ブログBlog

~愛車洗車してますか?~

2022.7.20  スタッフブログ 

カーライフアドバイザーの山田です。

集中豪雨と暑さとで私はくたびれますがみなさんは大丈夫でしょうか?

人と同じでこのような状況だと車もくたびれがちです・・・。

 

そこで洗車のススメをしております!

ボディの塗装を傷めてしまう原因と対策、解決方法を書いていきたいと思います!

 

【雨が降るから洗車しなくていいやはNG!】

しばしば雨が降る時期は、いつ洗車しようか迷ってしまうかもしれません。「どうせ降るからいいや」と考える人も多いことでしょう。

 しかし、洗車に関する技能や知識などについての資格「洗車ソムリエ」の検定試験を行う日本洗車ソムリエ協会によると、その考えは間違いだといいます。むしろ、「明日降るから洗車しておく」のがよいとのこと。

「クルマには、大気中の砂や鉄、PM2.5などの微細な物質が付着します。これが雨により泥ダンゴのようになり、乾いてから落とすときに、クルマが傷つきやすくなるのです」

では、雨のなかでも洗車をすべきかといえば、これもよいとは言えないようです。日本洗車ソムリエ協会によると、「雨は酸性、洗剤はアルカリ性ですから、中和されてしまい、排気ガスなどに由来する油分が落ちにくくなります」とのこと。

洗車ソムリエという言葉を初めて聞いた方も多いと思いますが上記のようにアドバイスがあります!

 

【一番ダメなのは「晴れの日」 ちょっとの雨のあとも注意】

洗車後の雨について日本洗車ソムリエ協会は、降る時間の長さや降り方にもよるものの、そこまで悲観することではないといいます。

「洗車によってボディの表面はきれいになっていますし、そもそも雨水自体は、ボディにそれほど悪影響のあるものではありません。降り始めの雨は大気中の汚れを多く含んでいるものの、30分も降り続ければ、その雨水はカルキの多い水道水よりも、クルマには優しいといえるでしょう」(日本洗車ソムリエ協会)

 ただし気を付けるべきは、「ちょっと降ってから晴れる」ようなケースとのこと。雨水に含まれた大気中の汚れが固まりやすくなるといいます。そして、暑いカンカン照りの日こそ、洗車をするうえでは最悪です!

「天気のよい夏の日は乾きが早いので、洗車後の拭き上げ途中で水が乾き、水道水に含まれるカルキ分が固まってシミになりやすいのです。そればかりでなく、直射日光が水滴を通り、レンズ効果で高温になり、塗装を傷めることもあります。雨の日よりもよっぽど洗車に向きません」

晴天下では日陰で洗車をするか、なるべく曇りの日にすべきとのことです。

ちなみに、雨の多い時期の洗車は、コーティング剤にも注意が必要です。

施工してすぐボディに定着して効果を発揮するものもあれば、24時間ほどして定着するものもあり、そのあいだに雨が降って台無しになってしまうケースもあるのです。

 

洗ってよく晴れて雨や洗車の残り水がついていると↓画像のように【ウォータースポット】

雨染みができてしまいます!これはなかなか落ちないのです・・・。

最悪ボディーの磨きをプロの手にお任せしないといけなくなります。そうしますとどうしてもお金がかかってきます。原因は水滴が虫眼鏡の役割になってしまい太陽光で焼けてしまうせいです。

こうなってしまうとなかなか落ちません・・・

 

ご自身の愛車を長く美しく保つにはやはり洗車と日常のメンテナンスが必要です!

それでもボディーは時間と共にどうしても劣化します。

落ちなくなってしまったシミや傷、ぜひご相談ください!

フォーラムムラタでは板金修理関連も承ります!

もう一度ご自身の愛車に輝きを取り戻してみませんか・・・!

 

 

届出済未使用車、中古車を総在庫100台

掲載しきれていないお車もございます。お得な特別パックもございますので、まずはお問い合わせください。

新車・未使用車・中古車販売、車検、整備、鈑金、保険、レッカーも全てお任せください。

株式会社フォーラムムラタ

〒945-0811 新潟県柏崎市岩上23-12

TEL  0257-24-3283

E-mail  sf-murata@sf-murata.com