新世代EyeSightです。

 

ver2

2010年5月~

検知対象 車、歩行者、自転車

作動速度 速度差時速30㎞以下

昼夜間  夜間、西日に少し弱い

悪天候  豪雨や濃霧に弱い

 

ver3

2017年6月~

検知対象 車、歩行者、自転車

作動速度 速度差時速50㎞以下

昼夜間  夜でも作動

悪天候  豪雨で停止するときあり

 

ver4(新世代)

2020年~

検知対象 車、歩行者、自転車

作動速度 速度差時速60㎞以下

昼夜間  夜でも作動

悪天候  豪雨で停止するときあり

 

 

4. NISSAN → 360°セーフティアシスト

 

次は日産の360°セーフティアシストです。

前方は単眼カメラレーダーセンサー、後方はセンサーで障害物を検知しています。

ここではプロパイロット内のインテリジェント エマージェンシーブレーキを紹介していきます。

 

インテリジェント エマージェンシーブレーキ

検知対象 車、歩行者(背の低い子供は検知しない)

作動速度 それぞれ10~80㎞/h

昼夜間  昼のみ

悪天候  雨や日差しにかなり弱い

 

 

5. SUZUKI → Safety Support

 

SUZUKI よくわかる SAFETY Support スズキの予防安全技術

続いてスズキのSafety Supportです。

単眼カメラレーダーステレオカメラのみレーダーのみ、後方はセンサーと、車種によっていくつかの方式が採用されています。

ここではデュアルセンサーブレーキサポートとデュアルカメラブレーキサポート、レーダーブレーキサポートとレーダーブレーキサポートⅡについて紹介していきます。

 

デュアルセンサーブレーキサポート

検知対象 車 歩行者

作動速度 約5km/h〜約100km/h(対象が歩行者の場合は約5km/h〜約60km/h)

昼夜間  夜間は発動しにくい

悪天候  著しい悪天候では作動しない

 

デュアルカメラブレーキサポート

検知対象 車 歩行者

作動速度 約5km/h〜約100km/h(対象が歩行者の場合は約5km/h〜約60km/h)(一部車種以外)

昼夜間  夜間は発動しにくい

悪天候  著しい悪天候では作動しない

 

レーダーブレーキサポート

検知対象 車

作動速度 自車速度約5km/h〜約30km/h(移動している車両に対しては約5km/h〜約100km/h)

昼夜間  昼夜問わず作動

悪天候  著しい悪天候では作動しない

 

レーダーブレーキサポートⅡ

検知対象 車

作動速度 自車速度約5km/h〜約30km/h(移動している車両に対しては約5km/h〜約100km/h)

昼夜間  昼夜問わず作動

悪天候  レーダーに水滴や汚れが付かない限りは作動する

 

 

6. DAIHATSU → Smart Assist

 

SMART ASSIST スマアシ ダイハツ予防安全機能

最後に紹介するのはダイハツのSmart Assistです。

前方はステレオカメラ、後方はソナーという構成です。

ここでは、スマートアシストとスマートアシストⅢを紹介していきます。

 

スマートアシスト

2012年12月~

作動速度 速度差が約30~約120km/h(対歩行者の場合は、約30~約60km/h)で作動

検知対象 歩行者、車、自転車

昼夜間  夜でも作動

悪天候  悪天候で作動しない時がある

 

スマートアシストⅢ

2016年11月~

作動速度 速度差が約30~約120km/h(対歩行者の場合は、約30~約60km/h)で作動

検知対象 歩行者、車

昼夜間  夜でも作動

悪天候  悪天候で作動しない時がある

 

 

一斉比較

 

