ブログBlog

走行時に役に立つ安全機能|新潟柏崎市最大級の軽未使用車専門店「フォーラムムラタ」

2023.12.9  スタッフブログ 

皆様こんにちは。PR担当の増井です。

前回、衝突軽減ブレーキについて紹介していきました。

とっさに事故を回避するのに必要な装備として今もなお開発、研究が進められております

しかし、衝突軽減ブレーキ以外にも走行中の事故を防ぐ機能が携わっています。

そこで今回は走行中に役立つ安全機能を前回と同じくメーカー別で紹介していきます。

※あくまで自社での調査です

衝突軽減装置に頼る運転などは決して行わないようにお願いいたします。

下記性能等は自社での調査になりますので各メーカーでの正式な回答ではありません。

事故、故障等一切の責任を負いかねますのでご了承の上お読み下さい。

 

 

安全機能の比較

 

今回紹介するものは

車間距離機能

前方のカメラやレーダーなどで先行車を視認し、車間距離を一定に保つ機能

法定速度が速い高速道路や自動車専用道路で使用することが前提

車線逸脱防止機能

カメラやレーダーなどで左右の白線や黄線を視認し、意図的な車線変更以外で車線をまたいだ時に

警告やステアリング操作などで元の車線の中央を走行させるよう働きかける機能

リアビークルモニタリングシステム

後方のレーダーなどで左右の車線と後続車を視認し、

車線変更により衝突の危険性があるときに警告してドライバーへ注意を促す機能

自動切り替え型前照灯

夜間やトンネル、山間部等走行時に前方の車両状況に応じて、

ハイビームとロービーム、ライトオフを自動的に切り替える機能

先行者発進お知らせ機能

前方のカメラなどで、信号待ちや渋滞待ち中に先行車が発進したことをお知らせする機能

標識認識機能

前方のカメラで道路標識を視認し、車のディスプレイに表示することでドライバーへ注意を促す機能

 

 

です。

今回も紹介する衝突軽減ブレーキはカタログが乗っているものを対象にしましたのでご了承ください。

 

 

TOYOTA → Toyota Safety Sense

最初に紹介するのはトヨタのToyota Safety Senseです。

 

Toyota safety sense C(プリクラッシュセーフティ(レーザーレーダー+単眼カメラ方式)

 

車間距離機能

なし

 

車線逸脱防止機能

車速が50km/h以上で作動

メーターまたはマルチインフォメーションディスプレイの表示および、警報ブザーにより注意を促す

 

リアビークルモニタリングシステム

なし

 

自動切り替え型前照灯

車速が30km/h以上で作動

対向車のライトを検知すると自動でロービームに切り替わり、対向車とのすれ違いが完了すると自動でハイビームに切り替わる

 

先行車発進お知らせ機能

先行車が発進した時にディスプレイで表示

先行車との車間が4m以上離れても自車が止まったままであると判断した場合にブザーで警告をする

 

標識認識機能

なし

 

Toyota safety sense P(プリクラッシュセーフティ(ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)

 

車間距離機能

アクセルペダルを踏まなくても先行車の車速変化に合わせた追従走行を行い、自動的に加速や低速を行う

停止は手動

レーダーにより前方100m以内の先行車を視認

車間距離を判定して、適切な車間距離を確保するよう制御する

設定により3段階に車間距離を設定することも可能(車速によって車間距離が変わる)

先行車がいない場合、設定した速度で走行する

 

車線逸脱防止機能

車速が50km/h以上で作動

メーターまたはマルチインフォメーションディスプレイの表示および、警報ブザーにより注意を促す

 

リアビークルモニタリングシステム

車速が16㎞/h以上で作動 

後方カメラで左右レーンのリヤバンパーから前方約1m後方約60mにいる車両を検知し、ドアミラーのインジケーターによって車両の存在を運転者に知らせる

 

自動切り替え型前照灯

車速が30km/h以上で作動

対向車のライトを検知すると自動でロービームに切り替わり、対向車とのすれ違いが完了すると自動でハイビームに切り替わる

 

先行車発進お知らせ機能

なし

 

