新車・中古車・車検・点検・修理・板金・塗装、車のことなら何でもご相談ください。

ホーム > 自動車保険の基礎知識

自動車保険の基礎知識

自動車保険には、加入が義務付けられている「自賠責保険」と任意で加入する「任意保険」があります。自賠責保険によって、被害者の治療費や死亡した場合の賠償金が補償されます。しかし、自賠責保険だけでは費用を補償できないことも多く、足りない部分を任意保険でカバーします。こちらでは、自動車保険の基礎知識を紹介いたします。

自賠責保険とは?

自賠責保険は強制保険とも呼ばれている自動車保険で、被害者の救済を目的としています。自動車やバイクを運転する際に必ず加入する必要があり、法律によって加入が義務付けられています。

自らの運転によって他人をケガさせたり、死亡させたりした場合、治療代や賠償金などを支払う必要がありますが、その費用は多額です。そこで、被害者が最低限度の補償を受けることができるように、国によって決められたものが自賠責保険です。被害者は加害者が加入している損害保険会社に保険金を請求できます。

自賠責保険の補償範囲

自賠責保険の対象となるのは「他人」です。
他人というのは、運転者とその車の所有者以外のことをいいます。

例えば、母親の所有する車に母親、妹、弟を乗せ、姉の運転で人身事故を起こした場合、補償されるのは妹、弟、相手被害者です。運転者である姉と車の所有者である母親は対象外となり、姉、母親のケガ、車の修理代などは補償されません。また、ガードレールやブロック塀などが破損しても、その修理費は支払われません。

任意保険

任意保険は、自賠責保険では補償しきれない金額を補うことができます。自賠責保険では3,000万円まで補償されますが、万が一相手を死亡させてしまったり後遺症が出た場合、損害賠償額は億単位になることもあります。賠償金を払えないと、自分だけでなく家族や被害者の人生にも大きな影響を与えます。任意保険への加入は任意ですが、自動車を運転する上で任意保険の加入は最低限のルールといえます。

任意保険の補償範囲

任意保険にはいくつか種類があり、中でも対人賠償保険、対物賠償保険、搭乗者傷害保険は基本的に加入しておくべき保険とされています。対人は他人を死傷させた場合に備えるもので、対物は他人の車やガードレールなどへの損害に備えた保険となっています。搭乗者障害は、運転手本人を含む同乗者全ての死傷に備える保険です。任意保険に加入することで賠償の幅を広げることができます。

柏崎市で損害保険代理店をお探しでしたら、当社にお任せください。新潟県柏崎市にある当社では、損保ジャパン日本興亜、東京海上日動火災保険、JA共済、あいおいニッセイ同和損保の代理店となっております。

当社では、お客様のカーライフをトータルでサポートいたします。点検・修理、新車・中古車購入、車検など、お車のことは指定工場の当社にご相談ください。輸入車・貨物車の購入については、別途お見積もりいたします。

ページの先頭に戻る
Copyright © FORUM MURATA Corporation. All Rights Reserved.