Toyota safety sense CToyota safety sense PToyota safety sense2.0
検知対象車のみ車、歩行者車、歩行者、自転車
作動速度10~80㎞/h10~80㎞/h10~80㎞/h
昼夜間昼のみ昼のみ昼夜問わず作動
悪天候悪天候で作動しない時がある悪天候で作動しない時がある悪天候で作動しない時がある
HONDA SENSINGSUBARU Eyesight ver2SUBARU Eyesight ver3
検知対象車、歩行者、自転車車、歩行者、自転車車、歩行者、自転車
作動速度~100㎞/h速度差時速30㎞以下速度差時速50㎞以下
昼夜間夜間で発動しない時がある夜間で作動しない時がある昼夜問わず作動
悪天候豪雨や日光に弱い悪天候 豪雨や濃霧に弱い豪雨で停止するときあり
SUBARU Eyesight ver4(新世代)NISSAN インテリジェント エマージェンシーブレーキ
検知対象車、歩行者、自転車車、歩行者(背の低い子供は検知しない)
作動速度速度差時速60㎞以下10~80㎞/h
昼夜間昼夜問わず作動昼夜問わず作動
悪天候時豪雨で停止するときあり雨や日差しにかなり弱い
SUZUKI デュアルセンサーブレーキサポートSUZUKI デュアルカメラブレーキサポート
検知対象車 歩行者車 歩行者
作動速度約5km/h〜約100km/h
(対象が歩行者の場合は約5km/h〜約60km/h)
(一部車種以外)
約5km/h〜約100km/h
(対象が歩行者の場合は約5km/h〜約60km/h)
(一部車種以外)
昼夜間夜間は発動しにくい夜間は発動しにくい
悪天候時著しい悪天候では作動しない著しい悪天候では作動しない
SUZUKI レーダーブレーキサポートSUZUKI レーダーブレーキサポートⅡ
検知対象
作動速度約5km/h〜約100km/h
(対象が歩行者の場合は約5km/h〜約30km/h)
約5km/h〜約100km/h
(対象が歩行者の場合は約5km/h〜約30km/h)
昼夜間昼夜問わず作動昼夜問わず作動
悪天候時著しい悪天候では作動しないレーダーに水滴や汚れが付かない限りは作動する
スマートアシストⅠスマートアシストⅢ
検知対象歩行者、車、自転車歩行者、車
作動速度速度差が約30~約120km/h
(対象が歩行者の場合は、約30~約60km/h)
速度差が約30~約120km/h
(対象が歩行者の場合は、約30~約60km/h)
昼夜間昼夜問わず作動昼夜問わず作動
悪天候時悪天候で作動しない時がある悪天候で作動しない時がある

 

 

7. まとめ

いかがでしたでしょうか。

前述したとおり、衝突軽減ブレーキにはカメラレーダーセンサーなどメーカーや車種によって異なる技術が搭載されています。

衝突軽減ブレーキは完全に事故を防いでくれるわけではありません。あくまでも、事故を軽減する目的で搭載されているので、自身が安全運転を心がけるのが大前提になります。

 

とはいえ、自家用車の衝突軽減ブレーキがどのような性能を持つのか、気になっている車の安全機能はどのようなものなのかを知っておくことで、より一層安全にも気を配れるかと思います。

 

今回ご紹介した衝突軽減ブレーキは、フォーラムムラタの取り扱い車種ではほとんど装備されております。

取り扱い方法など各スタッフ熟知しておりますのでいつでもご相談ください!お待ちしております。

 

 

届出済未使用車、中古車を総在庫100台

掲載しきれていないお車もございます。お得な特別パックもございますので、まずはお問い合わせください。

新車・未使用車・中古車販売、車検、整備、鈑金、保険、レッカーも全てお任せください。

株式会社フォーラムムラタ

〒945-0811 新潟県柏崎市岩上23-12

TEL  0257-24-3283

E-mail  sf-murata@sf-murata.com

中古軽自動車を購入する前に知っておきたいポイント:安心と快適を手に入れる方法|新潟柏崎市最大級の軽未使用車専門店「フォーラムムラタ」

2023.9.3  スタッフブログ 

中古軽自動車は、多くの人にとって魅力的な選択肢です。手頃な価格で、経済的なランニングコスト、そして使いやすさが魅力です。

しかしながら、中古車市場は多様で、選択肢も多く、注意が必要です。

 

今回は、中古軽自動車を購入する際に成功するためのステップと、選び方のポイントについて詳しく掘り下げていきます。中古軽自動車購入の成功をサポートするために、このガイドがお役立ていただければ幸いです。

 

 

中古軽自動車選びのステップ

 

 

1. 予算と資金の計画

中古軽自動車を選ぶにあたり、まず最初に考慮すべきことは予算と資金の計画です。

どれくらいの価格帯で中古車を手に入れるつもりなのか、自身の経済状況に合わせて計画しましょう。

予算と資金の計画を立てることで、無駄な調査や車種の検討を減らし、効率的な選択が可能となります。

 

予算の決め方

予算は、中古車市場の相場や自身の財政状況に基づいて決めましょう。

相場は、インターネットやカタログなどで調べることができます。

 

