新車・中古車・車検・点検・修理・板金・塗装、車のことなら何でもご相談ください。

ホーム > 自分で行う日常点検の方法

自分で行う日常点検の方法

自動車には故障やトラブルを未然に防ぎ、安全に運転するための12か月点検、24か月点検などの定期点検が義務付けられています。車の様子が変だなと感じたら、自動車整備工場で見てもらいましょう。また、ご自身で日常的に点検することで安全性を確認できます。こちらでは、ご自分で行う場合の点検方法をご紹介してきます。

エンジンルームの点検

エンジンルームは、ウインドウォッシャー液、ブレーキ液、バッテリー液、冷却水、エンジンオイルの量をそれぞれ点検します。ウインドウォッシャー液を補充する際は専用液を使い、ブレーキ液はMAXとMIXの間にあるかをチェックします。

ブレーキ液の減りが早い場合、液漏れも考えられます。バッテリー液の量は揺らしながらチェックしますが、バッテリー液は腐食性が強いので衣服や車につかないように注意が必要です。冷却水は規定の範囲にあるかをチェックし、エンジンオイルはMAXレベルの位置までオイルが付着していれば問題ありません。

車周辺の点検

車のトラブルで多いのがタイヤです。タイヤの空気圧の不足や亀裂、石などの異物が刺さっていないかチェックします。タイヤの溝は、スリップサイン(溝が1.6mm以下になると表れるサイン)や、溝の深さを確認できるデプスゲージを使用して点検します。他にもランプやウインカーが正しく点灯するか、レンズの汚れ・損傷などもチェックします。

運転席に座っての点検

運転席では、ブレーキペダルの踏みしろや効き具合、サイドブレーキの引きしろの点検を行います。ペダルを踏んだ感覚が柔らかい場合、液漏れや空気が混ざっている可能性があるため、自動車整備工場までご相談ください。ウインドウォッシャーの噴射状態、ワイパーの拭き取り状態、エンジンはかかり具合やかけた際に異音が出ていないかをチェックし、走行させて低速・加速の状態を見ます。

当社は新潟柏崎市にある自動車整備工場です。当社では、12か月点検と同時に日常点検も実施しております。初めて点検をご利用される方には特典をご用意しております。柏崎市や柏崎市周辺の地域にお住まいの方もお気軽にご利用ください。点検以外でも、撥水や防錆磨きなどのボディーコートメンテナンスもお任せください。

ページの先頭に戻る
Copyright © FORUM MURATA Corporation. All Rights Reserved.