標識認識機能

なし

 

Toyota safety sense2.0  

 

車間距離機能

アクセルペダルを踏まなくても先行車の車速変化に合わせた追従走行を行い自動的に加速や低速、停止を行う

レーダーにより前方100m以内の先行車を視認

車間距離を判定して、適切な車間距離を確保するよう制御する

設定により3段階に車間距離を設定することも可能(車速によって車間距離が変わる)

先行車がいない場合、設定した速度で走行する

 

車線逸脱防止機能

車線や走路からの逸脱を警告するとともにハンドル操作の一部を支援する

レーダークルーズコントロール作動中は車線維持に必要なハンドル操作を支援する

 

リアビークルモニタリングシステム

車速が16㎞/h以上で作動 

後方カメラで左右レーンのリヤバンパーから前方約1m後方約60mにいる車両を検知し、ドアミラーのインジケーターによって車両の存在を運転者に知らせる

 

自動切り替え型前照灯

ランプスイッチをAUTOにすると作動する

 ハイビームの作動条件 約30km/h以上

 ロービームの作動条件 約25㎞/h以下もしくは車両前方が明るく道路が明るい時

また車速に応じてハイビームの明るさと照らす範囲を調整するとともに

前方車両の周辺を遮光したハイビーム(遮光ハイビーム)を点灯する

 

先行車発進お知らせ機能

自車と先行車が停止したあと、先行車が発進しても自車が停止し続けた場合に作動

どのくらい離れたらお知らせするかは3段階で設定することができる

 

標識認識機能

最高速度はみ出し通行禁止一時停止車両進入禁止標識の終了の道路標識を認識しマルチインフォメーションディスプレイに表示

 

 

HONDA → SENSING

 

続いて紹介するのはホンダのHONDA SENSINGです。

 

●HONDA SENSING

車間距離機能

車速が30㎞/h以上で作動

先行車がフロントワイドビューカメラの検知範囲に入ると、先行車の車速変化に合わせ、設定車速の範囲内で車間距離を保ちながら追従走行

検知範囲は約120m

車間距離は4段階、設定車速は1km/hごとに設定可能

先行車がいない時は設定車速で走行

 

車線逸脱防止機能

約60 km/h~120 km/hの範囲で作動

車線逸脱の可能性を検知すると警告で知らせるとともに回避するように運転を支援する

 

リアビークルモニタリングシステム

なし

 

自動切り替え型前照灯

ライトスイッチをAUTOにすると作動

 ハイビームの作動条件 約30km/h以上で、車両前方が暗く道路が暗い時

 ロービームの作動条件 約24㎞/h以下もしくは車両前方が明るく道路が明るい時

 

先行車発進お知らせ機能

先行車に続いて停車(停止状態での車間距離が約10m以内、かつ自車・先行車がしばらく停止)すると先行車を認識し続け、先行車が約3 m以上進んでも自車が発進しないときに作動

 

標識認識機能

最高速度はみ出し通行禁止一時停止車両進入禁止の道路標識を認識し、メーターに表示

 

SUBARU → EyeSight

 

次に紹介するのはスバルのEyeSightです。

 

●ver2 

 

車間距離機能

0 km/h~100 km/hの範囲で作動

前方約90 m以内の同一車線上の先行車を認識します

同一車線内に先行車がいる場合は、セット車速を上限とした追従走行を行う

先行車の停止に伴い自車も停止した場合は、停止後すぐにゆっくりと自動ブレーキが解除され、クリープ走行を開始する

 

車線逸脱防止機能

自車速が約40 km/h以上のときに車線を逸脱しそうになると注意を促す

車線逸脱警報が作動するとブザー(ピピピッ)が鳴り、マルチインフォメーションディスプレイに割り込み画面を表示する

(一部搭載していない車種あり)

 

リアビークルモニタリングシステム

なし

 

自動切り替え型前照灯

ライティング スイッチをAUTOの位置にすると、周囲の明るさに応じて各ランプが点灯または消灯する

車外が暗くなると、まず車幅灯、尾灯、番号 表示灯が自動的に点灯

さらに暗くなるとヘッドランプが点灯

車外が明るくなると、逆の順に消灯する

 