財政状況は、現在の収入や支出、貯金や借金などを考慮して決めましょう。

予算を決める際には、中古車本体だけでなく、税金や保険料、メンテナンス費用なども考慮する必要があります。

 

資金計画の立て方

資金計画は、現金で一括支払いするのか、ローンを組むのか、資金調達方法を検討し、計画的に進めましょう。

資金計画を立てることで、無理のない支払いスケジュールを設定できます。

 

ローンの選択肢

ローンを検討する場合、金利や返済期間など、複数の選択肢があります。

自身の財政状況に合わせて最適なローン条件を選ぶことが大切です。

ローンの詳細を比較検討し、将来の支払い負担を把握しましょう。

 

 

2. 好みや用途に合わせた車種選び

中古軽自動車を選ぶ際、自身の好みや日常の用途に合わせた車種を選ぶことは非常に重要です。

以下は、選び方のポイントです。

 

用途別おすすめ車種

軽自動車は多様なボディタイプと機能を提供しています。

たとえば、ファミリー向けならばコンパクトなミニバン型、都市部の通勤に適しているならコンパクトカー型がおすすめです。

趣味でアウトドア活動を楽しむならば、SUV型やクロスオーバー型が便利かもしれません。

用途に合った車種を選ぶことで、快適な日常生活を送るための手助けとなります。

 

ボディタイプの選択

中古軽自動車のボディタイプは多岐にわたります。

セダン、ハッチバック、ワゴン、SUV、ミニバン、軽トラックなどがあります。

各ボディタイプには特有のメリットとデメリットがあるため、自身の好みや必要に応じて選びましょう。

 

エンジンと燃費の比較

中古軽自動車のエンジン性能と燃費は選択の要因となります。

軽自動車は一般的に燃費が良いですが、エンジンのサイズやタイプによって異なります。

エコカーとして知られるハイブリッド車や電気自動車(EV)も選択肢の一つです。

自身の走行パターンと環境に合ったエンジンタイプを選びましょう。

 

 

3. 中古車市場の調査

探偵のイラスト(女性)

中古車を購入する際、市場調査を行うことは非常に重要です。

適切な中古車を見つけるために、以下のステップを踏みましょう。

 

良い中古車を見つける方法

良い中古車を見つけるために、以下の方法が役立ちます。

 

  1. 専門家の意見を参考にする: 自動車専門家やブログ、レビューサイトなどの情報を参考にしましょう。特定の車種やモデルに関する詳細な情報を得ることができます。
  2. ディーラーや販売店を訪問する: 中古車ディーラーや販売店を訪れて在庫をチェックし、専門家と話すことで良いアドバイスを受けることができます。
  3. インターネットで検索する: 中古車のオンライン市場やクラシファイド広告サイトを利用して、希望条件に合った車両を探しましょう。詳細な検索オプションを使うことで、特定の車種、価格帯、地域に絞り込むことができます。

 

車歴と修復履歴の確認

中古車の購入前に、車両の履歴を確認しましょう。

 

  1. 車検証と整備記録のチェック: 車検証と整備記録を入手し、車両の過去の整備履歴を確認します。定期的なメンテナンスが行われているかどうかを確認しましょう。
  2. 事故歴の確認: 事故歴がある場合、修復箇所や修復の品質を調査しましょう。事故による影響がないことを確かめるために、専門家の意見を聞くことも検討しましょう。

 

価格の比較と交渉テクニック

中古車の価格は市場によって異なります。良いディールを得るために、価格の比較と交渉テクニックが役立ちます。

 

  1. 価格の比較: 同じ車種やモデルの価格を複数の販売店やオンラインリストで比較しましょう。適切な価格帯を特定します。
  2. 交渉テクニック: プライスダウンや追加のサービスを交渉する際、自信を持って交渉しましょう。中古車市場では価格の交渉が一般的です。

 

 

4. 車の外観と内装

ダイハツ キャストアクティバ

中古車を購入する際、車の外観と内装の状態は重要な要因です。

車がどのように見え、内部がどのように保たれているかを注意深く調査しましょう。

 

ボディコンディション

車の外観は、所有者の丁寧さと車の歴史を示す手がかりとなります。以下のポイントをチェックしましょう。

 

