新車・中古車・車検・点検・修理・板金・塗装、車のことなら何でもご相談ください。

ホーム > 福祉車両のご案内

福祉車両のご案内

私たちの願い

『福祉車両をつうじて福祉事業の創造と社会貢献』

 近年、障がい者の社会進出が目ざましく進んできました。また、少子高齢化の社会現象も年々進んでいます。そこで、「福祉車両」が脚光を浴び、福祉車両に対するニーズが年々増してきました。しかしながら、その一方で、福祉車両の認知度は、まだまだ低く『福祉車両って何・・?』という声を聞くことも多く、こうしたタイプの車が存在することすら知らない人がみえる事も事実です。
 自動車整備事業者全体においても福祉車両は避けて通る事のできない急務な事項です。
 日本福祉車両未来研究会では、お年寄りやお身体に障がいを持つ皆様だけではなく、施設・家庭の現場で介護・介助をされている、お一人、お一人に対しても安全で快適な福祉車両をご利用頂きたい。「もっと自由に移動したい」そんな願いを叶えるための「福祉車両」を皆様とともに道を切り開いていきたい。それが、当社が加盟する「社団法人日本福祉車両未来研究会」会員の願いです。

社団法人 日本福祉車両未来研究会のホームページリンク

福祉車両のご案内

 近年、社会は成熟してきた環境にあると言われております。「モノの豊かさ」から「心の豊かさ」へと時代は変化してきております。その中で、お客様の視点にたって、お客様とともに「創造」して、お客様から「信頼」をいただく。お客様のご要望に合わせた提案をしていく、それが、株式会社フォーラムムラタです。
 当社は、柏崎地域で本格的に福祉車両、取り扱い店として、豊かな知識と高度な技術力で、お客様からの多様化する福祉車両のご要望にお応えしていきます。お客様へ福祉車両で「安全」で「快適」なカーラーフをサポートしてまいります。

福祉車両業務内容

福祉車両の整備・修理

福祉車両の整備、一般車両整備、及び、車いす昇降用リフト、固定装置などの特殊装置のメンテナンスをおこないます。

福祉車両の車検・点検

福祉車両の鈑金

福祉車両の代車の準備

ご利用頂いている福祉車両の「車検」「鈑金」「修理」等でお預りする際の代車を準備しています。

福祉車両への特殊改造

お客様のご要望に合わせた一般車両への運転補助装置の取り付け、及び、改造。

各種保険の取り扱い

当社、保険有資格者よりお客様のご要望に合わせた施設の福祉車両、及び、一般車両の自動車保険をご提案させて頂きます。

福祉車両のレンタカー

福祉車両のレンタカー事業

福祉車両のカーリース

福祉車両、及び、一般車両のカーリース事業

福祉車両 『 Q、&、A 』

Q、株式会社フォーラムムラタってどんな会社ですか…?
A;株式会社フォーラムムラタは昭和54年に設立。
今回、(社)日本福祉車両未来研究会に加盟し、福祉車両の総合メンテナンスに取り組み、皆様のお役に立ちたいと考えております。

Q、福祉車両に取り組むそうですが…?
A;病院・福祉施設・個人の福祉車両ご利用のお客様から「福祉車両を車検・修理に出すときに代車に困る」との声を伺い、以前より福祉に何らかの形でお役に立てればと考えていました。

Q、代車は何人乗りですか…?車いすは何台積めますか…?
A;車種はトヨタのレジアスエース、電動昇降用リフト付き、10人乗り・車いす2台積み。車イス1台積、ワゴンR2台。合計3台。

Q、どのような時でも代車は貸してもらえますか…?
A;どのような時でも無料とはいきません。お客様から「車検・鈑金・整備・点検・リフト修理」など福祉車両の整備・修理全般をうけ賜った時に代車を無料でお貸しします。(レンタカーとしてお出しも、できます。)

Q、代車が無料のため他社より料金が高いのでは…?
A;当社としてお客様に喜んでいただけるよう料金については努力いたします。車検・修理・鈑金・点検など、是非、何なりとご用命ください。