先行車発進お知らせ機能

先行車に続いて停車(車間距離が約10 m以内、かつ自車がしばらく停車)すると先行車を認識し続け、先行車が発進して約3 m以上進んでも自車が発進しないときに作動

 

標識認識機能

なし

 

●ver3 

 

車間距離機能

0 km/h~120 km/hの範囲で作動

前方約110 m以内の同一車線上の先行車をステレオカメラによって認識

運転者が設定 した車速を上限に、先行車に対して追従走行を行う

 

車線逸脱防止機能

自車速が約40 km/h以上のときに車線を逸脱しそうになると注意を促す

車線逸脱警報が作動するとブザー(ピピピッ)が鳴り、マルチインフォメーションディスプレイに割り込み画面を表示する

 

リアビークルモニタリングシステム

なし

 

自動切り替え型前照灯

ライティング スイッチをAUTOの位置にすると、周囲の明るさに応じて各ランプが点灯または消灯する

車外が暗くなると、まず車幅灯、尾灯、番号 表示灯が自動的に点灯

さらに暗くなるとヘッドランプが点灯

車外が明るくなると、逆の順に消灯する

さらに車速約 30 km/h 以上暗い場所を走行しているとき、前方に車両がいない場合はハイビームが点灯

先行車または対向車がランプを点灯している場合は、その部分を自動的に遮光する。

車速が約15 km/h以下になったとき、または車両前方が明るいときは、ロービームに 切り替え

高速走行時(約 100 km/h 以上のとき)は自動的に光軸を上向きに調整し、より遠くを照らす

 

先行車発進お知らせ機能

先行車に続いて停車(車間距離が約10 m以内、かつ自車がしばらく停車)すると先行車を認識し続け、先行車が発進して約3 m以上進んでも自車が発進しないときに作動

 

標識認識機能

なし

  

●ver4(新世代)

 

車間距離機能

0 km/h~120 km/hの範囲で作動

前方約130 m以内の同一車線上の先行車をステレオカメラによって認識

運転者が設定した車速を上限に、先行車に対して追従走行を行う

 

車線逸脱防止機能

自車速が約40 km/h以上のときに車線を逸脱しそうになると注意を促す

車線逸脱警報が作動するとブザー(ピピピッ)が鳴り、マルチインフォメーションディスプレイに割り込み画面を表示する

 

リアビークルモニタリングシステム

車速約60 km/h以上で走行時、隣接車線の後方車両が接近しているにもかかわらず車両が車線を逸 脱しそうになるとシステムが車線逸脱回避方向にハンドル操作をアシストし、車線からの逸脱を抑制

 

自動切り替え型前照灯

ライティング スイッチをAUTOの位置にすると、周囲の明るさに応じて各ランプが点灯または消灯する

車外が暗くなると、まず車幅灯、尾灯、番号 表示灯が自動的に点灯

さらに暗くなるとヘッドランプが点灯

車外が明るくなると、逆の順に消灯する

さらに車速約 30 km/h 以上暗い場所を走行しているとき、前方に車両がいない場合はハイビームが点灯

先行車または対向車がランプを点灯している場合は、その部分を自動的に遮光する。

車速が約15 km/h以下になったとき、または車両前方が明るいときは、ロービームに 切り替え

高速走行時(約 100 km/h 以上のとき)は自動的に光軸を上向きに調整し、より遠くを照らす

 

先行車発進お知らせ機能

先行車に続いて停車(車間距離が約12 m以内、かつ自車がしばらく停車)すると先行車を認識し続け、先行車が発進して約4m以上進んでも自車が発進しないときに作動

 

標識認識機能

信号を認識し、割り込み画面を表示するとともに加速を緩やかにする

 

NISSAN → 360°セーフティアシスト

 

●NISSAN プロパイロット

 

車間距離機能

先行車を検出しているときは、運転者がセットした車速(約30km/h以上)を上限 に、車速に応じた車間距離を保つように車間制御を行う

 