  1. 塗装の状態: 塗装が剥がれていないか、傷がないかを確認しましょう。塗装のツヤや色も重要です。
  2. サビや腐食: 特に寒冷地域での中古車購入時には、サビや腐食が問題となります。フレームや車体の下部を注意深く調べましょう。
  3. ガラスとライト: ガラスにヒビやキズがないか、ヘッドライトやテールライトの状態を確認しましょう。
  4. ドアや窓: ドアや窓が正常に開閉できるか、ロックやハンドルに問題がないかを確認しましょう。ドアや窓に隙間やひずみがある場合は、防音性や防水性に影響する可能性があります。

 

インテリアの状態

中古車の内装も重要です。乗車時の快適さや車の状態を示す要因となります。

 

  1. シートと内装材: シートの状態を確認し、摩耗や破損がないかをチェックしましょう。内装材も同様に点検します。
  2. 臭い: 車内に異臭がないかどうかを確かめましょう。カビや湿気による臭いに注意が必要です。
  3. 操作パネルと電子機器: 操作パネルやエンターテイメントシステム、エアコンなどの電子機器が正常に動作するか確認します。
  4. ダッシュボード: ダッシュボードに表示されるメーターや警告灯が正確に機能しているかを確認します。特に、エンジンチェックランプやオイルランプなどは重要です。

 

オプションと装備の充実度

中古車の価値は、搭載されているオプションや装備にも関連します。以下のポイントに注意しましょう。

 

  1. 安全装備: エアバッグABS安全運転支援システムなどの安全装備が付いているか確認しましょう。
  2. エンターテイメントシステム: ナビゲーションシステムサラウンドサウンドBluetoothなどのエンターテイメントオプションが充実しているかを確認します。
  3. 快適装備: エアコンシートヒーターサンルーフなどの快適装備も、車の価値を左右します。

 

 

5. エンジンと走行性能

中古車のエンジンと走行性能は、車の性能や燃費に直結する重要な要素です。

ここでは、中古車を選ぶ際にエンジンと走行性能に焦点を当て、具体的なポイントを解説します。

 

エンジンの状態とメンテナンス履歴

  1. エンジンの音: 中古車のエンジンをかけた際、エンジン音に注意しましょう。エンジンが正常に動作している場合、異常な金属音や異音がしないはずです。異音や不規則な振動がある場合は、エンジンの問題の兆候かもしれません。
  2. メンテナンス履歴: 中古車購入前に、エンジンの定期的なメンテナンス履歴を確認しましょう。エンジンオイルやエアフィルターの交換、タイミングベルトの交換など、定期的なメンテナンスが行われているかどうかが重要です。メンテナンスが適切に行われていない車は、将来的な故障のリスクが高まります。
  3. 燃費: エンジンの燃費効率も考慮のポイントです。燃費が悪い車は、運転コストが高くつく可能性があります。エコカーとして知られる軽自動車は燃費に優れていることが多いですが、中古車の場合、エンジンの状態が燃費に影響を与えることもあります。燃費を確認し、経済的な選択をすることが大切です。
  4. 走行距離: 走行距離は中古車の価値や寿命に影響する要素です。一般的に、走行距離が長いほど車の価値は下がります。また、走行距離が長いとエンジンや部品の摩耗や劣化も進みます。走行距離は必ず確認しましょう。

 

これらのポイントを考慮しながら、中古軽自動車のエンジン状態を評価しましょう。エンジンが良好でメンテナンスが行き届いている車は、長期間にわたって信頼性のある走行を提供するでしょう。

 

 

6. 安全性と信頼性

この大見出しでは、中古軽自動車の安全性や信頼性に焦点を当てます。中古車を購入する際にこれらの要因を確認することは、将来の安全性と快適な所有体験につながります。

安全装備のチェック

中古車の安全性について確認する際に考慮すべきポイントを以下に示します。

 

  • エアバッグの有無: エアバッグは重要な安全装備の一つです。運転席と助手席のエアバッグが標準装備であるか、またはサイドエアバッグやカーテンエアバッグがあるか確認しましょう。
  • ABS(アンチロックブレーキシステム): ABSは急ブレーキ時に車輪のロックを防ぐシステムで、安全なブレーキ操作をサポートします。中古車にABSが装備されているか確認しましょう。
  • 安全評価: 自動車安全性評価プログラムから得られる評価情報を調べましょう。これにより、車の安全性に関する詳細なデータを入手できます。

 

