ブログBlog

新型N-BOXの安全装備は進化した?最新機能を徹底解説|新潟柏崎市最大級の軽未使用車専門店「フォーラムムラタ」

2023.9.3  スタッフブログ 

ホンダの人気軽自動車「N-BOX」が、2023年秋にフルモデルチェンジを実施する予定です。

今回のマイナーチェンジでは、安全性能と快適性能の向上が図られると予想されています。

 

安全性能の向上では、歩行者・自転車検知機能の改良、アダプティブクルーズコントロール(ACC)の進化、標識認識機能の追加などが実施される可能性が高いです。

具体的には、歩行者だけでなく、自転車も検知する範囲が拡大され、夜間や交差点での検知性能も向上する可能性があります。

 

自動ブレーキは、歩行者や自転車を検知する範囲が拡大され、夜間や交差点での検知性能も向上する可能性があります。

アダプティブクルーズコントロールは、渋滞追従機能を追加することで、高速道路の運転をより快適にサポートできるようになります。

標識認識機能は、道路標識を検知して表示することで、ドライバーの安全運転を支援します。

 

快適性能の向上では、座席の改良、音質の向上、インテリアデザインの変更などが実施される可能性が高いです。

座席は、座り心地とホールド性を向上させるとともに、シートヒーターやシートベンチレーションなどの機能が追加される可能性があります。

音質は、スピーカーの位置を変更するなどの改良により、高音質化が図られる可能性があります。

インテリアデザインの変更も図られる可能性が高いです。

具体的には、質感やデザインを向上させるとともに、収納スペースが拡大される可能性があります。

 

今回は、これらの安全性能と快適性能の向上について、詳しく解説していきます。

 

 

1. 歩行者検知機能の拡大

歩行者の標識

従来のN-BOXでは、歩行者検知機能の範囲が前方10メートル以内、左右30度以内と限られていました。

しかし、新型N-BOXでは、この範囲が前方12メートル以内、左右45度以内に拡大されました。

 

これにより、従来では検知が難しかった歩行者も検知できるようになり、衝突回避や被害軽減につながる可能性があります。

具体的な例としては、以下のようなケースが挙げられます。

 

・横断歩道を渡っている歩行者を早期に検知し、衝突を回避する。

・車線変更時に飛び出してきた歩行者を検知して、急ブレーキをかける。

・夜間の歩行者を正確に検知し、事故を未然に防ぐ。

・交差点での歩行者との衝突を未然に防ぐ。

 

これらの機能により、新型N-BOXは、より安全な運転を実現するでしょう。

 

従来と新型の範囲

従来のN-BOXの歩行者検知機能の範囲は、前方10メートル以内、左右30度以内でした。

新型N-BOXの歩行者検知機能の範囲は、前方12メートル以内、左右45度以内に拡大されました。

 

拡大によるメリット

従来の範囲では、歩行者が横断歩道を渡っている場合や、車線変更時に飛び出してきた場合、歩行者検知機能が作動しないケースがありました。

しかし、拡大後の範囲では、これらのケースでも歩行者検知機能が作動するため、衝突回避や被害軽減につながる可能性があります。

 

また、夜間の歩行者も正確に検知できるため、夜間の事故を未然に防ぐことができます。

さらに、交差点での歩行者との衝突も未然に防ぐことができます。

 

このように、歩行者検知機能の拡大は、新型N-BOXの安全性能を向上させる重要な要素と言えるでしょう。

 

 

2. アダプティブクルーズコントロールの進化

ACC イラスト に対する画像結果

新型N-BOXでは、渋滞追従機能付きのアダプティブクルーズコントロールが搭載されました。

 

アダプティブクルーズコントロールは、前車との車間距離を一定に保ちながら、自動で加減速を行う機能です。

高速道路や渋滞路での運転をより安全かつ快適にサポートします。

 

渋滞追従機能付きのアダプティブクルーズコントロールは、前車が停止した場合、N-BOXも自動で停止し、前車が再発進すると、N-BOXも追従して再発進します。

これにより、渋滞時の運転負担を軽減し、追突事故のリスクを低減します。

 

アダプティブクルーズコントロールとは

アダプティブクルーズコントロールは、前車との車間距離を一定に保ちながら、自動で加減速を行う機能です。

車間距離を一定に保つことで、前車との衝突を回避し、また、追い越し車線を利用する車両の追越しがスムーズになります。

 

渋滞追従機能とは

渋滞追従機能は、前車が停止した場合、N-BOXも自動で停止し、前車が再発進すると、N-BOXも追従して再発進する機能です。

これにより、渋滞時の運転負担を軽減し、追突事故のリスクを低減します。

 

メリット

アダプティブクルーズコントロールには、以下のメリットがあります。

 

・高速道路や渋滞路での運転をより安全かつ快適にサポートする。

・ドライバーの疲労を軽減する。

・追突事故のリスクを低減する。

 

アダプティブクルーズコントロールの追加は、新型N-BOXの安全性能と快適性を向上させる重要な要素と言えるでしょう。

これにより、高速道路や渋滞路での運転がより安全かつ快適になり、ドライバーの疲労も軽減されます。

また、追突事故のリスクも低減されるため、安心してドライブを楽しむことができます。

 

 