車線逸脱防止機能

車速約60km/h以上で作動

運転者が意図せず走行車線から逸脱しそうなとき、警報によって注意を促すとともに

車線内に戻す操作を支援する

 

リアビークルモニタリングシステム

時速30㎞/h以上で作動

自車両のドアミラーから後方に約6m、車両の側面から横方向に約3mにいる車両をセンサーで検知し、

隣車線の車両を検知しているときに、検知している側に方向指示器を作動させると、警報音(ブザー)とともにアドバンスドドライブアシストディスプレイのBSW(後側方車両検知警報)表示と、ドアミラー鏡面にある表示灯が点滅する

 

自動切り替え型前照灯

ライトスイッチをAUTOの位置にすると、周囲の明るさに応じて各ランプが点灯または消灯する

周囲が明るいとき停車中、走行中ともにアクセントランプが点灯

周囲が暗いとき停車中、走行中ともにヘッドランプ、車幅灯、尾灯、番号灯が自動点灯

約25km/h以上で走行中、ヘッドランプが点灯しているときにハイビーム切り替えを行い、
約15km/h以下になるとロービーム(下向き)に切り替わります。

  

先行車発進お知らせ機能

自車と先行車が停止したあと、先行車が発進しても自車が停止し続けた場合に、
ブザー音とアドバンスドドライブアシストディスプレイの表示でお知らせする

 

標識認識機能

最高速度一時停止車両進入禁止の道路標識を認識し、メーターに表示

 

SUZUKI → Safety Support

 

●SUZUKI Safety Support

車間距離機能

前方約100 m以内の同一車線上の先行車をステレオカメラによって認識

設定した車間距離を保ちながら自動的に加速・減速、[全車速追従機能付]の場合は停止まで追従

また、先行車がいない場合は、設定した速度(40km/h~)をキープ

 

車線逸脱防止機能

約60km/h以上で走行中、前方の車線を認識

車線逸脱の可能性が高いとシステムが判断したら、ブザー音とメーター内の表示で警報

(ほとんどの車両に搭載)

さらに、車線内側方向へ車両を戻す力をステアリングに与えて、車両を車線の内側に戻すよう支援 

(搭載車量が少ない)

 

リアビークルモニタリングシステム

約15km/h以上で走行中、隣接車線の後方から接近する車両を検知すると、ドアミラーのインジケーターが点灯

点灯した側にウインカーを操作すると、インジケーターの点滅とブザー音で注意を促す

(搭載車量がかなり少ない)

 

自動切り替え型前照灯

エンジンスイッチがONのときに使用でき、車外の明るさに応じてヘッドライトや車幅灯が自動的に点灯・消灯する

 

先行車発進お知らせ機能

停車中、先行車が発進して約4m以上離れた場合作動

 

標識認識機能

なし

 

DAIHATSU → Smart Assist

 

●スマートアシストⅠ

 

車間距離機能

自車速度約30km/h以上で作動

 

車線逸脱防止機能

約60km/h以上で走行中にステレオカメラが車線を検知している場合、道路上の車線から逸脱しそうになると、ドライバーへブザー音とメーター内表示でお知らせするとともに、車線内に戻すようハンドル操作をアシスト

 

リアビークルモニタリングシステム

なし

 

自動切り替え型前照灯

自車速度約30km/h以上で作動

対向車のヘッドランプなど前方の明るさを検知し、ハイビームとロービームを自動で切り替え

 

先行車発進お知らせ機能

前方約10m以内の先行車が約3m以上進んでも自車が止まったままだとシステムが判断した場合に作動

 

標識認識機能

進入禁止、最高速度、一時停止の標識を認識

●スマートアシストⅢ

 

車間距離機能

なし

 

車線逸脱防止機能

約60km/h以上で走行中にステレオカメラが車線を検知している場合、道路上の車線から逸脱しそうになると、ドライバーへ警報し、逸脱回避操作を促す

 

リアビークルモニタリングシステム

なし

 

自動切り替え型前照灯

自車速度約25km/h以上で作動

対向車のヘッドランプなど前方の明るさを検知し、ハイビームとロービームを自動で切り替え

 