車両の信頼性と保証

信頼性と保証について考慮すべきポイントを以下に示します。

 

  • 過去の故障履歴: 中古車が過去に大規模な故障や事故を経験していないかを確認しましょう。特に、エンジンやトランスミッションの修理履歴は注目すべきです。
  • 保証プラン: 中古車ディーラーや販売業者から提供される保証プランを調査しましょう。信頼性をサポートする保証があると、安心して中古車を購入できます。
  • 車両の信頼性評価: 車両の信頼性に関するオーナーレビューや評価を調べ、特定のモデルや年式についての情報を入手しましょう。

 

メンテナンス履歴と点検記録

メンテナンス履歴と点検記録に注目しましょう。

 

  • メンテナンス記録: 中古車が適切に定期点検とメンテナンスを受けているかどうかを確認します。整備記録簿やサービス履歴があるか確認しましょう。
  • 点検記録: 車両の点検記録は、潜在的な問題を特定するのに役立ちます。過去の点検結果を調べ、どのような問題が発生しやすいかを把握しましょう。
  • タイヤの状態: タイヤの状態は、車の走行性能や安全性に影響します。タイヤの溝の深さや摩耗具合、空気圧などをチェックしましょう。タイヤ交換の時期や必要性も確認します。

 

 

7. まとめ

中古軽自動車の選び方について、重要なポイントを詳しく検討しました。

 

中古軽自動車を選ぶ際には、予算設定車種選び中古車市場の調査車の外観と内装エンジンと走行性能安全性と信頼性、そしてメンテナンス履歴点検記録など、多くの要因を考慮する必要があります。

 

安全性や信頼性は、中古車を購入する際に妥協できない要素です。適切な点検と調査を行い、信頼性の高い車両を選びましょう。また、予算に合わせた購入プランや保証を検討することも重要です。

これをもとに、中古軽自動車の選択に成功し、安心して車を購入する手助けとなることを願っています。

 

 

届出済未使用車、中古車を総在庫100台

掲載しきれていないお車もございます。お得な特別パックもございますので、まずはお問い合わせください。

新車・未使用車・中古車販売、車検、整備、鈑金、保険、レッカーも全てお任せください。

株式会社フォーラムムラタ

〒945-0811 新潟県柏崎市岩上23-12

TEL  0257-24-3283

E-mail  sf-murata@trattobrain

新型デリカミニの進化を6つのポイントで解説!|新潟柏崎市最大級の軽未使用車専門店「フォーラムムラタ」

2023.9.3  スタッフブログ 

軽自動車の代表的なモデルである「デリカミニ」が、2023年5月に新型にフルモデルチェンジされました。新型デリカミニは、燃費性能、安全装備、使い勝手など、あらゆる面で進化を遂げました。

 

今回は、新型デリカミニの魅力を徹底解説します。燃費性能や安全装備、使い勝手など、新型デリカミニの進化ポイントを6つに分けてご紹介します。また、新型デリカミニがどのようなシーンで活躍するのかを解説します。

軽自動車の購入を検討している方は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

 

 

1. 燃費性能が向上

給油するガソリンスタンド従業員のイラスト

新型デリカミニは、従来モデルと比較して、WLTCモードで燃費性能が向上しました。これは、新開発のエンジンを搭載したことと、ボディや部品などを軽量化したことによるものです。

 

新開発のエンジン

新型デリカミニに搭載された新開発のエンジンは、排気量660ccの直列3気筒DOHCエンジンで、ターボエンジンと自然吸気エンジンの2種類があります。

ターボエンジンは最高出力64PS、最大トルク10.2kgf・mを発揮し、自然吸気エンジンは最高出力52PS、最大トルク6.1kgf・mを発揮します。

 

具体的には、燃焼室の形状を最適化したり、吸気バルブの開閉タイミングを最適化したりすることで、燃焼効率を向上させました。

また、ターボチャージャーの効率を向上させることで、低回転域からでも力強い加速を実現しました。

 

ボディや部品の軽量化

新型デリカミニは、ボディや部品などを軽量化することで、燃費性能の向上に貢献しました。具体的には、以下の部品を軽量化しました。

 

  • ボディ骨格
  • エンジン
  • サスペンション
  • ホイール
  • 内装部品

 