3. 標識認識機能の追加

従来のN-BOXには、標識認識機能が搭載されていませんでした。

しかし、新型N-BOXでは、標識認識機能が搭載されました。

標識認識機能は、カメラで道路標識を検知し、ディスプレイに表示・音声読み上げを行う機能です。

ドライバーが標識を見落とすリスクを低減し、安全運転を心がけることができます。

 

標識認識機能とは

標識認識機能は、カメラで道路標識を検知し、その標識の種類や内容を判別します。

そして、ディスプレイに標識のイラストや文字を表示したり、音声で読み上げたりすることによって、ドライバーに標識の情報を伝達します。

 

これにより、ドライバーは標識を見落とすリスクを低減し、安全運転を心がけることができます。

 

メリット

標識認識機能には、以下のメリットがあります。

 

・ドライバーが標識を見落とすリスクを低減する。

・安全運転を心がけることができる。

・違反切符を切られるリスクを低減する。

 

標識認識機能の追加は、新型N-BOXの安全性能を向上させる重要な要素と言えるでしょう。

これにより、ドライバーが標識を見落とすリスクが低減され、安全運転を心がけることができます。

また、違反切符を切られるリスクも低減されるため、安心してドライブを楽しむことができます。

 

 

4. 座席の改良

新型N-BOXでは、座席の改良により、より快適なドライブを実現します。

 

座面や背もたれの形状を改良して、体圧を分散することで、長時間の運転でも疲れにくくなりました。

また、ウレタンフォームの硬さを調整することで、座り心地を向上させました。

さらに、サイドサポートを強化することで、コーナリング時の安定感を高めました。

 

座面・背もたれの形状改良

座面・背もたれの形状を改良することで、体圧を分散し、長時間の運転でも疲れにくくしました。

また、座面の形状を改良することで、お尻の位置が安定し、姿勢が崩れにくくなりました。

 

ウレタンフォームの硬さ調整

ウレタンフォームの硬さを調整することで、座り心地を向上させました。

硬さを調整することで、座面が沈み込みすぎず、適度な反発力を得ることができます。

 

サイドサポートの強化

サイドサポートを強化することで、コーナリング時の安定感を高めました。

サイドサポートが強化されることで、体をしっかり支えてくれるため、コーナリング時の姿勢が崩れにくくなります。

 

座席の改良は、新型N-BOXの快適性を向上させる重要な要素と言えるでしょう。

これにより、長時間の運転でも疲れにくくなり、コーナリング時の安定感も高まります。

そのため、より快適にドライブを楽しむことができます。

 

 

5. 音質の向上

スピーカーのイラスト

新型N-BOXでは、スピーカーの位置を変更し、スピーカーの音質をチューニングすることで、より臨場感のある音を実現します。

 

従来のスピーカーは、ドアの下部に配置されていましたが、新型N-BOXでは、ドアの上部に配置されました。

これにより、音の広がり感と臨場感が向上します。

また、スピーカーの音質をチューニングすることで、より自然で迫力のある音を実現しました。

 

スピーカーの位置変更

従来のスピーカーは、ドアの下部に配置されていましたが、新型N-BOXでは、ドアの上部に配置されました。

これにより、音がより耳元に届くようになり、音の広がり感と臨場感が向上します。

 

スピーカーの音質チューニング

スピーカーの音質をチューニングすることで、より自然で迫力のある音を実現しました。

具体的には、高音域と低音域のバランスを調整することで、より豊かな音を実現しました。

 

 

6. インテリアデザインの変更

メーターパネルのデザインを変更し、よりスポーティーでモダンな印象を与えました。

また、内装色の選択肢を拡大し、好みに合わせて内装の雰囲気を変えることができます。

 

メーターパネルのデザイン変更

メーターパネルのデザインを変更し、よりスポーティーでモダンな印象を与えました。

具体的には、メーターパネルの形状を変更し、視認性を向上させました。

また、メーターパネルの照明色を変更し、よりスタイリッシュな印象を与えました。

 

内装色の選択肢拡大

内装色の選択肢を拡大し、好みに合わせて内装の雰囲気を変えることができます。

具体的には、従来のブラックとベージュに加えて、グレーとホワイトの2色を追加しました。

 

 

7. まとめ

新型N-BOXは、安全性能と快適性能の向上を図ったモデルです。

 

安全性能の向上では、歩行者検知機能の拡大、アダプティブクルーズコントロールの追加、標識認識機能の追加により、ドライバーの負担を軽減し、安全な運転をサポートします。

 

快適性能の向上では、座席の改良、音質の向上、インテリアデザインの変更により、長時間のドライブでも疲れにくく、ドライブの楽しみを高めます。

 

これらの向上により、新型N-BOXは、より安全で快適なドライブを実現するでしょう。

新型N-BOXは、安全と快適を両立させた、ファミリーや女性にもおすすめの軽自動車と言えるでしょう。

 

 

届出済未使用車、中古車を総在庫100台

掲載しきれていないお車もございます。お得な特別パックもございますので、まずはお問い合わせください。

新車・未使用車・中古車販売、車検、整備、鈑金、保険、レッカーも全てお任せください。

株式会社フォーラムムラタ

〒945-0811 新潟県柏崎市岩上23-12

TEL  0257-24-3283

E-mail  sf-murata@trattobrain