先行車発進お知らせ機能

前方約10m以内の先行車が約3m以上進んでも自車が止まったままだとシステムが判断した場合に作動

 

標識認識機能

なし

 

一斉比較

 

Toyota safety sense CToyota safety sense PToyota safety sense2.0
車間距離機能なし100m以内の先行車を視認100m以内の先行車を視認
車線逸脱防止機能50km/h以上で作動50km/h以上で作動速度に関係なく車線を
逸脱すると作動
リアビークル
モニタリング
システム
なし16㎞/h以上で作動 
前方約1m後方約60m
にいる車両を検知
16㎞/h以上で作動 
前方約1m後方約60m
にいる車両を検知
自動切り替え型
前照灯
30km/h以上で作動30km/h以上で作動ハイビームは30km/h以上
ロービームは25km/h以下
で作動
周囲の明るさによっても切り替わる
先行車発進
お知らせ機能
先行車との車間が
4m以上で作動
なし作動距離は設定可能
標識認識機能なしなしあり
HONDA SENSINGSUBARU Eyesight ver2SUBARU Eyesight ver3
車間距離機能120m以内の先行車を視認90m以内の先行車を視認110m以内の先行車を視認
車線逸脱防止機能約60 km/h~120 km/hの範囲で作動約40 km/h以上で作動約40 km/h以上で作動
リアビークル
モニタリング
システム
なしなしなし
自動切り替え型前照灯ハイビームは30km/h以上
ロービームは24km/h以下
かつ周囲の状況によって作動
周囲の明るさによって作動ハイビームは30km/h以上
ロービームは15km/h以下
かつ周囲の状況によって作動
先行車発進お知らせ機能先行車との車間が
3m以上で作動
先行車との車間が
3m以上で作動
先行車との車間が
3m以上で作動
標識認識機能ありなしなし
SUBARU Eyesight ver4(新世代)NISSAN プロパイロット
車間距離機能130 m以内の先行車を視認あり
車線逸脱防止機能約40 km/h以上で作動約60 km/h以上で作動
リアビークル
モニタリング
システム
約60 km/h以上で作動時速30㎞/h以上で作動
後方に約6m、車両の側面から
横方向に約3mにいる車両を検知
自動切り替え型前照灯ハイビームは30km/h以上
ロービームは15km/h以下
かつ周囲の状況によって作動
ハイビームは25km/h以上
ロービームは15km/h以下
かつ周囲の状況によって作動
先行車発進お知らせ機能先行車との車間が
4m以上で作動
あり
標識認識機能あり(信号認識)あり
SUZUKI Safety SupportスマートアシストⅠスマートアシストⅢ
車間距離機能100m以内の先行車を視認約30km/h以上で作動なし
車線逸脱防止機能約60km/h以上(高速道路走行時)に作動約60km/h以上(高速道路走行時)に作動約60km/h以上(高速道路走行時)に作動
リアビークル
モニタリング
システム
約15km/h以上で作動なしなし
自動切り替え型前照灯周囲の明るさによって作動約30km/h以上かつ周囲の明るさによって作動約25km/h以上かつ周囲の明るさによって作動
先行車発進お知らせ機能先行車との車間が
4m以上で作動
先行車との車間が
3m以上で作動
先行車との車間が
3m以上で作動
標識認識機能なしありなし

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

これらの機能は事故原因であるわき見運転漫然運転などを防止するのにかなり役立ちます。

しかし、衝突軽減ブレーキと同じように完全に事故を防いでくれるわけではありませんので注意が必要です。

 

購入したい車がどの安全機能を装備しているのか、取扱方法なども

フォーラムムラタでご説明、ご相談承っております。いつでもご相談ください!お待ちしております。

 

 

届出済未使用車、中古車を総在庫100台

掲載しきれていないお車もございます。お得な特別パックもございますので、まずはお問い合わせください。

新車・未使用車・中古車販売、車検、整備、鈑金、保険、レッカーも全てお任せください。

株式会社フォーラムムラタ

〒945-0811 新潟県柏崎市岩上23-12

TEL  0257-24-3283

E-mail  sf-murata@sf-murata.com