ボディ骨格には、高張力鋼板を採用することで、強度を保ちながら軽量化を実現しました。

エンジンは、アルミ合金製のシリンダーブロックを採用することで、軽量化を実現しました。

サスペンションには、アルミ合金製のホイールアームを採用することで、軽量化を実現しました。

ホイールには、アルミ合金製のホイールを採用することで、軽量化を実現しました。

内装部品には、樹脂製の部品を採用することで、軽量化を実現しました。

 

燃費性能の向上によるメリット

新型デリカミニの燃費性能は、軽自動車のトップクラスです。長距離ドライブでも経済的に走行できます。

例えば、東京から大阪まで片道約500kmの距離を走行する場合、従来モデルではガソリン代が約12,000円かかっていましたが、新型デリカミニではガソリン代が約9,000円で済みます

 

また、燃費性能が向上することで、CO2排出量も削減できます。環境にも優しい車と言えるでしょう。

 

 

2. 安全装備が充実

新型デリカミニは、スズキの最新予防安全技術「SUZUKI Safety Support」を一部のグレードに標準装備しました。

このシステムには、衝突被害軽減ブレーキ(自動ブレーキ)レーンキープアシストアダプティブクルーズコントロールなどが含まれており、万一の事故未然に防ぐための機能が充実しています。

 

衝突被害軽減ブレーキ(自動ブレーキ)

衝突被害軽減ブレーキは、前方の車両や歩行者だけでなく、自転車や二輪車も検知することができるシステムです。

衝突の危険があると判断すると、自動的にブレーキをかけることで、衝突の被害を軽減することができます。

新型デリカミニでは、以下のような機能が追加されました。

 

  • 昼夜問わず歩行者検知が可能になりました。
  • 夜間歩行者検知時に、歩行者を認識しやすくなる機能を追加しました。
  • 歩行者検知時に、警報音やブレーキランプの点滅を強化しました。

 

レーンキープアシスト

レーンキープアシストシステムは、車線を逸脱する可能性があると判断すると、警告音や表示でドライバーに知らせるシステムです。

新型デリカミニでは、以下のような機能が追加されました。

  • 車線の中央をキープするようにサポートする機能を追加しました。
  • 車線の中央をキープしやすくなるように、ステアリング操作を支援する機能を追加しました。

 

アダプティブクルーズコントロール

アダプティブクルーズコントロールは、先行車との車間距離を一定に保つように、自動で速度を調整するシステムです。

新型デリカミニでは、以下のような機能が追加されました。

  • 先行車が停止した際に自車も停止する機能を追加しました。
  • 先行車の発進に合わせて自車も発進する機能を追加しました。

 

安全装備の充実によるメリット

新型デリカミニの安全装備は、万一の事故未然に防ぐための機能が充実しています。

そのため、安心してドライブを楽しむことができます。

 

また、安全装備が充実していることで、保険料が安くなるなどのメリットもあります。

例えば、新型デリカミニの衝突被害軽減ブレーキは、対車両・対歩行者・対自転車のすべてに対応しています。また、レーンキープアシストも先進的な機能が搭載されています。

 

 

3. 使い勝手が向上

樹脂ラゲッジボード&PVC後席シートバック

荷室の最大積載量の向上

新型デリカミニの荷室の最大積載量は320kgです。

これは、荷室の床面をフラットにし、荷物の積載効率を向上させたことにより実現しました。

 

助手席ダイブダウン機構の採用

新型デリカミニは、助手席ダイブダウン機構を採用しました。

これは、助手席を倒すことで、荷室の奥行きを拡大できる機構です。

 

助手席ダイブダウン機構を採用することで、荷室の奥行きは従来モデルの1,100mmから1,500mmに拡大しました。

これにより、自転車やスーツケースなどの長尺物を積載可能になりました。

また、助手席下には、大型の収納スペースを用意し、キャンプ道具やアウトドアグッズを収納するのに便利になりました。

 

使い勝手の向上によるメリット

新型デリカミニの使い勝手は、荷室の最大積載量の向上や助手席ダイブダウン機構の採用により、向上しました。

そのため、アウトドアやレジャーでより便利に使用できます。

 

例えば、キャンプや釣りなどのアウトドアに出かける際に、荷物をたくさん積載したい場合、新型デリカミニは従来モデルよりも多くの荷物を積載できます。

また、助手席ダイブダウン機構を採用することで、自転車やスーツケースなどの長尺物を積載しやすくなりました。

 

また、荷室の収納スペースが充実したことで、車内を整理整頓しやすくなりました。

 