Q、福祉車両に補助装置取付、改造したいのですが?
A;車両のメーカー、タイプによって一概に何とも言えませんが、当社では福祉車両大手改装業者の指導のもと技術研修を受講して技術の向上に努めております。運転補助装置取り付けもお客様と打ち合わせを重ねてお身体に合った運転補助装置をご案内させて頂いております。

まかせて安心 5つの安心

1.福祉車両の代車を無料でお貸しします。(車検や修理のときも代車で稼働できます)
2,お得な料金体系
3,福祉車両のリフト、ステップ、などの特殊装置も大丈夫
4,最新鋭の整備機器導入でお客様に満足頂きます
5,トップクラスの整備士による車検・整備・点検・鈑金

こんな症状が出たらお電話を

◆ 車いす固定装置がロックしない
◆ リフトが時々止まる
◆ リフト昇降作動中に異音がする
◆ 車いす利用者のシートベルトの調整ができない
◆ サイドステップが時々出ない、収納しない など

定期点検は重要です

福祉車両の昇降用リフト・サイドステップ・車いす固定装置などの特殊装置の点検整備は大変重要です。“ハット!”したり“ヒヤット!”としたことはありませんか?『多少異常を感じたけど、このくらい大丈夫』ではすみません。そのまま、放置して使い続けると症状が悪化して高額な修理になったり、最悪のケースは利用者様の事故にもつながりかねません。また、車検の際には特殊装置の点検整備は現状義務付けられておりません。
私たちは事前に「事故や故障」を未然に防ぐためにも“毎年1年に最低1回の定期点検”をお勧めします。

点検項目「内容事例」
※ 油圧装置関係の点検(作動油の量、汚れ、漏れ など)
※ リフトの点検(昇降動作状況、傾き、異音 など)
※ 車いす固定装置点検(作動状況、破損状態、清掃 など)
※ ステップの点検(取り付け状態、格納作動状態 など)

定期点検でこのような症状を未然に防ぎます

◆ “突然…!”リフトが動かなくなる
◆ リフト昇降作動中“突然…!”リフトが途中で止まる
◆ 車いす固定装置の効きが悪くなる
◆ 回転シートなど収納時に異常が発生したり、異音がする
◆ サイドステップが時々出ない、収納しない など

定期点検を怠ると

【修理事例1】

長期に使用されたトヨタウエルキャブ100系福祉車両ウオームシャフト式リフト搭載車両において、後部バンパーを取り外すと下記写真のとおりボディ側に欠損が発生している車両があります。放置しておくとリフト作動中、脱落事故に繋がる可能性があります。

修理事例1

ボディー側欠損を発見した場合、補強して溶接修理の対応をいたします。

【修理事例2】

長期間に使用されたトヨタウエルキャブ100系福祉車両。ウォームシャフト式&スイングアーム式リフト搭載車両に関係なく雨漏りによるリフトのコネクター水没による漏電等によってリフトが作動途中に停止してしまう現象が起きます。
雨漏り原因として、車両制作時ハイルーフの屋根を取り付け時の錆発生により、微量の雨水が浸透してきたと考えられます。

修理事例2-1

微量の雨水が屋根を伝って浸透してきていると思われる錆の発生跡です。
雨漏り原因として、車両制作時ハイルーフの屋根を取り付け時の錆発生により、微量の雨水が浸透してきたと考えられます。

修理事例2-2

このコネクターが床に溜まった雨水に水没(触れる)してリフト作動中に動作に影響が出ます
コネクターは固定されておらず、ただ単に、ぶら下がっているだけです。
床に雨水が溜まった後や、コネクターに錆を発見した場合は『要注意・・!』至急、コネクター交換とコネクターを水没しないように床より上方に固定設置をお勧めします。

お問い合わせ先はこちら

電話番号:(0257)24-3283※ホームページを見たとお伝えいただくとスムーズです。
FAX:(0257)24-8559
メール:

ページの先頭に戻る
Copyright © FORUM MURATA Corporation. All Rights Reserved.