 

4. デザインが刷新

外観を見る

新型デリカミニは、従来モデルからデザインを刷新しました。

フロントデザインは、「ダイナミックシールド」を採用し、力強さと存在感を強調しました。

 

また、サイドビューは、ボディの曲面を強調し、流麗なフォルムを実現しました。

リアビューは、横一文字のLEDテールランプを採用し、スタイリッシュな印象を与えました。

 

フロントデザイン

新型デリカミニのフロントデザインは、「ダイナミックシールド」を採用しました。

ダイナミックシールドは、三角形のフロントグリルや、L字型のヘッドライトを組み合わせたデザインです。

力強さと存在感を強調したデザインで、新型デリカミニの個性を際立たせています。

 

サイドビュー

新型デリカミニのサイドビューは、ボディの曲面を強調し、流麗なフォルムを実現しました。

ボンネットのラインからフロントフェンダー、リアフェンダーにかけて、滑らかな曲線を描くことで、力強さと優雅さを兼ね備えたデザインに仕上げました。

 

リアビュー

新型デリカミニのリアビューは、横一文字のLEDテールランプを採用し、スタイリッシュな印象を与えました。

LEDテールランプは、横幅いっぱいに広がるデザインで、新型デリカミニの存在感を強調しています。

 

デザインの刷新によるメリット

新型デリカミニのデザインは、従来モデルから刷新され、力強さと存在感を強調したデザインになりました。

そのため、よりスタイリッシュで魅力的な車になりました。

 

また、「ダイナミックシールド」を採用したことで、スズキの最新のデザイントレンドを反映した、先進的なデザインになりました。

 

 

5. 価格が抑えられる

車の維持費のイラスト

新型デリカミニは、従来モデルと比較して、価格が抑えられました。

価格の抑制は、以下のような理由によるものです。

 

  • エンジンやトランスミッションを新開発し、コストを削減
  • 軽量化により、燃費性能を向上させ、燃費基準達成車の認定を受け、エコカー減税の適用を受けられるようにした
  • 安全装備を標準装備化し、安全性能を向上させた

 

価格の抑制は、新型デリカミニの魅力をより高めるポイントです。

 

価格の抑制によるメリット

新型デリカミニの価格は、従来モデルと比較して、抑えられました。そのため、より多くの人に手に届く車になりました。

また、価格の抑制により、新型デリカミニは、軽自動車の新たな選択肢として、魅力的な存在になりました。

 

 

6. アウトドアや街乗りなど、さまざまなシーンで活躍する

新型デリカミニは、コンパクトなボディながら、優れた走行性能と積載性を備えており、アウトドアや街乗りなど、さまざまなシーンで活躍できる車です。

 

アウトドアシーンでは、キャンプ道具やアウトドアグッズをたくさん積載できます。また、助手席ダイブダウン機構を採用したことで、自転車やスーツケースなどの長尺物を積載しやすくなりました。

街乗りシーンでは、燃費性能が向上したことで、燃料代を節約できます。また、軽量化により、取り回しがしやすくなりました。

 

新型デリカミニは、さまざまなシーンで活躍できる、使い勝手の良い車です。

 

 

7. まとめ

新型デリカミニは、安全装備の充実、使い勝手の向上、デザインの刷新、価格の抑制など、さまざまな点で進化を遂げたモデルです。

 

安全装備は、衝突被害軽減ブレーキやレーンキープアシストなどの先進的な機能が搭載され、万一の事故を未然に防ぐための機能が充実しました。

使い勝手は、荷室の最大積載量の向上や助手席ダイブダウン機構の採用により、アウトドアやレジャーでより便利に使用できるようになりました。

デザインは、「ダイナミックシールド」を採用し、力強さと存在感を強調したデザインになりました。

価格は、従来モデルと比較して、抑えられ、より多くの人に手に届く車になりました。

 

新型デリカミニは、軽自動車の新たな選択肢として、魅力的な存在です。

 

 

届出済未使用車、中古車を総在庫100台

掲載しきれていないお車もございます。お得な特別パックもございますので、まずはお問い合わせください。

新車・未使用車・中古車販売、車検、整備、鈑金、保険、レッカーも全てお任せください。

株式会社フォーラムムラタ

〒945-0811 新潟県柏崎市岩上23-12

TEL  0257-24-3283

E-mail  sf-murata@trattobrain